ゴルフ会員権書籍バナー(デザイン)
main_ban-2
2022-07-07145203
スクリーンショット 2023-05-01 15.42.13
スクリーンショット 2022-09-27 21.44.51
previous arrow
next arrow
女子プロゴルファーとラウンド!

サイトマップ

ゴルフ会員権売買仲介と不動産仲介の違いとは?

ゴルフ会員権と言うのは、購入希望者がいなければ売買契約成立はしませんよね。したがいまして、取引数の多い業者を選ぶことで、少しでも多くの買い手に目が付きます。ここでは、ゴルフ会員権売買仲介と不動産売買仲介の違いについてお伝えします。

一般的なゴルフ会員権の売買方法について

1)知人のゴルフ会員権を譲り受ける

知人のゴルフ会員権を譲り受ける場合、譲り受けた時期の価格相場、会員権手続きなど、トラブルが発生するケースも多くあります。特に、ゴルフ会員権に関して初心者の方にとっては、知人から譲り受ける方法はあまりお勧めできません。

2)ゴルフクラブにゴルフ会員権を売買依頼する

基本的にゴルフクラブでは、ゴルフ会員権の売買と言うのは本業ではありません。なので、会員権の売買手続きに関しては時間を要し、価格交渉なども中々自分の思うようにはいかない事があります。そのような事から、ゴルフ会員権の売買に関しては、会員権に関与しない姿勢のゴルフクラブは基本多いと言えます。

専門業者にゴルフ会員権を売買依頼する

専門業者でのゴルフ会員権の売買依頼では、手数料が発生します。ですが、常にゴルフ会員権を売りたいと思っている方、購入を希望している方などにとっては、会員権に関する多くの情報が流通しています。なので、選択肢が広く購入・売却・贈与・相続・譲渡について、細かな手続きをはじめ、保有中のゴルフ会員権の税務など、色々とゴルフ会員権のアドバイスを受けることができます。依頼者もゴルフ会員権の売買取引に関して、安心して行う事ができる良さが挙げられます。現在では、ゴルフ会員権の取引の多くは、約9割以上が業者を介した売買で、業者依頼によるゴルフ会員権の売買が一般的となっています。

紹介者がいるかどうかの確認をしましょう

ゴルフ会員権を取得してゴルフクラブの会員になりたいと言っても、いきなりゴルフクラブの会員になれる訳ではありません。ゴルフ会員権を売りたい人がいて、会員権を購入したい自分がいて、相互の価格合意が得られることで、初めて書類提出、面接、審査に進みます。入会するにあたっては、多くの会員制ゴルフクラブでは紹介者が必要で、ゴルフクラブの現会員の方の署名捺印が必要なケースもあります。ただ、ゴルフクラブの会員の知り合いがいれば良いと言うことでなく、条件が明示されているケースもあります。紹介者がいない場合、業者が手配することで御礼金を支払うことで済む場合もありますが、できるだけ紹介者の居るゴルフ場を選んで、施設の使い方を教えてもらうのがお勧めです。

ゴルフ会員権売買仲介と不動産売買仲介の違いについて

1)ゴルフ会員権売買仲介とは

ゴルフ会員権の仲介業者は、入会条件やゴルフ会員権の購入に関する必要書類や費用を教えてくれます。また、あまり知ることのできないゴルフクラブの情報も聞くことができ、仲介業者に相談すると、ゴルフクラブの候補地が変わる事もあります。

2)不動産売買仲介とは

不動産売買仲介業者は、マンションや土地などの不動産を売りたいと思った時、買ってくれる人を探し際にサポートしてくれます。不動産を購入したい方を自分で探す場合、例えば、広告を出したり、売買契約について勉強したり、とても大変な作業です。その為、不動産売却の際には、業者に不動産を売りたい人と買いたい人の仲立ちをしてもらうこともあります。

同じ仲介会社でも役割が異なる

ゴルフ会員権売買仲介と不動産売買仲介では、購入するものも異なれば、その目的もそれぞれに違います。なので、ゴルフ会員権の売買では、ゴルフ会員権の売買を仲介してくれる業者に依頼する必要があります。また、不動産売買仲介業者は宅建資格が必要ですが、ゴルフ会員権業者は国家資格が必要ないなど、それぞれに持っている専門知識も異なります。ゴルフ会員権を売買する際には、ゴルフ会員権に関して専門的な仲介を行っている業者に依頼するようにしましょう。

また、実際のゴルフ会員権の売買価格に関しても、基本的にゴルフ会員権の業者では、ゴルフ会員権を売り手よりも安く仕入れ、買い手には高く売るのが一般的です。また、通常、不動産業界では自社売買物件に仲介手数料はかかりません。一方、ゴルフ会員権業界では自社売買と手数料が発生します。ゴルフ会員権業者へ依頼する際に、売りか買いかについて聞かれる訳は、それらが理由になっているからなのです。

信頼できるゴルフ会員権売買仲介業者のポイントについて

<関東ゴルフ会員権取引業協同組合員であるか>

関東ゴルフ会員権取引業協同組合員と言うのは、関東経済産業局認可団体です。また、組合の加入に関しては、厳しい審査を経て承認されなければ入会することはできません。会員権の取引の場合には、依頼者へ迷惑をかけないよう、厳格な取引約款があります。このように、正式の組合員かのポイントも、一つのチェック項目になります。

<ゴルフ会員権の返金保証をしているか>

ゴルフ会員権と言うのは、リスキーな商品でもありますよね。万が一、購入したゴルフ会員権に何らかの問題が生じ、名義書換ができない場合などのトラブルが起こった時に、依頼者から預かった売却代金の全額を返金していることも大切なポイントです。

<会員権業者は数える程度しかない為選ぶ時が大事になる>

ゴルフ会員権の売買を依頼する際には、業者選びをするかと思います。その際に、業者選びを間違ってしまうと、中々自分の納得のいく売買とならずに後悔する場合があります。会員権業者と言うのは、不動産仲介業者とは異なり、とても数が少ない業界でもあります。だからこそ、適当に業者を選んでしまわずに、しっかりサービスや業者であるかの確認は行うようにすることは大事なポイントになってきます。

<ゴルフ会員権売買のタイミングについて>

ゴルフ会員権の売買はゴルフ会員権取引業協同組合のコンピュータで管理されていることが多く、複数の買取業者に自分が売買したいゴルフクラブの会員権の買取の話をすると、PCデータに売却数が増えることがありま。この場合、売り手が多く居ることになるので、受給バランスが崩れ取引価格が下がることになります。そのため、ゴルフ会員権を売る場合には、実際に依頼する業者は一つに絞るのがお勧めです。

 

\会員権売買初心者の方へ親切・丁寧にアドバイスいたします/

ゴルフ会員権の売買に関する無料相談はこちら!

☆豊富な取引実績・ゴルフ会員業界トップクラスのスキルを提供☆

 

\各スクールでゴルフ力診断/

RIZAP GOLFの体験取材はこちら!

-サイトマップ

© 2024 TKゴルフサービス