ゴルフ会員権の売買・相場・情報|TKゴルフサービス > ブログ

新型コロナウイルス蔓延で営業休止のゴルフ場が急増(どうなるゴルフ会員権市場)

2020年4月27日 月曜日

この度の新型コロナウイルス感染拡大により、多くのゴルフ場が営業一時休業を余儀なくされています。

ゴルフ会員権市場もここに来て売りが増え、買いの件数が激減しています。ゴルフ会員権業者もテレワークしている業者が多くなってきました。対面方式の取引もなりを潜め、郵送による取引が急増しています。弊社はもともと郵送取引を基本としておりますので、通常どおり営業しております。どこの業界も打撃を受けていますが、ゴルフ会員権業者も例外ではありません。2008年のリーマンショックのときもゴルフ会員権相場が下がりましたが、今回はリーマンショック以上の事態になる可能性があります。もっともメジャー大会の全米プロ(8月)、全米プオープン(9月)、マスターズ(11月)と開催予定があり、来年7月には東京五輪(霞ヶ関カンツリー倶楽部)も開催されると思いますので、長い目で見れば会員権は絶好の買場かもしれません。日経平均株価やニューヨークダウンもここに来て持ち直しており、中国では7日連続感染者ゼロになるなど、新型コロナウイルスは永久に続く訳ではありません。また、ゴルフ場はランチを挟まず18ホールスループレーのコースが増えており、今回を機に新たなメンバーライフが創出される可能性があります。


Copyright(C) TKゴルフサービス.All Rights Reserved.