ゴルフ会員権の売却・購入・売買・相場・情報|TKゴルフサービス > Q&A

Q&A

Q. どこの会員権業者へ依頼したら良いのか迷っています。

A.

現在ネットでビジネス展開しているところは厳しい競争を生き抜いてきた業者ばかりですので、基本どこへ依頼しても価格やサービスに大差はありませんが、信頼できるところへ依頼することをお勧めします。TKゴルフサービスでは大手ゴルフ会員権業者での経験を踏まえて、最高の顧客満足をご提供いたします。また、ゴルフ会員権に留まらず、女子プロゴルファーとのラウンドなども企画し、一般ゴルファーの皆さまに社会貢献しております。 

 

 

Q. 会員権を購入するのは初めてなのですが、どういった点に注意するべきでしょうか?

A.

経営母体、スタートの取り易さ、メンバータイムの有無、競技が充実しているか等のソフト面、およびコースレイアウト、コンディション(メンテナンス)、クラブハウス、レストランの食事、ご自宅からのアクセスなどのハードの両面を考慮する事が重用です。

弊社ではお客様のお名前を伏せて、ゴルフ場に対して調査を実施します。コースの支配人、会員課等に対して徹底したヒアリングをおこない、ご希望のお客様には無料で情報提供させていただいております。

 

 

Q. 親から相続した会員権を手放したいのですが、どうすればよろしいでしょうか? 

A.

必要書類としては、一般的には除籍謄本、法定相続人全員が記載された戸籍謄本(改正原戸籍謄本)、相続人全員の同意書(又は遺産分割協議書コピー)、印鑑証明書等が必要になります。

コースによって若干必要書類が異なりますので、詳細はお問い合わせください。

 

 

Q. TKゴルフサービスの特徴を教えてください。

A.

スタッフの身元を明かしている点が他の会員権業者との大きな違いです。

個人情報をほぼ全面公開しており、オフィスも先祖代々住んでいる世田谷区深沢の一戸建てです。無駄な経費や通勤時間を削減し、その分サービスの質を高めたいと考えております。また、押し売りや強引なセールスをしない事をポリシーに掲げています。なお、ご購入で郵送取引をご希望のお客様には会員権を先にお送りし、到着後にご入金いただく「相互信頼方式」を採用しています。

 

 

Q. 仲介手数料を教えてください

A.

250万円以上の会員権につきましては2%(+税)、250万円未満の会員権につきましては一律5万円(+税)を申し受けております。仲介手数料には、調査費、相対交渉費、書類取り寄せ費、通信費、お取引に際しての交通費 等が含まれています。

(※現在、オープン記念特別キャンペーン中につき、一律3万円(+税)〖10万円未満の会員権の場合には2万円(+税)〗で承っております)

 

Q. 相談した結果、最終的に取引に至らなかった場合、費用はどうなりますでしょうか?

A.

取引に至らなかった場合には、一切費用はかかりません。完全無料相談をご提供させていただいております。但し、お取引成立後(契約後)にキャンセルされる場合には違約金がかかる場合もございます。

 

 

Q. 御社以外に同時依頼(発注)しても構いませんでしょうか?

A.

現在の会員権マーケットは以前に比べてかなり狭くなっていますので、複数の業者に同時に依頼(発注)した場合、それにより相場が上下するリスクがあります。従いまして、出来れば1~2社に絞られたほうが賢明です。弊社ではお客様に成り代わって、他業者へも売買の打診や交渉をする事により、ワンストップサービスをご提供いたしております。

 

 

Q. ゴルフ会員権を保有する事のメリット、デメリットを教えてください。 

A.

昨今ではネットの普及等によりビジターでもプレーが楽しめるようになりましたが、メンバーになると以下のようなメリットを享受できます。

 

<メリット>

①急に行きたくなった場合、一人でもプレーに行ける
(メンバータイムのあるコースは予約も不要)

②年代や社会的地位を超えた共通の仲間(メンバー)が出来る
(これはお金に代えがたいものがあります)

③メンバーフィーとビジターフィーの差が浮く
(メンバープレーフィー6500~9000円前後に対して、ビジタープレーの場合、土日祝日は16000円~35000円以上)

④競技(月例、平日杯、クラブ選手権、その他)に参加できる
(ゴルフは他人とスコアを競うスポーツ)

⑤研修会に参加できる
(ローハンデの方は更にゴルフの腕前が上がる)

⑥会報が届く
(年に2~4回の会報によりコースや他の会員とのコミュニケーションが生まれ、また月例で優勝すると顔写真も公開され自尊心が高められます)

⑦ゴルフ場のスタッフ(支配人、フロント、キャディ、キャディマスター等)と親しくなれる。
(ビジターとでは当然対応も変わってきますし、何かと融通が利くようになります)

⑧同じコースを色々な戦略・戦術で攻める事を繰り返すことで、ベストスコアが期待出来る。
(コース攻略のためのルートやグリーンの速さ、芝目等が分ってくるため)

以上のように金銭面以外のメリットが多数あります。

 

<デメリット>

デメリットは年会費(ランニングコスト)の負担です。中には無料のコースもありますが、通常は2万円~10万円の年会費(維持費)が派生します。しかし、昨今では総額100万円~200万円でバブル期に3000万円以上していたゴルフ場のメンバーになることが可能となっています。株価も堅調に推移し景気回復の兆しも見えますし、頭金不要のオールローンもありますので、自他ともにゴルフ好きを認める方で、現在フリーのゴルファーの方はゴルフ会員権の保有を検討されてもバチは当たらないと思います。

 

 



Copyright(C) TKゴルフサービス.All Rights Reserved.