ゴルフ会員権の売買・相場・情報|TKゴルフサービス > ブログ > 現在のゴルフ会員権の現状とは?最近のゴルフ会員権募集の状況について

現在のゴルフ会員権の現状とは?最近のゴルフ会員権募集の状況について


ゴルフ会員権の募集状況は、時代と共に大きく変化をしてきています。従来のゴルフ会員権の在り方とは異なるスタイルが広がりつつあるゴルフ業界では、新たな取り組みがなされる所が増えています。ここでは、最近のゴルフ会員権募集の状況についてお伝えします。

 

ゴルフ会員権の相場・変動について

 

ゴルフ会員権の相場変動

 

ゴルフ会員権の相場変動ですが、それは経済状態の先行き予想で、ファンダメンタルズ分析と言う相場分析方法があり、経済活動の状況を示す基礎的な要因をファンダメンタルズと言い、経済の基礎的条件と言う意味合いがあります。しかし、昨今のゴルフ会員権相場では、ゴルフ会員権の会員年齢が高齢化していることもあり、また、ゴルフクラブ自体の問題もあり、それらを踏まえた上での分析が必要になっています。ゴルフクラブの中でも、活性化を図って経営努力している所は、ゴルフクラブとしてプラス評価されています。

 

各シーズンによるゴルフ会員権の変動

 

ゴルフクラブでは、所有会員権の見直しや、春先のゴルフシーズンに到来からプレーを楽しみたい方が増え、このシーズンはゴルフ会員権の購入希望者の需要が増えていきます。また、人事異動や決算対策により、季節によってゴルフ会員権の相場が変動することもあります。

地域によるゴルフ会員権の格差や変動。

 

例えば、首都圏で立地の良い場所にあるゴルフクラブは、安定した相場を維持しています。一方、地方のゴルフクラブはネット予約可能な所も多く、年々需要が少なくなっています。なので、昨今は需要を増やす努力が必要な時代になってきています。リゾート地にあるゴルフクラブでは、春先のゴルフシーズンの需要が増えていきます。

 

ゴルフ会員権の種別格差

 

女性会員や男性会員など譲渡可能な証券と言うのは、会員権にプレミアムが付いており割高になります。特に、女性メンバー数が少ないゴルフクラブでは、倍以上の料金が付くケースもあります。しかし、女性会員から女性にのみの譲渡しかできない証券は、割安売買されています。また、制限を設けているゴルフクラブもあり、地元会員権にはプレミアムが付いており割高となっています。

ゴルフ会員権の相を評価する要素について

 

評価を決める判断基準

 

昨今、ゴルフ会員権の所有目的と言うのは、実需が主になっています。入会預託金等諸費用・名義書換料・立地条件・経営姿勢・付帯施設など、これらがゴルフ会員権の相場形成の基本要素となっています。このように、最近のゴルフ会員権の評価と言うのは、クラブのサービス充実度、ゴルフクラブ会員になっている方の質、コースのメンテナンス状態など、細かな要素を含め、それらがゴルフ会員権の需給に反映されています。

 

ゴルフ会員権相場の上昇要因

 

経済情勢の回復や好景気と言うのは、ゴルフ会員権にとってもゆとりのある商品として価値が高まり購入を希望する需要が増えます。また、アクセスの改善によってゴルフクラブへのアクセスが便利になると、会員権の相場にもプラス要因となります。さらに、ゴルフコースの改造、クラブハウスを改めて改築したり、会員募集を伴わないシステムにしたり、施設の見直しによってリフレッシュされた場合、ゴルフ会員権の相場にもプラス作用します。こうしたゴルフクラブの知名度アップも、会員権の相場上昇に繋がります。例えば、トーナメントの開催が行われるなどすると、一般的に知名度の高くなり人気が出る為、需要も増えます。

 

ゴルフ会員権で問題となっていること

 

現在のゴルフ会員権の問題点は、買い手が無いゴルフクラブの数が多過ぎることにあります。特に、都心から遠く離れた場所にあるゴルフクラブは、関東近県では約70%の会員権が市場で売買不成立となっています。また、都心から離れた場所にあるゴルフクラブである程、プレーフィを安く設定しているゴルフクラブも所が多く、名変料や年会費をわざわざ払ってそこのゴルフクラブの会員になるメリットが無いことも、現在のゴルフクラブの問題点となっています。

さらに、大手ゴルフクラブであっても、名義書換料より安い募集金額設定を設けている所もあり、ゴルフ会員権の市場で売買が全く出ないことも挙げられます。市場で会員業者を介して購入するより格安で入会することができる為、ゴルフ会員権の資産価値が無いに等しくなってしまっているケースもあります。また、名義書換料より高い金額で募集金額を設定しているゴルフクラブもありますが約10万円程度の差しか無い為、募集金額の方が大きくかかってしまい、ゴルフ会員権の市場価格が低下傾向にあり、業者手数料も減少し、ゴルフ会員権の相場が上昇しない悪循環を招いています。

 

現在のゴルフ会員権の募集状況について

 

ゴルフ会員権には、株式会員権と言う会員権と、預託金会員権と言う会員権、その他にプレー会員権に大きく分類されています。このプレー会員権は、預託金会員権と分類して業界では登録会員権と言われていたものになります。ですが、現在ではこのプレー会員権が増加傾向にあり、少しずつゴルフ会員権の在り方にも変化が見られています。

 

現在のゴルフクラブでは、このプレー会員権がにわかに増え出しており、ゴルフクラブの再生を図ってプレー会員権を取り入れる所が多くなってきています。ひと昔前は、ゴルフ会員権も期日が来れば、自分がゴルフ会員権ゴルフクラブに預けた預託金は戻って来るものでしたが、現在のゴルフクラブの運営も変わってきており、新たなゴルフクラブ経営が浸透してきていると言えます。

 

今後は、益々このプレー会員権のあるゴルフクラブが多くなることが予想されており、ゴルフクラブが行う募集形態と言うのも、額面の無いプレー会員権スタイルに変化しいくと言われています。一世を風靡した預託金制ゴルフ会員権時代から、現代はプレー会員権時代の到来がゴルフ業界で広がりを見せています。

 

 

 

\会員権売買初心者の方へ親切・丁寧にアドバイスいたします/

ゴルフ会員権の売買に関する無料相談はこちら!

☆豊富な取引実績・ゴルフ会員業界トップクラスのスキルを提供☆

TEL 03-3702-5896(年中無休22時まで対応いたします)

 

☆ゴルフ上達格安プログラムのご紹介☆(¥9,800~全額返金制度も!)

\コスパ最高 ¥9,800/

7番アイアン基礎ゴルフ上達術「7番アイアンをダウンブローに打ちゴルフを上達する方法」

 

7日間シングルプログラム

☆全額返金保証あり☆

 

\貴方の自宅がゴルフ場/

室内にいながら臨場感のあるゴルフ体験!

 

 

 

 



コメントをどうぞ

CAPTCHA



Copyright(C) TKゴルフサービス.All Rights Reserved.