ゴルフ会員権の売買・購入・売却|TKゴルフサービス > ブログ > 新型コロナ禍で注目を集めるリゾートコース

新型コロナ禍で注目を集めるリゾートコース


〇ワ―ケーションの浸透でリゾートコースに脚光

〇リゾートコースの多くは総額200万円で購入可能

 

昨年来、新型コロナ禍での働き方の変化がリゾートコースの会員権購入を促していることが伺えます。

 

別荘、或いは比較的利便性の高い地方都市に転居してリモートワークをする傍ら、休日はリゾートコースをホームコースにしてプレーを楽しむというワ―ケーションが潮流のひとつになっているためです。またwithコロナ時代の余暇の楽しみ方を倍加させる目的での購入も増えています。現在は箱根、大浅間、河口湖などの会員権相場が先行して上昇していますが、今後、夏季を迎えるにつれて値上がりするコースが増える可能性があります。

 

関東圏では日光・那須、軽井沢・蓼科、富士・箱根・伊豆をはじめとするリゾート地に多くのゴルフ場が点在しています。人気が高いのは軽井沢をはじめとする交通・生活至便エリアのゴルフ場ですが、最近では熱海からアクセスが良いコースの会員権購入相談が増えています。

熱海から近い富士・箱根・伊豆エリアには名門コースのほか手頃な予算で求められるリゾートコースが多く、選択肢が多彩です。

 

リゾートコースは名門からお手頃コースまで会員権は多岐にわたり、購入予算やエリアに応じた選択が可能で一部、高額なコース(会員権)もありますが、大半が名義書換料を含めて200万円以下で購入できるのが大きな魅力となっています。

 

 

 



コメントをどうぞ

CAPTCHA



Copyright(C) TKゴルフサービス.All Rights Reserved.