ゴルフ会員権の売買・購入・売却|TKゴルフサービス > ブログ

買い物件(探しています)

2021年6月17日 木曜日

至急買いたし(弊社が探しています)

・千葉カントリークラブ(正会員)

・鳩山カントリークラブ(正会員のプレー券)

・セゴビアゴルフクラブ(正会員)

・美浦ゴルフ倶楽部(正会員)

・霞ヶ浦カントリー倶楽部(正会員)

・PGM富岡ゴルフ倶楽部(ザ・ノース)(正会員)

・PGM総成ゴルフクラブ(正会員)

売委託物件(お譲りします)

2021年6月17日 木曜日

特選売り物件(弊社がお譲りします)

1)湘南シーサイドカントリー倶楽部(神奈川県) 東名高速・厚木ICから12キロ(城南エリアからは第三京浜利用でもOK)

会員権価格90万円、名義書換料77万円、入会預託金100万円(退会時返還)、年会費44,000円、仲介手数料55,000円(税込)

※都心からのアクセスが抜群(世田谷から下道(第三京浜利用)で約1時間でティーアップ可能。

※城南エリアおよび神奈川県在住のゴルファーに圧倒的人気を誇るフラットなシーサイドコース。

☆公式HP

 

2)都ゴルフ倶楽部 中央自動車道・都留ICから5キロ

会員権相場7万円、名義書換料38.5万円、年会費3万9,600円、仲介手数料5万5,000円(いずれも税込)

※1993年開場の比較的新しいゴルフ場。太陽緑化グループの13番目のコースとしてオープンした。

※現在の経営会社は東京建物。各ホールはフラットだがフェアウエイの狭いホールもあり戦略的な造り。

公式HP

 

3)おおみらさきゴルフ倶楽部  関越自動車道・東松山ICから9キロ

会員権相場65万円、名義書換料110万円、年会費44,000円、仲介手数料55,000円(いずれも税込)

※1995年に開場した比較的新しいゴルフ場(アコーディア系列)。

※フラットながら戦略性の高い27ホールズは来場者を飽きさせない。

 

 

4)富士カントリークラブ(静岡県) 東名高速・御殿場ICから約2キロ(3分)

 

※名匠赤星四郎設計、年間100回のクラブ競技会、アットホームな雰囲気。

※アップダウンの少ない飽きの来ない戦略的なコースレイアウト。名匠レイモンド設計のシックで豪華なクラブハウス。

会員権価格2万円(相談可能)、名義書換料77万円、年会費8.8万円、仲介手数料5万5,000円(いずれも税込)

※現在、入会預託金ゼロ円、名義書換料減額キャンペーン実施中! 

☆富士カントリークラブの紹介動画はこちら

公式HP 

 

5)富士エースゴルフ倶楽部(静岡県) 東名高速・沼津ICから約20分

【総額305,800円(税込)にて募集中、複数名同時入会の場合には1名あたり264,000円(税込)と格安】

※冬暖かく、夏涼しい。駿河湾の望み、愛鷹山に抱かれた18ホールズ

※高齢ゴルファーや女性にも人気。会員数は988名と適正で、メンバーになるとツーサム割増なし。

☆公式HP

 

6)清川カントークラブ(神奈川県)(東名高速・厚木IICより約8キロ)

会員権価格170万円、名義書換料132万円、年会費5万5,000円、仲介手数料5万5,000円(いすれも税込)

※帝王ジャック・ニクラウス設計のアメリカンスタイルの18ホールズ(OUT INで趣が若干異なる)

※神奈川県で最後に造られたゴルフ場。コースは風光明媚で会員主体の運営(中間間接法人)がなされている。

☆公式HP

 

7)宍戸ヒルズカントリークラブ(茨城県) 常磐自動車道・岩間ICから9キロ(約10分)

会員権価格35万円、名義書換料55万円、年会費71,500円、仲介手数料55,000円(いずれも税込)

※メジャートーナメント(日本ゴルフ選手権森ビルカップ)開催コース

※経営母体は森ビル。アメリカンスタイルに西コースとオーソドックスな東コース。プレースタイルはオールキャディ付常用カート。

※メンバーフリータイム(予約なしでプレー可能)あり

☆公式HP

 

ゴルフ会員権銘柄相談

2021年6月17日 木曜日

ゴルフ会員権、銘柄コンサルティング(無料)のご案内

ゴルフ会員権を買いたい方必見!

弊社では、お客様のご利用目的に応じた最適なコースのゴルフ会員権を、取引経験豊富なコンサルタントが無料にてご提案させて頂いており、検索ロボットでは決して得ることの出来ない生の情報(長所・短所)も併せてお知らせします。なお、コース選定にあたり、ご自宅からのアクセスも重要な要素のため、銘柄相談をご希望の方は、お住まい(概ねでも構いません)を無料相談フォーマットへご記入ください。お客様のご予算を第一に考え、ご自宅からのアクセスを考慮し、ベストなゴルフ会員権をご提案申し上げます。ゴルフ会員権のご購入に際する考え方は、以下のファクターを重視することが非常に重要であると弊社では考えています。

 

1)お客様のご予算

2)ご自宅からゴルフ場迄のアクセス(距離と時間)

3)会員権購入の目的

4)メンバーライフの充実度(スタートの取り易さ等)

5)コースが飽きが来ないレイアウトかどうか

6)クラブハウス等の施設の機能性や美観

7)ゴルフ場従業員のホスピタリティ

8)メンバーの質(年齢層や雰囲気)

 

ゴルフ会員権は一生に一度の高い買い物

ゴルフ会員権は今や一般ゴルファーにとって一生に一度の高い買といっても過言ではありません。会員権を購入してメンバーになった後に『こんなはずじゃなかった!』と後悔しないためにも、ハードとソフトの両面を十分に考慮して、ゴルフ会員権を選定することが重要です。弊社では単にゴルフ会員権の売買(売った!買った!)をビジネスにしておらず、あくまでもお客様の立場に立ち、ゴルフ会員権コンサルタントという責任のある第三者という認識を強く持ち、あくまでも客観的にゴルフ会員権の特徴(長所・短所)を分析します。従いまして、時にはお客様がご購入をご検討されているゴルフ会員権に対して苦言を呈することもあるかもしれません。また、弊社がおススメするゴルフ場の会員権をご購入いただく前には、視察プレーをおススメしており、そのご予約もお取り致しています。

 

視察プレーの重要性は今更いうまでもありませんが、ラウンド(プレイ)した経験のあるゴルフ場でも、改めてメンバーになった目線でゴルフ場を見つめ直すことも大切です。弊社では、お客様が視察プレーされる際のチェックポイント動画(YouTube)に纏めております。こちらは10分程度の動画ですので、ぜひ、最後までご覧いただければと思います。また、動画でご説明している以上の情報(つまり、一目目でただけではわからないソフト面(予約の取り易さや、メンバーの質や年齢層などに関する情報)を調べることもゴルフ会員権購入に際しては欠かせないステップです。とはいえ、一般ゴルファーの方々がそのような調査をご自身で行うのは決して容易な事ではないと思います。弊社の顧問は日本生産性本部認定経営コンサルタントです。公益財団法人日本生産性本部では特定の訓練をこなした人物に認定経営コンサルタントの称号を付与しています。具体的にどのような事案を調査するかにつきましては、『ゴルフ場独自調査』としてサイト上でも公開しておりますので、気になる方は、お目通しいただければと思います。

 

会員権ご購入の予算と目的、ご自宅から最寄りのインターを教えてください

以下のフォーマットが無料相談・お問合せフォームにありますので、ご予算と会員権ご購入の目的にチェック(複数回答可)を入れ、ご自宅から最寄りの高速インターチェンジをご記入の上、送信してください。

購入するゴルフ会員権の選定にあたっては、お客様のご予算、目的、ご自宅からのアクセス、その他を総合的に加味してご提案申し上げます
・総額50万円以下 ・総額300万円以下
・総額100万円以下 ・総額400万円以下
・総額200万円以下 ・総額予算問わず
・名門/準名門コース ・法人オススコース
・夫婦で楽しめるコース ・富士山が望めるコース
・高速インターから近いコース ・コースレイトの高いコース
・温泉/宿泊施設付のコース ・練習場の充実しているコース
・電車で行けるコース ・全体的に距離が短く戦略的なコース
・女性に人気のコース ・メンバー予約が取りやすいコース
・メンバーフィーの安いコース ・ビジター同伴予約の取りやすいコース
・同伴ビジターフィーの安いコース ・クラブハウスが豪華なコース
年会費の安いコース ・競技の盛んなコース
・人気リゾートコース ・その他(ご要望欄にご記入ください)

※上記フォーマット(チェックボックス付)は無料相談・お問合せフォームの中にございます。
※お取引が成立しなければ一切費用は派生しませんので、ご安心ください。

※銘柄相談のご返信には通常3営業日程度、頂いております。

 

☆ゴルフ会員権の研究歴36年以上のスタッフ(プロの会員権コンサルタントである弊社の顧問)がお客様に最適なコースを3~5コースに絞ってご推奨いたします。

☆お客様の視点に立ち選定したゴルフ場(会員権)は、お客様が分かりやすいように一覧表(エクセルやPPTファイル)に纏めて、メールにてお送りさせて頂きます。

法人向けコース

2021年6月17日 木曜日

法人向けコースはバブル期にはゴルフ会員権の花形的存在として高い相場をつけていました。長引く不況により法人接待が減りつつありますが、役員の福利厚生やビジネスを円滑に運ぶための潤滑油として法人向けコースの会ゴルフ員権相場はここへきて、回復の兆しを見せています。新型コロナウイルス蔓延による政府の金融緩和策が多分に影響しており、日経平均株価は2021年初頭に実に30年ぶりとなる3万円台を回復し、ニューヨークダウは史上最高値を更新し続けており、金余りがゴルフ会員権市場にも回ってきています。また、ゴルフは3蜜にならないスポーツとして、夜の高級クラブなどに接待できない法人の得意先(お客様)をゴルフ場へ接待する動きも顕著です。法人向けコースの特徴には2パターンあり、1)歴史のある超名門コース(或いは名門コース)、2)法人専用ゴルフ場(個人は入会出来ない)が法人向けコースになります。歴史のある超名門コースの場合、法人での入会を認めていないゴルフ場もありますが、その場合には個人名義で入会し、法人資産として保有することで税制上、認められています。また、法人向けコースは同一法人内の名義書換料が安いコースもあります。

 

以下に紹介するコースは、東京から長野県のゴルフ会員権の相場が高く、尚且つ法人ユース(法人の役員の福利厚生や接待)にふさわしいコースをピックアップいたしました。名門コースと被るゴルフ場もありますが、東京五輪が無事開催され、新型コロナワクチンの接種が行き渡り、コロナ収束後に景気が戻ればこれらの法人向けコースの会員権相場もさらに回復してくるはずです。

 

▼東京都の法人向けコース

▼神奈川の法人向けコース

▼千葉県の法人向けコース

▼埼玉県の法人向けコース

▼茨城県の法人向けコース

▼栃木県の法人向けコース

▼群馬県の法人向けコース

▼静岡県の法人向けコース

▼山梨県の法人向けコース

▼長野県の法人向けコース

 

東京

よみうりゴルフ倶楽部

1961年開場の歴史のある丘陵コースで設計は井上誠一と浅見緑蔵。経営母体は(株)よみうりランド。パブリックとして開場後、昭和53年10月に法人接待用として法人会員に転身、クラブハウスも新築した。系列コースに東京よみうりCC、静岡よみうりCCがある。

法人接待コースとはいうものの、大きなうねりのある地形に造られており、距離があってタフなホールが多い。プレースタイルはキャディ付常用カート。ビジターフィーは土日・祝日は4.4万円と高いため、一組でプレーすると食事代を入れると1ラウンドの費用は15万円を超える。入会条件は国籍制限なしなので外資系企業にもおススメ。但し、年齢制限40歳以上なので注意が必要(外資系には20~30代で役員も多いため)。そほか会員1名(在籍3年以上の法人の実印が必要。会員権相場は、1991年から1992年にかけて2億8,000万円をつけていた。その後下がってはいるが、2018年の2300万円を大底にそれを割り込んだことは一度もない。現在の売り買いの中心相場は2,700万円となっている。資金に余裕のある法人は接待コースとして保有して欲しい。

 

東京よみうりカントリー倶楽部

男子プロゴルフトーナメント(日本シリーズJTカップ;前年度の覇者、その年の賞金上位15名、トーナメント優勝者だけが参加し、その年の日本一の男子プロを決定するメジャー大会の最終戦)の舞台となるゴルフ場で17番ホールのパー5はどのプロも2オン(イーグル)を果敢に狙っていくホール、最終18番は224ヤードでグリーンを外すと難しいアプローチが残りパーをセーブするのは容易ではないホールで毎年TV中継されているので知る人の多いゴルフ場で法人接待にも使える。経営母体は(株)よみうりランド。会員権相場は1,000万円前後だが、名義書換料330万円と入会預託金500万円(退会時返還)が入会時には必要。入会条件に年齢制限35歳以上があるため、メンバーの齢層が高く、落ち着きのある雰囲気のある超名門コース。年会費7.7万円はコースグレードの割には安価で法人の役員や接待コースとしては最高。

 

神奈川県

レイクウッドゴルフクラブ

接待コース人気NO.1(詳細はコース名をクリックしてゴルフ場ガイドをご覧ください)

 

戸塚カントリー倶楽部

神奈川県の名門中の名門コースでコースグレードは高い。バブル期には1億7,200万円の相場をつけていた。2013年には1,150万円前後まで落ち込んだ時期もあったが、現在、売り買いの中心相場は1,500万円前後で推移している。入会金330万円のほかに入会預託金500万円(退会時返還)が必要なため会員権購入に際しては総額2,400万円前後が必要になる。36ホールズの大型ゴルフ場で、18ホールズは名匠、井上誠一の設計で、男子プロ(メジャー大会の日本オープン、日本プロマッチプレー、関東プロ)や女子プロトーナメント(資生堂レディスオープン)も開催されており、難易度の高さは日本でも有数でコースレーとイトは西コース(井上誠一設計)は74.5を誇る。アクセスも横浜新道・川上ICから3キロ(約5分)と優れており、法人接待コースとしても利用されている。経営形態は預託金制ながら理事会がすべての権限をもち運営されている。入会条件が正会員3名(在籍5年以上、年間2回限り)、理事又は監事1名の紹介が必要であり、他倶楽部在籍(2年以上、JGA加盟クラブ)、年齢制限35歳以上と非常にステータスの高い超名門コースで、法人接待コースとしても使える。

 

相模原ゴルフクラブ

1957年開場でバブル期には2億1,500万円の会員権相場をつけていた神奈川県を代表する株主会員制の名門コースで、よみうり巨人軍の原辰徳監督のホームコースとして有名。2019年には220万円まで会員権相場が低迷していたが、入会条件から他倶楽部在籍を撤廃したことや新型コロナ禍のゴルフブームにより会員権相場が急騰し、2021年7月現在、会員権の売り買いの中心相場は900万円となっている。36ホールズの本格的林間コースで、2021年は男子ゴルフトーナメントのアジアパシフィックダイヤモンドカップが開催された。品格を重んじているゴルフ場で、入会にあたっては会員1名(在籍3年以上の連帯保証人)と年齢制限35歳以上があるが国籍制限はない。名義書換料330万円のほかに入会預託金600万円(退会時返還)が必要なため、総額1,900万円前後が必要になる超名門コースで法人需要も高い。

 

横浜カントリー倶楽部

1960年開場の36ホールズの大型ゴルフ場でコース形態は丘陵コース。西コースでは日本オープン、関東オープンなどの男子メジャートーナメントや日本女子オープン(女子メジャー大会)が開催された実績を誇る。横浜新道・今井ICから僅か1キロとアクセスが良いが、入会金440万円の他に入会預託金600万円(退会時返還)が重石となり、バブル期に9,000万円していた会員権相場は2018~19年には45万円前後まで低迷していた。2021年7月現在は売り希望160万円に対して買い希望90万円で推移している。会員権相場は低いものの、年会費13.2万円が効いており、横浜や東京の城南エリアの富裕層ゴルファー中心の会員構成となっている。名義書換料と入会預託金で1,000万円以上かかるコースのため、名門コースながら会員権相場は冴えないが、法人として保有するには悪くないコースのひとつ。

 

箱根カントリー俱楽部

1954年開場の歴史を誇る株主会員制ゴルフ場。東名高速・御殿場ICから16キロと静岡よりの神奈川に展開する名匠、赤星四郎設計のフラットな林間コースで箱根の別荘族に人気がある。平成14年に女子メジャー大会の日本女子オープンゴルフ選手権、平成15年には日本シニアゴルフ選手権が開催された。バブル期には1億5,000万円の会員権相場をつけていたが、昨今は売り買いの中心相場100万円前後と低迷している。その要因としては名義書換料275万円のほかに600万円の入会預託金(退会時返還)が必要なことに加え、年会費が17.6万円と高額な点や入会条件にJGA加盟倶楽部の正会員(ハンディキャップ取得者)が買い意欲を損ねている。従って入会出来るゴルファーは同コースをセカンドコースとして利用する富裕層ゴルファーに限定されてくるが、名門コースであることに変わりはなく、法人接待コースとしても使える。

 

厚木国際カントリー倶楽部

959年開場の36ホールズの大型ゴルフ場。厚木市郊外の丘陵南斜面にあり大山や丹沢連峰をバックにした眺望は素晴らしい。西コースは距離もありフラットでダイナミックがゴルフが楽しめる。36ホールズで会員数が1,230名しかいないため、市場に売りモノが出難く、相場が常に強含みで展開しており、ゴルフ場のホスピタリティが高くメンバーの満足度

は高い。年会費5.5万円はリーズナブルで名義書換料も110万円に抑えている。バブル期には1億2,000万円つけていた名門コースで、平成26年から5年半かけて東コースをクローズドして大幅リニューアルに着手、令和2年にインコースの改修が完工し、27ホールズ営業を開始した。また、アウトコースも2019年にリニューアルを終えて現在は36ホールズで営業を再開している。法人接待にも使えるコースとして利用価値の高い名門コース。

 

本厚木カントリークラブ

1962年に開場した三菱電機、安川電機など重電気業界の財界人が集まり発足した株主制ゴルフクラブ。名匠、赤星四郎設計の丘陵コースで戦略的なコースレイアウトになっている。会員数が正会員1,000名と少なく、予約が取り易いため、法人接待にも利用可能。

名義書換料220万円はそこそこの価格だが、年会費が2.2万円とリーズナブルなため、会員権は底堅い需要がある。バブル期には8,600万円していたゴルフ場で2013年の600万円から相場は横ばいで推移しており、昨今の新型コロナによりゴルフブームの影響はあまり受けていない。総額830万円前後で会員権の購入が可能な名門コースのため、幅広い層に根強い人気があり、法人役員の福利厚生としてはうってつけ。

 

平塚富士見カントリークラブ

神奈川県の法人接待コースとして有名な『レイクウッドゴルフクラブ』の姉妹コースで経営は(株)レイクウッドコーポレーション。その他の姉妹コースとして、『レイクウッドゴルフクラブ サンパーク明野コース(山梨県)』がある。1962年開場の36ホールズの丘陵コースは老若男女を問わず人気が高い。アクセスは東名高速・秦野中井ICから5キロとインターから近く、神奈川や東京の城南エリア在住のゴルファーに高い支持を得ている。入会条件は年齢制限30歳以上、正会員2名(認印)だけで初めて会員権を購入する方で名門コースのメンバーになりたいゴルファーにおススメ。ゴルフ会員権相場はバブル期に9,400万円をつけた後、右肩下がりになり2017年には360万円に下がっていたが、ここのところの会員権ブームにより、昨今は中心相場600万円に回復している、名義書換料187万円はコースグレードからは致し方なし、年会費5.5万円も妥当で法人接待としても使える。

 

千葉県

カメリアヒルズカントリークラブ

1990年のバブル期に東証一部上場の藤田観光が英知を降り注いで造った法人接待ゴルフ場ながら女子プロレギュラーツアー(4日間開催)のアースモンダミンカップの開催コースになっている。相場は名義書換を開始した1993年頃より2,000万円前後で安定して推移しており、コースが預託金の償還にきちんと対応しているため会員権マーケットに安い売りモノが出てこない。この相場は同じ千葉県の鷹之台カンツリー倶楽部を上回るものであり、カメリアヒルズが名門コースであることを如実に物語っている。現在、2,500万円【入会金275万円、預託金2,250万円(据置期間5年間)】で補充募集中。コース素材や施設(クラブハウス等)の美しさ、予約の取り易さなどから弊社では当ゴルフ場の会員権を特別推薦コース(法人向け)として推奨している。預託金2,250万円は5年据置いた後に必ず返還されるため、実質的な持ち出しは入会金の275万円となり、年会費11万円ながらビジター優待券やメンバー誕生日無料券などを多数発行しており、資金に余裕のある法人にはおススメ。

 

鷹之台カンツリー倶楽部

1954年開場の伝統ある社団法人制の名門倶楽部。名匠、井上誠一設計の18ホールズはフラットな林間コースながら戦略性に富んでおり、コースレートは74を誇る。メンバーの質が高く、法人接待コースとしても利用されている。会員権相場はバブル期には1億9,000万円をつけており2018年頃には1260万円まで下げていたが、現在は1,300万円前後で横ばいで推移している。入会条件は正会員2名(在籍5年以上、認印)、年齢制限30歳以上、日本国籍と表向きは差ほど厳しくはないが、入会審査ではそれなりの社会的地位を求められている。同倶楽部は超名門コースではあるが、名義書換料440万円で入会預託金の徴収はない。年会費19.8万円はコースグレードを考えれば致し方ない。ドレスコードやマナー厳しいコースで、メンバーの質も高く、敷居の高い超名門コースで法人接待してもお客様に喜ばれるゴルフ場。

 

麻倉ゴルフ倶楽部

東急不動産と三菱地所が共同出資して建設された2008年開場の新しいコースで法人接待コースとして根強い人気がある。

 

キングフィールズゴルフクラブ

3ツアーズで有名。バブル期に3,000万円から2億円で募集された少数精鋭のコースでバブル期には1組に2人のキャディが付いた。今は個人ユースも高まっているがもともとは法人接待コースとしてオープンしている。

 

袖ヶ浦カンツリー倶楽部

1960年開場の名門コースでコース形態は林間丘陵コース。毎年、秋の男子レギュラーツアー(ビッグトーナメント)のブリヂストンオープンゴルフ選手権開催で有名な本格的トーナメントコース。旧袖ヶ浦コースと新袖ヶ浦コースで場所が異なり、クラブハウスも別建。ブリヂストンオープンは旧袖コースで開催されており、新袖コースでは女子ツアーのニチレイレディースが開催されている。会員権相場はバブル期には8,700万円を記録していたが、バブル崩壊後は右肩下がりになり2019年の会員権相場は270万円まで低迷していた。しかしながら、2021年に入ってから入会条件が、正会員1名の紹介(認印)、理事又は分科委員1名の紹介、年齢制限20歳以上と緩いこともあり、会員権相場は2021年7月現在、売り買いの中心相場480万円まで上昇している。同倶楽部は36ホールズで会員数は正会員2,200名と適正でスタート予約も取り易い部類に入る。名義書換料220万円とコースグレードを考えると妥当な価格で入会預託金の徴収がない。アクセスも千葉東金道路・大宮ICから4キロと都心から近く、クラブバスも出ている。年会費9.9万円は36ホールズ使えることを思えば高いとはいえず、ゴルフの上手い会員権購入初心者や法人接待コースとしてもおススメ。

 

ザ・カントリークラブジャパン

法人専用コースで好スコアが出やすいため接待に向いている。

 

藤ヶ谷カントリークラブ

京王電鉄系の名門コース。個人ユースがメインだが法人接待にも耐えうる好素材。

 

総武カントリークラブ

54ホールズの大型ゴルフ場。PGMグループの経営で、その中でも最も会員権相場の高いフラッブシップコース。『GAND PGM』にも認定されている。過去、数々のトーナメントが開催されて本格的林間丘陵コースでコースも施設も美しい。

 

浜野ゴルフクラブ

かつての日東興行が法人接待コースとしてバブル期に高額募集して開場したコース。

 

立野クラシックカントリーゴルフ倶楽部

姉ヶ崎CCの姉妹コースで開場当初は法人専門コースとしてオープンしたゴルフ場。

埼玉県

久爾カントリークラブ

西武グループのゴルフ場で入ソサエティなゴルフ場で法人接待向き。

 

森林公園ゴルフ倶楽部

都心から近く、個人ユース、法人ユースどちらでも使えるゴルフ場。

 

狭山ゴルフ・クラブ

1959年開場の株主制名門コース。武蔵野の面影を残した雑木林に囲まれ関東屈指の長距離を誇る27ホールズのゴルフ場で真っ平で美しい林間コース。男子プロゴルフトーナメントのダイヤモンドカップ(2010年)、日本シニアオープン(2008年)や最近では2016年に日本オープンが開催され、後(2021年)にマスターズチャンピオンに輝いた松山英樹プロが、賞金王に輝いた実績のある池田勇太プロや片山普吾プロ(5度の賞金王、マスターズ4位の実力者)を抑えて圧勝したシーンが記憶に新しい。会員権相場はバブル期1億円(億カン)から2019年には70万円を割ったことがあるが、ここ最近は売り買いの中心相場150万円で堅調に推移している。名義書換料330万円、入会預託金100万円(退会時返還)は名門コースとしては割安。年会費10.45万円もコース内容を考えれば決して高いとはいえない。かつては目に見えない入会条件が厳しいコースで有名だったが、現在は事前審査制を取り入れており、入会審査に受かってから会員権を購入すればよい。

 

日高カントリークラブ

1961年開場の株主会員制倶楽部。27ホールズの美しい林間コースでクラブハウスはレーモンド設計。松などの高い樹木で各ホールがセパレートされており、各ホールはフラットでフェアウエイも広いため、思い切りティーショットを打っていける。会員権相場はバブル期8,400万円から2017年には190万円まで下落したがそこで下げ止まり、現在、売り買いの中心相場275万円で堅調に推移している。名門コースながら名義書換料110万円、入会預託金110万円とリーズナブルなため会員権マーケットでは常に買い希望が多く、安い売りモノはあまり出てこない。年会費11万円はコースのグレードを考えれば妥当。入会条件も緩いので、初めてゴルフ会員権を購入する方で名門コースのメンバーになりたい法人におススメ。

 

東松山カントリークラブ

コースは倉本昌弘プロが24アンダーの日本新記録を出したコースとして有名。レストランのメニューの価格が安く、美味しい。コースも差ほど難しくなく、法人接待としても十分使えるゴルフ場。

 

高坂カントリークラブ

都心からのアクセスが良く、法人接待にも十分通用するゴルフ場。

 

飯能グリーンカントリークラブ

バブル期にフジタ工業が建設し、オープンしたコースで都心から近く、コースや施設が綺麗jなゴルフ場で法人接待に適している

 

石坂ゴルフ倶楽部

バブル期に大日本土木の設計でオープンしたゴルフ場でコース、施設ともゴージャスで法人接待向き。

茨城県

潮来カントリー倶楽部

1987年11月(バブル期)にオープンした新設ゴルフ場で経営母体は新日本観光グループ

。同社が高級接待ゴルフ場として建設した。千葉新日本GCや浦和GCを始め、開催でも5コースを経営しているが、ゴルフ場専門会社ながら預託金の償還にはきちんと応じており、グレードが高いことから名門コースとしても紹介させて頂いただきたい。コースは林間風丘陵コースで27ホールズあり、従業員の接客ホスピタリティが高いゴルフ場である。

各ホールの両サイドに樹林が多く、いずれもフェアウエイ幅をたっぷりとっていてのびのび打っていける。池を多く配置した美しいコースだが、ハザードはすべて視覚に収まるフェアな設計で4面あるティーグラウンドの各々で攻略ルートが変わってくるなど、意欲的な工夫が凝らされている。会員権相場は1987年の募集終了後に7,000万円を記録。その後も預託金の償還に応じているため、会員権マーケットに安い売りモノが出てこない。名義書換料110万円はグレードを考えるととリーズナブルで年会費も3.3万円と安い。会員数は正会員300名と少ないため、予約は取り易いので売りモノが出てくれば法人接待用としておススメ。

 

大利根カントリークラブ

1960年開場の茨城県を代表する株主会員制の超名門コース。設計は名匠、井上誠一でWESTコースとEASTコースの36ホールズで両コースともコースレート74と手強い。豊富な松林に囲まれており、真っ平な林間コースだが、ティーショットを曲げるとその松林がスタイミーになり、一般アマチュアがゴルファーには手痛い仕打ちが待ち受けている。

36ホールズで会員数は正会員1,489名と少なく予約が取り易いため法人接待コースとしても使える。会員権相場はバブル期1億4,500万円を記録したが、その後、右肩下がりで下降し、2019年には中心相場400万円にまで落ち込んでいた。しかし、以下のような入会条件の大幅な緩和があり、相場は現在、売り買いの中心相場590万円まで持ち直している。

1)令和2年9月1日、「正会員2名の推薦」→ 「正会員1名」に改訂

2)面接・と同伴プレーが有→ 「原則として紹介者1名が同席」 を令和2年3月15日より廃止

※「正会員が紹介できる申込者の紹介人数は年間2名までとする」 → 平成27年1月28日に廃止

入会条件が緩和されたためと新型コロナによるゴルフブームのためここのところ売り希望よりも買い希望が多いが、都心からのアクセスも常磐自動車道・谷和原ICから12キロと近いため、超名門コースのメンバーになりたい法人におススメ。

 

茨城ゴルフ倶楽部

1962年開場の都心からのアクセスの良い茨城県屈指のトーナメントコース。コースは真っ平な36ホールズの林間コースで東コースはコースレート75.1、西コースもコースレート73.4と本格的な造り。会員数は18ホール換算1,100名と適正。同倶楽部の周辺は土壌が良く、アイアンの抜けが良いと評判。東コース、西コースとも男女プロトーナメントの開場の実績がある。会員権相場はバブル期には6,800万円をつけていたが、ここ10年ほどは

中心相場530万円前後で堅調に推移していた。2021年になり新型コロナによるゴルフブームもあり、会員権相場が急上昇し、2021年7月現在、売り買いの中心相場は740万円となっている。入会条件は在籍5年以上の正会員2名の紹介(印鑑証明書添付)と一見厳しいが紹介者がいれば入会審査で落とされる心配はまずない。名義書換料110万円、年会費4.4万円はグレードを考えるとリーズナブル。総額850万円の予算が組める法人におススメ。

 

筑波カントリークラブ

1959年開場の株主会員制の名門コースで大和証券をはじめ証券会社や生保会社の会員が多いクラブ。18ホールズの落ち着いた雰囲気のある林間コースはコースレート72.8。

平成10年のニチレイインターナショナルを最後にその後はトーナメントの開催はないが、トーナメントコースとして十分に耐えうる素材を有している。会員権相場はバブル期に9,200万円を記録し、茨城ゴルフ倶楽部の6,700万円の上を行っていた時期がある。筑波カントリークラブは18ホールズの落ち着いた雰囲気のある名門コースだが、最近の会員権相場は茨城GCが高騰しているのとは対照的に中心相場440万円とさほど騰がっていない。名義書換料110万円、年会費8.14万円も妥当な価格。入会条件も正会員1名(印鑑証明書添付、在籍5年以上)、年齢制限20歳以上、日本国籍と差ほど厳しくないため、相場的に初めて会員権を購入されるゴルファーで名門コースに憧れている方に超おススメ。

 

龍ヶ崎カントリー倶楽部

1958年開場の株主会員制の名門コースで日本鋼管色が強い。設計は名匠、井上誠一。18ホールズの林間コースのコースレートは73.4と手強い。自然の地形を活かし、枝の見事な松が天然のハザードを成している。会員権相場はバブル期には7,300万円を記録。

その後、2019年には190万円まで下がったが、2021年からのゴルフブームにより、2021年7月現在は売り買いの中心相場240万円前後で堅調に推移している。名義書換料220万円のほかに入会預託金30万円(退会時返還)が必要。年会費11万円と決して安くはないが、コースのグレードを考えれば妥当な価格設定と考えてよい。入会条件は25歳以上、日本国籍、正会員2名(在籍5年以上、認印)、その他(多クラブ在籍証明書やHDCP証明書が必要だが、他クラブがない場合には紹介者の同伴面接とテストプレーで入会することが可能。ただ、紹介者の同伴面接が相場上昇の足かせになっていると可能性は高い。

 

大洗ゴルフ倶楽部

日本屈指のシーサイドコースで都心からのアクセスに難があるが、数々のトーナメントを開催したトーナメントコースで茨城の有名な名門コースとして法人接待にも使える。

 

ザ・ロイヤルゴルフクラブ

コース、施設とも最高級と言っていいほどゴージャスでコースレートは78を誇る。現在1,000万円で募集中だが、完全に法人ユースを意識した造りとなっており、年会費は60万円と破格。経営はオハヨー乳業でカバヤCCや富嶽CCと同系列。

 

宍戸ヒルズカントリークラブ

森ビル直営のゴルフ場で静ヒルズカントリークラブの姉妹コース。男子メジャー日本ゴルフツアー選手権森ビルカップの開催コースで、アメリカンスタイルの西コース、オーソドックスな丘陵コースの東コースの36ホールズのゴルフ場。コース素材が良く、プレーはオールキャディ付乗用カート。コースメンテナンスが抜群で従業員のホスピタリティも高く、ビジター同伴の予約も取り易いので法人向けとしてもおススメ。

 

静ヒルズカントリークラブ

森ビル直営のゴルフ場で宍戸ヒルズカントリークラブの姉妹コース。1987年のバブル期に開場されたコースでコースは真っ平で池やバンカーなどのハザードで戦略性とと美観を高めている。女子プロのステップアップツアーを毎年開催。2021年は女子プロテスト最終や日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯が開催される。都心からのアクセスはやや遠いがゴルフ場併設のホテルもあり、練習施設(280ヤードでコースボール使用のドライビングレンジ、アプローチ、バンカー、パター練習場)も完備し、予約も取り易いので法人接待としても使える。

栃木県

小山ゴルフクラブ

1960年開場の株主会員制ゴルフ場。日立グループが中心となって建設されたクラブ。

栃木県を代表する名門コースでバブル期の相場は8,000万円を記録していた。18ホールズ(コースレート71.9)の落ち着いた雰囲気のある林間コースは桜の木も多く春の万開時は見事な景観で、フラットな造りながら戦略的な要素を持ち合わせている。相場に関しては、2018年の底値(中心相場130万円前後)から横ばいで推移しており、新型コロナ禍によるゴルフブーム下でも相場の際立った上昇は見られない。入会条件は正会員2名の紹介(認印)、年齢制限30歳以上、日本国籍で面接もないため名門コースとはいえ条件はかなり緩め。アクセスは東北自動車道・佐野藤岡ICから20キロのため栃木方面の法人におススメ。

 

プレステージカントリークラブ

1988年に開場したPGMグループの36ホールズのバブリーなゴルフ場。過去男子メジャートーナメント(日本プロゴルフ選手権、日本マッチプレー、関東プロ)が開催されたこともある。外国人設計家ベンツアンドポーレット設計のコースで、栃木ICから僅か5キロに位置し、コースはフラットな林間コースでクラブハウスも綺麗で法人接待にも使える。PGMコースの経営で、その中でもハイグレードの『GRAND PGM』に認定されている。現在、132万円(税込)で募集中で会員権のコストパフォーマンスは非常に高い。

群馬県

富岡ゴルフ倶楽部

経営は『サッポロ一番』で有名なサンヨー食品。バブル期に開場したコースで会員数は600名と少数精鋭。コース、施設ともゴージャスで法人接待向き。群馬県のプライスリーダー的存在。

 

下仁田カントリークラブ

1990年に開場されたクラブで経営は東武興行グループ。オープンと同時に名義書換を開始した。最終募集は2,200万円だったが、相場は1991年には2,400万円と上場の滑り出しであった。会員数が350名と少なく、名義書換料88万円、年会費1.98万円とリーズナブルな名門コース。預託金をきちんと償還しているため市場に売りモノが出難く、入会条件は年齢30歳以上、日本国籍、会員2名(正会員1名、印鑑証明書添付と理事各1名)と緩めなため、群馬方面で、総額700万円前後まで可能な方に法人におススメ。

静岡県

朝霧ジャンボリーゴルフクラブ

 

富嶽カントリークラブ

1986年のバブル真っ只中に開場した新設ゴルフ場で経営母体はカバヤ食品グループのオハヨー乳業。系列コースに茨城県のカバヤGC、高級接待ゴルフ場のザ・ロイヤルGC、関西エリアでは伊勢中川CCや紀南CCも運営しており、堅実経営でどこのゴルフ場も預託金の償還に対応している。この富嶽CCではトーナメントティーでは8,000ヤードを超えコースレート74.1を誇る。フェアウエイが広く飛ばし屋にはたまらないコースレイアウトでティからグリーンまで見渡せるように設計されている。会員権相場は1991年に3,800万円を記録していたが、バブル崩壊の波には逆らえず、2014年には420万円前後で取引された経緯がある。最近の会員権相場は売り希望1,200万円に対して買い希望880万円と値開きがあり、中心相場は1,050万円となっている。名義書換料110万円、年会費3.96万円とリーズナブルで会員数は正会員600名しかいないため、会員権マーケットに売り希望が出てこないが、入会条件も正会員1名(在籍2年以上、印鑑証明書添付)、年齢制限20歳以上、日本国籍と緩いため、1,000万円以上予算のある静岡方面の法人におススメ。

静岡よみうり

 

葛城ゴルフ倶楽部

1976年開場の井上誠一設計による36ホールズの大型丘陵コース。経営は東証一部上場のヤマハ(株)。相場はバブル期には7,000万円を記録したが、その後右肩下がりで2013年には360万円にまで相場を下げている。しかしながらゴルフ場が預託金の償還にきちんと対応していることから市場に出回ってくる売りモノは額面の低いもの(400万円)が殆どである。買い希望者は名義書換料165万円も考慮し380万円の指値をしているが、そのような金額ではなかなか売り手が出てこない状況。年会費4.4万円とリーズナブルで入会条件は国籍や年齢制限がなく、会員の紹介1名(印鑑証明書添付)と比較的緩めなので、初めて会員権を購入する方で静岡方面の法人におススメ。

山梨

メイプルポイントゴルフクラブ

リゾートコースながらコースレイアウトや施設が素晴らしい。都心からのアクセスも悪くなく、会員の質も高い。法人接待コースとして耐えうるコース。

 

長野県

大浅間ゴルフクラブ

長野県のプライスリーダー的コース。都心からは遠いが、ゴージャスな宿泊施設(スイートルーム)が完備されており、接待すればお役様から喜ばれるゴルフ場のひとつ。ゴルフ場スタッフのホスピタリティも高い。

 

 

 

 

 

総額300万円台以下のコース

2021年6月17日 木曜日
ゴルフ会員権はゴルファーである以上、どこかのゴルフ場のメンバーになりたいという欲求が出てくるものです。また、どうせ買うなら低額コースではなく、名の知れたコースのメンバーになりたいという方も多いのではないでしょうか。ここでは300万円台以下で購入可能な準名門コースをご紹介します。弊社が厳選した会員権ですので、お住まいからアクセスの良いコースでラウンドしたことのないゴルフ場がございましたらご視察プレーをお取りしますのでお気軽にご連絡ください。。また、ラウンド経験のあるゴルフ場でもメンバーになった目線で見直されることも大事です。お知りになりたい事項がございましたら、無料相談・お問合せフォーム、もしくはお電話にてお気軽にご連絡ください。ゴルフ場の会員課や支配人様、副支配人様や現メンバー様(もしくは以前メンバーだった方々)などにヒアリングを実施し、簡単な報告書を提出させていただきます。売買が成立しない限り仲介手数料やコンサルタントフィーは一切かかりませんので、どうかご安心ください。

 

東京都の300万円台以下のコース
▼神奈川の300万円台以下のコース
▼千葉県の300万円台以下のコース
▼埼玉県の300万円台以下のコース
▼茨城県の300万円台以下のコース
▼栃木県の300万円台以下のコース
▼静岡県の300万円台以下のコース

 

東京

青梅ゴルフ倶楽部

会員権相場30万円、名義書換料110万円、入会預託金200万円(退会時返還)、年会費8.25万円

<入会条件>

日本国籍、年齢30歳以上、正会員1名(在籍3年以上、届出印捺印)、面接あり

<アクセス>

圏央道・青梅ICから5キロ クラブバス(東青梅駅 6:51~9:55 まで13本運行)

<コースの特徴>

1958年11月16日開場

株主会員制

27ホールズ、丘陵コース、コースレート70.0~71.7

趣の異なるホールが展開している。ショートホールを除いてはティショットが殆ど打ち下ろし

で豪快なショットが味わえる。グリーンは殆ど砲台なのでアプローチは難しい。土日・平

日ともに東青梅駅からクラブバスが6時51分から10時まで約8分おきに13本運行されており

電車で行くのに便利なゴルフ場。

<プレースタイル>

キャディ付又はセルフ 常用カート

<会員数>

正会員数1,600名 週日会委員(土不可)100名 会員名簿(2年に1回発行)

<予約状況>

メンバーフリー枠3組有り(当日予約可能)

ビジター同伴:取り易い

<練習場>

200Y 220打席

アプローチ練習場が充実

<トーナメント開催>

日本シニアオープン選手権予選会

<会員権相場の動向>

バブル期には6,000万円を記録、この10年は10万円~50万円の間で推移している

 

東京国際ゴルフ倶楽部

会員権相場250万円、名義書換料110万円、年会費6.6万円

<入会条件>

国籍制限なし、年齢20歳以上、会員1名の紹介(在籍3年、40歳以上、年間3名まで)

<アクセス>

中央自動車道・国立府中ICから12キロ クラブバスなし(多摩センター駅からタクシー10分)

<コースの特徴>

1961年10月8日開場

間接株主会員制で運営(経営母体やシャトレーズグループで全部で15コースを経営)

名匠、赤星四郎設計の18ホールズは変化に富んだ地形を利用して造られており、戦略的で飽きの来ない設計。クラブハウスはレーモンド建築設計事務所の設計でシックで豪華

<プレースタイル>

キャディ付又はセルフ 常用カート

<会員数>

正会員1,686名 平日会員(土可)843名 会員名簿(平成15年発行)

<予約状況>

比較的取り易い

<練習場>

200Y 15打席

<会員権相場の動向>

ビークは1990年で4,300万円、この10年間は100万円台前半で推移していたが、新型コロナ禍のゴルフブームで相場が上昇中。

 

神奈川県

レインボーカントリー倶楽部

会員権相場100万円、名義書換料88万円、入会預託金120万円(退会時返還)、年会費3.85万円

<入会条件>

日本国籍、年齢制限なし、正会員2名の紹介(印鑑証明書添付)、他倶楽部在籍証明書(財前無い場合同伴プレー)

<アクセス>

東名高速・秦野中井ICから4キロ クラブバス(秦野駅北口と二宮駅北口から30分毎に運行)

<コースの特徴>

1969年7月19日開場

経営母体は新宿ステーションビルでテナントを中心にクラブを発足。平成18年4月(株)ルミネに吸収合併された。

富澤誠造・広親兄弟設計による18ホールズの丘陵コースはコースレート72.4。全体的にフェアウエイが広くのびのび打てる。また、メンバーにはバックティ(フルバックを含む)を開放しているので、技術に応じてティグラウンドを選んでプレー出来る。

<練習場>

80Y 15打席

<プレースタイル>

キャディ付常用カート

<会員数>

正会員1,800名、平日会員(土可)700名 会員名簿(平成16年発行)

<予約状況>

取り難い(予約開始から15分で満杯) あとはキャンセル待ちとなる。

メンバーフリー枠:なし

<会員権相場の動向>

1990年に5,400万円を記録。その後右肩下がりに相場を下げ、2017年~19年は47万円前後で推移していたが、新型コロナによるゴルフブームで相場が上昇し、現在は100万円前後で取引されている。

 

清川カントリークラブ

会員権相場160万円、名義書換料132万円、年会費5.5万円

<入会条件>

国籍制限なし、年齢30歳以上、会員2名の紹介(在籍2年以上の保証人(実印捺印)

ハンディキャップ取得者(ない場合、同伴プレーを実施)

女性制限あり【2021年8月より19口限定で男性から女性の書換を認める】

<アクセス>

東名高速・厚木ICから10キロ クラブバスあり(本厚木駅北口から7:00、8:00、9:20)

<コースの特徴>

1985年9月22日開場

中間法人(株)清川カントリークラブの運営

ゴルフフォース社、J・ニクラウスの設計による神奈川最後のコース

アウトコースは林間風、インコースは丘陵風と趣を変えた18ホールズが展開されている。

各ホールからの景観は絶景で風情が漂う。コースレートは70.8とやや短めだが、セールスポイントとして、世界最高のベントグラス「クリーピング・ベントグリーン007」を全ホールに使用している。

<練習場>

230Y 23打席

<プレースタイル>

キャディ付常用カート メンバーはバックティーの使用可

<会員数>

正会員1,600名、週日会員(土不可)800名 会員名簿(平成16年発行)

<予約状況>

取り易い。メンバーフリー枠あり。1.5Rプレー:状況により可。

<会員権相場の動向>

1991年には3,800万円前後で取引されていた。その後バブル崩壊により下がり始め、2002年頃には20万円まで相場が下がったがここ10年は60~190万円で取引されている。2019年には55万円だったが最近は見直されて160万円前後での取引となっている。

 

長竹カントリークラブ

会員権相場60~70万円、名義書換料110万円、入会預託金110万円(退会時返還)、年会費6.6万円

<入会条件>

日本国籍、年齢30歳以上、正会員(在籍3年以上、認印、推薦文要)、面接あり

女性制限あり

<アクセス>

圏央道・相模原ICから18キロ クラブバスあり(橋本駅北口から7:00、7:40、8:30)

<コースの特徴>

1971年8月8日開場

18ホールズの丘陵コースでコースレートは72.0

各ホールはそれ程おおいな起伏がなく、アウトコースは比較的フラット。インコースは多少アップダウンがきつくなり、OBラインも多いが、アウトコース同様にフェアウエイが広いので気にならない、16番は池越えのショートホール。セールスポイントとして、ゴルフダイジェスト社の「」美しい日本のゴルフコース」に掲載された。

<練習場>

200Y 10打席

<プレースタイル>

キャディ付又はセルフ 常用カート

<会員数>

正会員1,330名、平日会員(土可)144名、週日会員(土不可)14名 会員名簿(平成10年発行)

<予約状況>

比較的取り易い メンバー枠:あり

<会員権相場の動向>

1990年に6,400万円を記録。バブル崩壊後には右肩下がりでこの10年間は40~60万円で推移している。2020年から2021年にかけて開場50周年記念募集を総額280万円【入会金110万円、預託金70万円、入会預託金100万円(退会時返還)】で100口募集したが募集開始から1年間で完売された。セールスポイントとしては、現在、入会預託金200万円から100万円に値下げして入会促進キャンペーンを実施中で来年3月まで継続する予定。

 

千葉

船橋カントリークラブ

会員権相場60万円、名義書換料132万円、入会預託金100万円(退会時返還)、年会費5.5万円

<入会条件>

日本国籍、年齢30歳以上、正会員2名(在籍3年以上 認印)、面接あり

女性制限あり

<アクセス>

東関東自動車道・千葉北ICから19キロ クラブバスあり(千葉ニュータウン中央駅北口6:40~9:06迄 6便)

<コースの特徴>

1962年4月20日開場

預託金制のゴルフ場で大昭和製紙のバックアップで建設された。平成18年ビル管理の(株)トーテム傘下に。

18ホールズの林間コースで設計は名匠、富沢誠造。

フェアウエイはフラットながら両サイドから包み込むように背丈の高い松がそびえ立ち、戦略性を高めている。林の樹木が蜜なためティーショットを曲げると脱出に苦労する。全体的に距離が長いホールが多く、コースレートは72.8・グリーンはベントの2グリーン。

<練習場>

220Y 22打席

<プレースタイル>

キャディ付歩行

<会員数>

正会員1,220名、平日会員(土可)627名 会員名簿(平成16年発行)

<予約状況>

比較的取り易い

<会員権相場の動向>

1990年には5,700万円を記録。この10年間は30万円~60万円で推移している。なお、新型コロナによるゴルフブームによる相場の上昇は殆ど見られない。

 

鶴舞カントリークラブ

会員権相場140万円、名義書換料132万円、年会費6.6万円

<入会条件>

国籍制限なし、年齢制限なし、正会員1名の紹介(認印)、面接あり

<アクセス>

圏央道・市原鶴舞ICから2キロ クラブバスあり(五井駅 8:05、8:25)

<コースの特徴>

1971年11月21日開場

預託金制のゴルフ場で経営母体は東急不動産

名匠、井上誠一による36ホールズの林間コースでコースレートは72.8。

セールスポイントとしては、2010年から2015年までに6回、女子レギュラーツアー(サイバーエージェントレディスゴルフトーナメントを開催しており、コース素材はトーナメントコースに耐えうるレイアウトとメンテナンスを誇る。

<練習場>

270Y 25打席

<プレースタイル>

キャディ付又はセルフ 常用カート

<会員数>

正会員2,750名 平日会員(土可)183名、週日会員(土不可)96名 会員名簿(平成11年発行)

<予約状況>

アクティブメンバーが多く、メンバー同伴ビジター(1組)はやや取りずらい。

メンバーフリー枠:あり

<会員権相場の動向>

1990年に約3,800万円で取引された実績あり。この10年間は80万円から115万円前後で取引されているが、新型コロナ特需により現在は140万円前後で取引されている。

 

南総カントリークラブ

会員権相場240万円、名義書換料55万円、年会費2.2万円

<入会条件>

日本国籍、年齢20歳以上、正会員1名(認印)、理事面接あり

<アクセス>

館山自動車道・姉ヶ崎袖ヶ浦ICより8.5キロ クラブバスあり(五井駅東口 7:10、8:05)

<会員数>

正会員1,750名、平日会員(土不可)550名 会員名簿(平成3年発行)

<コースの特徴>

1977年10月1日開場

元熊谷組の経営の預託金制ゴルフ場で預託金の据置期間なしが売りであったが、平成23年に一般社団法人南総カントリークラブへ移行。

発知朗設計の36ホールズで105メートルの丘陵地に造られた丘陵コースで、東コース、西コースともに全体に広々しており、各ホール異なった趣があり、風光明媚なゴルフ場は何度ラウンドしても飽きが来ないと評判。コースレートは72.2(東)、71.1(西)でグリーンはベントワングリーン。

<練習場>

250Y 19打席

<プレースタイル>

東コースはキャディ付歩行、西コースはセルフ乗用カート

<会員数>

正会員1,750名、平日会員(土不可)550名 会員名簿(平成3年発行)

<予約状況>

ビジター同伴も含めて比較的取り易い

メンバー1名なら問題なし

<会員権相場の動向>

1990年には3,800万円前後で取引されていたが、この10年間は2013年の50万円を大底に会員権相場は回復しつつあり、2021年に入ってからは詩型コロナ特需により240万円前後まで回復している。土曜日プレー不可の平日会員権もあるが、買い一色で売りが出ない状況が続いていおり、南総カントリークラブの人気の高さを物語っている。

 

長南カントリークラブ

会員権相場130万円、名義書換料110万円、年会費3.85万円

<入会条件>

日本国籍、年齢制限なし、正会員2名の推薦(1名は譲渡者を推薦者とする)

女性制限あり

<アクセス>

圏央道・茂原長南ICから4キロ クラブバスあり、予約制(五井駅東口より8:25)

<コースの特徴>

1978年10月10日開場

預託金制のゴルフ場で経営母体は京成電鉄系の小湊鉄道。平成7年に18ホールを増設したがそちらは長南パブリックとして独立させた。

安田幸吉設計の18ホールズでコースレートは72。起伏の少ない地形になだらかな自然のうねりをもち、フェアウエイは広いが、戦略性も高く、コースの評判は高い。

<練習場>

300Y 16打席

<プレースタイル>

キャディ付又はセルフ 常用カート

<会員数>

正会員600名 会員名簿(平成10年発行)

<予約状況>

ビジター同伴も含めて比較的取り易い

メンバー1名なら問題なし

<会員権相場の動向>

1990年には3,300万円前後で取引された実績があるが、ここ20年は200万円前後で横ばいで推移している。2013年には大底の57万円になったこともあるが、現在は130万円前後と新型コロナ特需は見受けられない。

 

PGM総成ゴルフクラブ

会員権相場120万円、名義書換料110万円、年会費4.95万円

<入会条件>

国籍制限なし、年齢25歳以上、会員2名(認印・内1名は理事・面接で可)、面接あり

<アクセス>

東関東自動車道・成田ICから5キロ クラブバスあり(成田駅東口 5:40、6:55、7:30、8:10、8:45)

<会員数>

正会員1,019名 平日会員(土不可)52名 会員名簿(平成15年発行)

<コースの特徴>

1964年11月25日開場

預託金制のゴルフ場で前身のセントラル(株)が民事再生を申請し、平成24年に日本土地(株)および子会社のレイクウッドコーポレーションとうする計画案が可決。そのごPGMが買収し、現コース名に変更になった。

コースは名匠、和泉一介の設計で27ホールズの丘陵コースでコースレートは70.9~72.2。

恵まれた自然地形を活かし、松・杉などの樹木や花木に囲まれた自然美があり、池を巧みに

配した調和と変化に富んだ林間コースの趣のあるコースで、メンバーや来場ビジターからのコースやメンテナンスに対する評価は高い。

<練習場>

150Y 15打席

<プレースタイル>

キャディ付歩行又は常用カート

<予約状況>

ビジター同伴を含めて比較的取り易く、メンバー1名なら前の日に電話すれば大抵はどこかに入れる。

<会員権相場の動向>

1990年には6,100万円前後で取引されていた。この10年は100万円前後での取引が多かったが新型コロナによるゴルフブームもあり、2021年7月現在は買い希望ばかりで会員権マーケットに売りモノはない。出てきたとしても120~30万円になると思われる。

 

佐倉カントリー倶楽部

会員権相場120万円、名義書換料143万円、年会費5.5万円

<入会条件>

日本国籍、年齢20歳以上、正会員2名の紹介(3年以上在籍、認印)、面接あり(同伴プレーを行う場合もあり)

<アクセス>

東関東自動車道・佐倉ICから6.5キロ クラブバスなし 京成佐倉駅から400メートル(徒歩5分)

<コースの特徴>

1968年開場の株主会員制ゴルフ場で京成電鉄グループが経営母体。系列コースに藤ヶ谷CC

富澤誠造設計による18ホールズの丘陵コースは林間コースと丘陵コースを織り交ぜたような造りになっている。ドッグレッグ、打ち上げ、打ち下ろし、池後家と変化にとみ戦略性の高いコースレイアウトでコースレートは70.1。

<練習場>

180Y 8打席

<プレースタイル>

キャディ付又はセルフ歩行

<会員数>

正会員1,200名 平日会員0人 会員名簿(平成16年発行)

<予約状況>

比較的取り易い。メンバー1名なら前の日もしくは当日朝の電話でも取れるケースあり。

<会員権相場の動向>

1990年は5,200万円の相場をつけていた。この10年間は130万円前後で推移しており、新型コロナ特需による相場の上昇は見られない。

 

中山カントリークラブ

会員権相場240万円、名義書換料110万円、入会預託金50万円(退会時返還)、年会費5.5万円

<入会条件>

国籍制限なし 年齢25歳以上 会員1名の紹介(2年以上在籍 実印)

<アクセス>

東関東自動車道・千葉北ICから14キロ クラブバス(八予緑ヶ丘駅 6:50、7:30,8:10、8:50、9:30)

<コースの特徴>

1961年9月23日開場 株主会員組織で総武都市グループが建設した。同クラブは(株)中山カントリークラブの単独経営だが、系列コースに武蔵野GC,川越CCがある。また、株券と預託金の2種類の会員権が流通している。コースは広々としたフェアウエイに微妙なアンジュレーションがあり、各ホールは林でセパレートされている。都心から近いのがセールスポイントで電車で行くにも便利で電車賃も安いが、コース素材が良くて都心から近いために予約が取り難いという難点がある。

<練習場>

200Y 20打席

<プレースタイル>

キャディ付乗用カート

<メンバー数>

正会員1,587名 会員名簿(平成12年発行)

<予約状況>

早めの予約が必要。コース素材が良くアクセスも良好で会員数が割と多めなため正直予約に難があるのは事実。

<会員権相場の推移>

中山カントリークラブの会員権相場のピークは1987年で6,800円を付けたことがある。バブル崩壊後は右肩下がりでこの10年間は220~30万円で横ばいで推移ししていたが、2021年からは新型コロナ特需で品薄になり相場は上昇傾向にある。

 

立野クラシックゴルフ倶楽部

会員権相場230万円、名義書換料110万円、年会費3.3万円。

<入会条件>

日本国籍 年齢35歳以上、紹介不要、面接あり

<アクセス>

館山自動車道・市原ICから7.8キロ

<コースの特徴>

1986年10月18日開場 平和濃産工業株式会社の経営で姉ヶ崎CCの増設コースとして建設されて独立し、当初は法人専用接待コースであった。バブル期に造られたゴルフ場でコースは高低差10~12mのフラットな地形に展開し、各ホールも広くのびのびとプレー出来る。アウトコースは6個の池とバンカーが戦略性と景観美を高め、インコースは自然を生かした雄大な林間風で、アウトとインで趣を異にする。クラブハウスはシックでゴージャス。法人接待コースとしてオープンしただけのことはある。

<練習場>

70Y 10打席

<プレースタイル>

キャディ付乗用カート

<メンバー数>

正会員616名 会員名簿(平成13年発行)

<予約状況>

比較的取り易く、メンバー1名なら前の日に電話すればどこかに入れる可能性大。

<会員権相場の推移>

立野クラッシックゴルフ倶楽部の会員権相場は1990年には6,500万円をつけていた。この10年間は200~400万円で推移している。2019年には150万円前後まで下がったことがあるが、すぐに持ち直し、2021年からは新型コロナ特需もあり230万円前後で推移している。

 

鎌ヶ谷カントリークラブ

会員権相場65万円、名義書換料110万円、入会預託金200万円(退会時返還)、年会費5.5万円

<入会条件>

外国籍は外国籍からのみ名義書換可能、年齢20歳以上、正会員1名(在籍3年以上 印鑑証明書添付)

<アクセス>

京葉自動車道・原木ICから9キロ クラブバス(JR西船橋駅 7:00、8:00、9:00)

<コースの特徴>

1961 年10月28日開場 川崎圧延を母体に発足。平成10年ベントワングリーンに全面改造。

平成24年1月にクラブハウスをリニューアルした。フラットな林間コースで27ホールズのコースレート70.5~71.3。幹が細くて丈の高い松に囲まれており、全体的にゆるやかな起伏がある。

フェアウエイが広いので思い切って攻めていけるが曲げたときは松が邪魔になり出すだけになるケースも出てくるので、正確なショットが要求される。

<練習場>

240Y 23打席

<プレースタイル>

キャディ付歩行

<メンバー数>

正会員2,580名 平日(土可)175名、週日(土不可)202名 会員名簿(平成18年発行)

<予約状況>

コース素材が良く都心からのアクセスも近く会員数が割と多めなため早めの予約が必要だが

メンバー1名であれば前の日の予約でどこかに入れる可能性が高い。

<会員権相場の推移>

鎌ヶ谷カントリークラブの会員権の相場のピークは1990年で3,900万円をつけていた。その後、坂道を転がるように下がり、2017年には15万円前後で取引されたこともある。ここに来て、新型コロナ特需により相場が上昇し、2021年7月現在65万円~70万円で取引されている。

 

埼玉県

鳩山カントリークラブ

会員権相場240万円、名義書換料110万円、年会費6.6万円

<入会条件>

日本国籍、年齢25歳以上、会員1名の紹介(印鑑証明書添付)、同伴プレーあり

<アクセス>

関越自動車道・鶴ヶ島ICから10キロ クラブバス(高坂駅西口 6:45、7:15、7:45、8:15、8:45)

<コースの特徴>

1986年10月1日開場 マンション、不動産の大京が高級志向で建設。平成16年に民事再生を申請し、会員主体の『有限会社中間法人鳩山カントリークラブ』となった。

三好徳行と小林光昭設計による18ホールズの丘陵コースはコースレート73.5と攻めごたえ十分で過去、男子プロレギュラーツアートーナメント(ダイワインターナショナル)や日本シニアオープン(他)を幾度も開催し直近では2018年ハンダマッチプレーゴルフ選手権が開催されてている。コースレイアウトは雄大且つ広大でブラインドホールが少なく、大小8個の池が景観美と戦略性を高めている。

<練習場>

2050Y 18打席

<プレースタイル>

キャディ付常用カート

<会員数>

正会員990名 平日会員(土不可)190名(現在、募集中) 会員名簿(平成18年発行)

<予約状況>

ビジター同伴も含めて比較的取り易い

メンバー1名なら問題なし

<会員権相場の動向>

鳩山カントリークラブのゴルフ会員権相場は650万円から最終6,000万円までおこなわれ、あっという間に完売され、相場も1990年には8,300万円を記録していた。この10年間は120~200万円前後で取引されていたが、新型コロナ特需により2021年7月現在、売り買いの中心相場は230~240万円になっている。又、同コースは株券の他に無額面のプレー券もあるが、そちらも発行枚数が少なく、ここのところ会員権マーケットに売りモノが出てこない状況が続いている。

 

東松山カントリークラブ

会員権相場165万円、名義書換料110万円、入会預託金50万円(退会時返還)、年会費7.92万円。

<入会条件>

日本国籍、年齢25歳以上、面接及び同伴プレー

女性制限あり

<アクセス>

関越自動車道・東松山ICから6.8キロ クラブバス(森林公園駅 6:45、7:24、7:58、7:54、8:24、8:55、0:25)

<コースの特徴>

1963年11月3日開場 株主会員権と預託金が市場に流通している

1987年に9ホールの増設し27ホールズになり、翌年には新クラブハウスが完成した。武蔵野の自然を松を巧みに生かした林間丘陵コースで男子ツアートーナメントも開催されており、昭和6昭和62年のマルマンオープンでは倉本昌弘プロが72ホールズ、24アンダーのツあ新記録をマークして話題になった。ゴルフダイジェスト社の「チョイス 日本のベスト100コース」に選出。

<練習場>

200Y 14打席

<プレースタイル>

キャディ付歩行又は常用カート

<会員数宇>

正会員1,786名 平日会員(土曜可)351名 会員名簿(平成17年発行)

<予約状況>

ビジター同伴も含めて取り易い

メンバーフリー枠;メンバータイム10組あり(到着順)

<会員権相場の動向>

東松山カントリークラブの会員権相場は1987年に6,800万円を記録した。2011年には大底の25万円と低迷したが、この5年間は130万円以上で堅調に推移している。また新型コロナ特需をもろに受けており、2021年7月現在の相場は165万円まで回復している。

 

大宮ゴルフコース

会員権相場250万円、名義書換料110万円、年会費3.85万円

<入会条件>

日本国籍者、年齢30歳以上、会員1名の紹介(実印捺印、印鑑証明書添付)、他クラブ在籍証明書

<アクセス>

首都高速・与野ICから11キロ クラブバスあり(桶川駅西口 7:20、7:50、8:15、8:40、9:10)

<コースの特徴>

1959年11月1日開場 預託金制でセミパブリックながら浅見緑蔵設計による18ホールズの林間コースは都心からのアクセスも良く、一流コースの風格がある。会員数も少なく予約が取り易く、メンバータイムもあり、メンバー1名であれば当日予約なし(飛び入り参加)でプレーが可能。競技会も月例杯、理所長杯、クラブ選手権と充実したメンバーライフが約束されているが。他クラブに在籍していることが入会条件にあり、初めての会員権購入には適さないゴルフ場。

<練習場>

230Y 20打席

<プレースタイル>

キャディ付歩行

<会員数>

正会員400名 平日会員37名 会員名簿(平成17年発行)

<予約状況>

メンバーフリータイムあり(メンバー1名なら予約不要)

ビジター同伴も取り易い

<会員権相場の動向>

大宮ゴルフコースのゴルフ会員権相場は、1991年には2,630万円をつけていたが、その後右肩下がりになり2016年には82万円まで下げた。昨今は新型コロナ特需により250万円前後まで相場を回復している。

 

東都埼玉カントリー倶楽部

会員権相場300万円、名義書換料27.5万円、年会費3.3蔓延

<入会条件>

日本国籍者、年齢33歳以上、正会員2名の紹介(年会費完納者)、コースにて面接あり

<アクセス>

関越自動車道・花園ICから41キロ  クラブバス予約制(平日:8:20、土日・祝日:8:25)

<コースの特徴>

1989年4月1日開場の預託金制のゴルフ場で経営母体は多イクシー大手の東都自動車

預託金の償還に対応しおり、真面目で堅実な経営姿勢。

18ホールズの丘陵コースはコースレート未査定ながら女子ゴルフトーナメント(東都自動車レディース)の開催をおこなった時期もあり、丘陵地ながら各ホールは概ねフラットに仕上がっており、IP地点も広く、思い切ったティーショットが堪能できる。また、各ショットともライに微妙な変化があり、正確無比なショットが求められ面白い。

<練習場>

30Y 11打席

<プレースタイル>

キャディ付歩行又は乗用カート

<会員数>

正会員216名、平日会員(土不可)193名 会員名簿(平成7年発行)

<予約状況>

取り易い。土日・祝日はメンバータイムがあり、メンバー1名なら予約不要

<会員権相場の動向>

バブル期に比較的高額で募集して1,200名のメンバーを集めた。会員権相場は1990年には2,050万円をつけていたが、この20年間は300万円前後で安定して推移している。退会を前提に預託金の額面を償還しているため、現在の会員数は260名と少なく、預託金の額面以下の安い売りモノは会員権マーケットには出てこない。

 

高坂カントリークラブ

会員権相場70万円、名義書換料132万円、入会預託金100万円(退会時返還)、年会費8.8万円。

<入会条件>

日本国籍、年齢制限なし、会員1名の紹介(認印・会員種別不問・在籍3年以上)、面接とウエルカムラウンド(理事・委員)あり、女性制限あり

<アクセス>

関越自動車道・鶴ヶ島ICから9キロ クラブバス(高坂駅西口 6:24~9:26 主な下り急行電車に接続して運行)

<コースの特徴>

1958年11月9日開場の預託金制ゴルフ場で、住友グループや鹿島建設となって発足された。

富澤誠造設計による36ホールズの丘陵コースは起伏が少なく大きなうねりで戦略性を高めている。コースレートは米山コース72.7、岩殿コース71.5。

<練習場>

200Y 30打席

<プレースタイル>

キャディ付カート

<会員数>

正会員1,950名 平日会員(土不可)181名(現在、募集中) 会員名簿(平成17年発行)

<予約状況>

ビジター同伴、メンバー1名ともに比較的取り易い。

<会員権相場の動向>

高坂カントリークラブのゴルフ会員権相場は、1990年には8,000万円を記録したが、その後右肩下がりで下がっており、2019年には49万円まで下げていた。しかしながら新型コロナ特需の恩恵もあり、現在は70万円前後で取引されている。

 

高麗川カントリークラブ

会員権相場200万円、名義書換料110蔓延、年会費5.5万円

<入会条件>

日本国籍、年齢制限20歳以上、正会員2名紹介(平日は平日会員可 認印)

<アクセス>

関越自動車道・鶴ヶ島ICから10キロ クラブバス(飯能駅 7:35、8:35、高麗川駅7:50、8:50)

<コースの特徴>

1972年10月1日開場 旧埼玉銀行系列で発足された預託金制ゴルフ場。平成4年に新クラブハウスが完成。平成10年の追加募集から女性も入会可能になった。安田幸吉設計の18ホールズの丘陵コースはコースレート72でアウトコースが林を切り開いて造られたのの対し、インコースは山を削って造られている。各ホールともフェアウエイが広く戦略性に富み飽きの来ない設計になっている。

<練習場>

300Y 18打席

<プレースタイル>

キャディ付乗用カート

<会員数>

正会員1,261名 平日会員(土不可)277名 会員名簿(平成18年発行)

<予約状況>

ビジター同伴、メンバー1名共に比較的取り易い

<会員権相場の動向>

高麗川カントリークラブの会員権相場のピークは1990年の5,600万円。この10年間は150万円から200万円の間で推移していた。20115年には90万円まで下がったが直ぐに持ち直した。2021年に入ってからは新型コロナ特需で会員権の中心相場は200万円前後で推移している。

 

飯能グリーンカントリークラブ

会員権相場170万円、名義書換料110万円、年会費5.28万円

<入会条件>

日本国籍、年齢25歳以上、会員1名の紹介(在籍1年以上 実印捺印)、他クラブ在籍証明(ない場合には事前審査可で約1ヵ月を要す)

<アクセス>

圏央道・青梅ICから14キロ クラブバス(飯能駅南口 7:10、7:45、8:25、9:00、9:30)

<コースの特徴>

1988年10月13日開場 フジタ工業、足利銀行の協力で建設。募集は社員は取引先を主な対象に特別縁故1,200万円、1,600万円をおこない最終募集は3,000万円だった。平成16年に経営会社が民事再生法を申請後、間接株主会員制で運営されている。なだらかな丘陵地に展開する18ホールズはフジタ工業の設計だがコースレート71.2で各ホールはフェアウエイが広くのびのびとしたプレーを楽しめる。池などのハザードが美しい景観を高めており、都心からのアクセスも良いため、法人接待にも使える。

<練習場>

240Y 20打席

<プレースタイル>

キャディ付乗用カート

<会員数>

正会員980名 平日会員(土不可)340名 会員名簿(平成20年発行)

<予約状況>

ビジター同伴、メンバー1名ともに比較的取り易い

<会員権相場の動向>

飯能グリーンカントリークラブの会員権相場は、名義書換を開始した1993年には2,500万円前後の相場をつけていたが、バブル崩壊とともに相場が急落し、2005年には38万円の大底を京成したがその後、持ち直し、ここ10年間は90~120万円で推移していた。2021年に入ってからは新型コロナ特需により中心相場170万円まで回復し、堅調に推移している。

 

石坂ゴルフ倶楽部

会員権相場50万円、名義書換料220万円、年会費7.08万円

<入会条件>

日本国籍 年齢35歳以上、面接あり

<アクセス>

関越自動車道・鶴ヶ島ICから8キロ

<コースの特徴>

1993年9月25日開場 大日本土木グループで発足。平成14年、親会社の大日本土木(株)が民事再生法を申請。同年、7月俱楽部経営の(株)鳩山スポーツも民事再生を申請したことから現在は中間間接法人として運営がなされている。丘陵地に展開する18ホールズのコースで

フラットな地形を生かし、池などのハザードを多く配置し非常に美しいレイアjとになっており、法人接待コースとしても使える。

<練習場>

250Y 15打席

<プレースタイル>

キャディ付乗用カート

<会員数>

正会員1,056名 平日会員(土不可)17名 会員名簿(平成15年発行)

<予約状況>

ビジター同伴、メンバー1名ともに比較的取り易い

<会員権相場の動向>

石坂ゴルフ倶楽部のゴルフ会員権相場は名義書換後の1997年には2,900万円をつけていたが、バブル崩壊とともに会員権相場は下落を始め、この10年間は50万円前後で推移していた。最も相場が低迷したのは2017年で19万円にまで落ち込んでいたが、ここのところは新型コロナ特需で売りモノが少ない。

 

KOSHIGAYA GOLF CLUB

会員権相場210万円、名義書換料27.5万円、年会費1.32万円

<入会条件>

国籍制限なし、年齢制限なし、会員1名の紹介(認印、居ない場合はコースへ相談)、支配人面接あり

<アクセス>

常磐自動車道・三郷ICから8キロ クラブバス(吉川駅 6:00、6:45、7:30、10:15 時期より異なる)

<コースの特徴>

1965年12月12日開場 TBS越谷GCとして発足後、昭和54年に太陽緑化グループ系列に移行。平成3年にクラブハウスを新築したが、平成16年に大洋緑化が会社更生法を申請。平成17年にPGMグループをスポンサーとする計画案が認可。河川敷コースながらなぜか会員権の人気が高い。広々としたフェアウエイが江戸川沿いに展開する36ホールズでフェアウエイにはうねりや多少の起伏もありボールのライに変化を持たせている。クラブハウスがお洒落(トロピカルなイメージ)で店内のプロショップも充実している。また、P-CAP制度により他のPGMのゴルフ場が準メンバーフィーでプレ―で出来たり、フィットネスクラブの割引などの特典もある。

<練習場>

180Y 20打席

<プレースタイル>

セルフ乗用カート

<会員数>

正会員196名 平日会員(土可)200名 会員名簿(発行済)

<予約状況>

セミパブリックでビジターも予約できるため早めの予約が必要

<会員権相場の推移>

KOSHIGAYAの会員権相場のピークは1992年の350万円と差ほど高くはないが、2005年の16万円を除いては河川敷のコースとしては破格の100万円以上で取引されている。会員数が少ないことから売りが出難いために高値をキープしていると考えられるが、2021年に入ってからは新型コロナ特需で相場は200万円を超えている。年会費が安いことも売りモノが出ない要因のひとつかもしれない。

 

茨城県

大洗ゴルフ倶楽部

会員権相場130万円、名義書換料165万円、入会預託金15万円(退会時返還)、年会費8.8万円。

<入会条件>

日本国籍 年齢制限20歳以上、会員2名の紹介(在籍10年以上 登録印捺印)、面接・同伴プレーあり

<アクセス>

北関東自動車道・水戸大洗ICから7キロ クラブバス(大洗駅 8:45、9:30) タクシー水戸駅から30分(約5,000円)

<コースの特徴>

1953年10月25日開場 地元企業や県下出身財界人が集まった株主会員制のゴルフ場で井上誠一設計の太平洋を一望する大洗海岸に沿って造られたシーサイドコースでコースレート74.4と日本屈指の難コース。自生する松林を活かしており飛距離が求められるだけでなく、スコアメイクには様々なテクニックが要求される。男子メジャー大会の日本プロゴルフ選手権や関東プロのほか、三菱ギャラントーナメントなど数々のトーナメントを開催しており、ゴルフ場の知名度は高く、法人接待コースとしても使え、宿泊施設(ロッジ)も完備されている。

<練習場>

250Y 20打席

<プレースタイル>

キャディ付歩行

<会員数>

正会員1,560名 会員名簿(毎年発行)

<予約状況>

比較的取り易い

<会員権相場の動向>

大洗ゴルフ倶楽部のゴルフ会員権相場は1990年には4,600万円をつけていた。この10年間は250~450万円で推移しており、現在の相場(130万円前後)は底値圏にへの突入となっている。コースが難しく、都心からのアクセスも遠いことに加え、入会条件が厳しいいことが相場低迷の要因と考えられる。

 

取手国際ゴルフ俱楽部

会員権相場55万円、名義書換料110万円、入会預託金200万円(退会時返還)、年会費6.6万円 ※入会預託金は退会後6ヵ月後に返還される。

<入会条件>

外国籍は外国籍からのみ 年齢制限なし 正会員2名の紹介(印鑑証明書添付)

<アクセス>

常磐自動車道・谷和原ICから9キロ クラブバス(みらい平駅 7:02、7:30、8:01、8:31、9:00、9:31)

<コースの特徴>

1958年8月23日開場で経営は東日本パークグループ。系列コースの河川敷の利根パークゴルフ場がある。フラットな地形に展開する36ホールズの林間コースでコースレートは西コース71.1、東コース72.3。西コースは距離もたっぷりあり、長打も必要。全体的に池の絡むホールなど、風光明媚で美しいホールで構成されている。都心からのアクセスも良く、会員権相場が低迷している理由が不明。強いていえば入会預託金(200万円)の返還に6ヵ月かかることが嫌気されている可能性は否めない。

<練習場>

250Y 17打席

<プレースタイル>

セルフ乗用カート又はキャディ付歩行

<会員数>

正会員2,566名

<予約状況>

比較的取り易い

<会員権相場の動向>

取手国際ゴルフ倶楽部の会員権相場は1990年には5,150万円で取引されていた。その後、右肩下がりで相場が下がり、2010年から2015年にかけては150万円前後で取引されていたが、2019年には46万円前後まで下がり、現在も新型コロナ特需はなく55万円前後で取引されている。

 

猿島カントリー倶楽部

会員権相場220万円、名義書換料110万円、年会費3.96万円

<入会条件>

国籍市制限なし、年齢制限なし、紹介者不要、面接あり

<アクセス>

圏央道・境古河ICから6キロ クラブバスなし タクシー古川駅から約30分(4,500円前後)

<コースの特徴>

1998年11月3日開場で経営母体は東急不動産。

18ホールズの林間コースでコースレイトは73.4と本格的な造り。フラットな地形でバンカーや池などのハザードが随所に配置されコースの景観を高めている。クラブハウスは関東では珍しく平屋造り。

<練習場>

100Y 9打席

<プレースタイル>

キャディ付又はセルフ 乗用カート

<会員数>

正会員850名 会員名簿(未発行)

<予約状況>

会員数が少ないこともあり比較的、取り易い

<会員権相場の動向>

猿島カントリー倶楽部の会員権相場は2009年のリーマンショック後に開始されたが120万円からスタートし、2016年にかけて右肩上がりとなり200万円つけたことがある。その後、145万円前後まで下がったが、現在は持ち直し新型コロナ特需もあり220万円前後で取引されている。

 

栃木県

小山ゴルフクラブ

会員権相場120万円、名義書換料110万円、年会費7.92万円

<入会条件>

日本国籍、年齢30歳以上、正会員2名の紹介(認印)

<アクセス>

東北自動車道・佐野・藤岡ICから20キロ クラブバス(小山駅西口 7:10、7:40、8:20、9:00)

<コースの特徴>

1960年11月3日開場 日立グループが中心となって建設された株主会員制クラブ。桜の古木が多いことが自慢。栃木県下では最高峰の名門コースで法人接待にむ使われている。

間野貞吉設計の18ホールズの本格的林間コースでコースレートは71.9。アウトコースは飛ばしよりも正確なショットが要求されるがゆるやかなアンジュレーションに桜並木や梅林、竹林、思い川の清流、果実の連なりなどあり、プレーヤーの心を和ませてくれる。インコースは一見易しそうに見えるが戦略的な造りとなっており安易なプレーは許されない。

<練習場>

220Y 10打席

<プレースタイル>

キャディ付歩行

<会員数>

正会員915名、週日会員(土不可)180名 会員名簿(平成16年発行)

<予約状況>

ビジター同伴、メンバー一人ともに取り易い

<会員権相場の動向>

小山ゴルフクラブの相場のピークは1990年の8,000万円で億カンに迫る勢いで相場が騰がっていった。バブル崩壊後は急坂坂を転げ落ちるように相場が下がり、この10年でも400万円から現在の相場まで下がっており新型コロナ特需の恩恵も見受けられず買い希望者は50万円と低い指値となっている。

 

静岡県

朝霧ジャンボリーゴルフクラブ

会員権相場165万円、名義書換料110万円、年会費3.3万円

<入会条件>

日本国籍 年齢制限なし 会員2名の紹介(印鑑証明書添付)、面接あり

法人は法人会員からのみ名義書換可能(個人会員は個人のみへ名義書換可能)

<アクセス>

中将自動車道・河口湖ICから30キロ クラブバス(10名以上の予約で新富士駅から、タクシー約40分(予約割引あり)

<コースの特徴>

1975年4月29日開場の預託金制ゴルフ場。冨士山の庭つづきに造られた富士コースを中心に南側に駿河コース、北川に甲斐コースを配した27ホールズの素晴らしい景観の丘陵コースで用地面積は110万㎡と広々していおり、法人接待にも使える。コースレートは甲斐・駿河73.2、富士・甲斐72.6、駿河・富士72.2。

<練習場>

300Y 24打席

<プレースタイル>

キャディ付又はセルフ 乗用カート

<メンバー数>

正会員689名 平日会員(土不可)173名

<予約状況>

ビジター同伴、メンバー1名ともに取り易い

<会員権相場の動向>

ピークは1990年で9,400万円と億カンともいって過言でないほど相場が急騰していた。その後、下落の一途を辿り、現在も新型コロナ特需の恩恵もなく底値圏で推移している。ただ、買い希望135万円に対して売り希望者がいないため、売りが出てくれば売り手は200万円以上を主張する可能性がある。

 

士小山カントリークラブ

会員権相場165万円、名義書換料110万円、年会費6.6万円

<入会条件>

国籍制限なし 年齢18歳以上 会員1名および理事又は監事1名の紹介(登録印)、面接あり

<アクセス>

東名高速・御殿場ICから13キロ クラブバス(駿河駅 7:50、8:10、8:35、9:15 土日・祝日のみ)

<コースの特徴>

1962年4月1日開場 小田急電鉄系のゴルフ場として建設され株主会員と預託金制会員の両方が存在する。中村寅吉設計の18ホールズの丘陵コースは全体的に距離が長くタフなホ0ルが多い。隣接するホールとホールの間にたっぷりと距離をとっており、各ホールは自然林でセパレートされている。殆どがティグラウンドからグリーンまで見渡せるストレートなホールが多いが、バンカー、池、立木などのハザードが効果的に配置され戦略性を伴った造りとなっている。

<練習場>

280Y 18打席

<プレースタイル>

キャディ付乗用カート

<会員数>

正会員1,489名 平日会員(土不可)144名 会員名簿(平成7年10月発行)

<予約状況>

比較的取り易いがトップシーズンは早めの予約が必要

<会員権相場の推移>

富士小山ゴルフクラブの会員権相場のピークは1990年で6,300万円を付けていた。この10年間は100万円前後で推移していたが2021年に入り新型コロナ特需により会員権相場は165万円前後と上昇傾向を示しており、買い希望が多く売りモノが少ない。

 

伊豆大仁カントリークラブ

会員権相場160万円、名義書換料110万円、年会費3.96万円

<入会条件>

原則日本国籍 年齢制限なし 会員2名の紹介(在籍3年以上・実印捺印)、面接あり

<コースの特徴>

1976年6月19日開場 親会社は伊藤忠商事。このため会員も伊藤忠系に人が多く、メンバーの質は高い。コースは和泉一介設計の27ホールズで箱根コース、富士コース、天城コースのコースレートは72.2~72.3。冨士山を仰ぎ天城連山を望む風光明媚な丘陵地に展開し、伊豆山中ながらアップダウンが少なく、各コースともフラットでゆるやかな打ち上げホールが1つか2つある程度でフェアウエイも平均40~60メートルと広い。但し、フェアウエイバンカーが要所を締めているので注意が必要。全体的に距離が短いので法人接待コースとしても使える。

<練習場>

250Y 14打席

<プレースタイル>

キャディ付又はセフル 乗用カート

<メンバー数>

正会員747名 会員名簿(毎年発行)

<予約状況>

ビジター同伴、メンバー1名とも取り易い

<会員権相場の推移>

伊豆大仁カントリークラブの相場のピークは1990年で4,650万円前後で取引されていた。この15年相場は横ばいで推移しておりボトムは2013年の80万円。現在は新型コロナ特需の恩恵もあり、買い希望が多く、売りモノが少ないが売り出れば165万円前後で取引が成立すると思われる。

 

浜名湖カントリークラブ

会員権相場180万円、名義書換料110万円、年会費3.96万円

<入会条件>

日本国籍 年齢制限なし 正会員1名、理事又は役員1名(面接時同席)、面接あり(推薦者同伴)

<アクセス>

東名高速道路・三ヶ日ICから21キロ

<コースの特徴>

1961年10月1日開場 株主会員制のゴルフ場

安田幸吉設計の27ホールズ(浜名湖コース、中コース、潮見コース)はフェアウエイは広くフラットだが、グリーンに起伏がありパッティングに苦労する。コースレートはいずれも71.5~71.7。潮見コースは池が億緩いアップダウンのフェアウエイとアプローチが打ち上げになるグリーンで背の高い松林に囲まれた林間コース。グリーンはベントワングリーン。

<練習場>

220Y 18打席

<プレースタイル>

キャディ付乗用カート

<会員数>

正会員1,031名 会員名簿(平成9年5月発行)

<予約状況>

季節によって異なるが全体的に取り易い。

<相場動向>

浜名湖カントリークラブの相場のピークは1990年で5,600万円。ここ10年間はほぼ横ばい(200万円台)で推移している。買い手の希望金額が120万円と低い為、相場は新型コロナ禍でも上昇する気配は見られない。

 

中伊豆グリーンクラブ

会員権相場140万円、名義書換料110万円、年会費3.3万円

<入会条件>

日本国籍 年齢25歳以上、会員2名の紹介、他クラブ在籍、面接あり

<アクセス>

小田原厚木道路・小田原西ICから65キロ クラブバス(伊東駅7:00、8:00、8:25 南伊東駅9:00)

<コースの特徴>

1990年10月30日開場 神奈川県を地盤にする神奈川中央交通(小田急グループ)初のゴルフ場。広々とした中にゆるやかなアンジュレーションがあり個性的な18ホールズが展開する。戦略性もあり飽きの来ない造りとなっている。

<練習場>

200Y 12打席

<プレースタイル>

キャディ付又はセルフ乗用カート

<メンバー数>

正会員592名 会員名簿(平成5年発行)

<予約状況>

予約はビジター同伴、メンバー1名共に取り易い

<会員権相場の推移>

開場から10年を経た2000年に名義書換を開始し、会員権相場は570万円前後でスタートしたが、2001年には840万円に値上がりした。その後2003年にかけて急落したが、持ち直し暫くの間は400万円前後で推移していたが、この10年間は200万円前後での推移となっている。新型コロナ特需は今のところ見られない。

 

 

 

 

 

総額500万円台以下のコース

2021年6月17日 木曜日

こちらにご紹介するのは総額500万円台以下でメンバーになれる名門ゴルフ場です。これらのコースはステータス性も高いので、資金に余裕のあるゴルファーや法人は是非、これらのゴルフ場の会員権の購入をご検討されることをおススメします。以下の11コースはどこも有名な名門(もしくは準名門)ゴルフ場ですので、会員権の購入に踏み切っても後悔のないコースです。

神奈川県 (ゴルフ場名をクリックするとコースガイドが表示されます)

葉山国際カンツリー倶楽部

埼玉県 (ゴルフ場名をクリックするとコースガイドが表示されます)

日高カントリークラブ

飯能ゴルフクラブ

千葉 (ゴルフ場名をクリックするとコースガイドが表示されます)

藤ヶ谷カントリークラブ

成田ゴルフ倶楽部

総武カントリークラブ

浜野ゴルフクラブ

茨城県 (ゴルフ場名をクリックするとコースガイドが表示されます)

筑波カントリークラブ

龍ヶ崎カントリー倶楽部

山梨県 (ゴルフ場名をクリックするとコースガイドが表示されます)

メイブルポイントゴルフクラブ

長野県 (ゴルフ場名をクリックするとコースガイドが表示されます)

大浅間ゴルフクラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名門コース

2021年6月17日 木曜日
ゴルファーである以上、名門コースのメンバーになりたい方は多いかと思います。以下にご紹介するゴルフ場(会員権)は名門や超名門コースとなります。その殆どがネットで予約不可能なコースで、仮にネットやその他の方法でビジターで予約出来たとしてもプレーフィーが高額なコースをピックアップしました。資金に余裕のある方は名門コースのメンバーになってもゴルフの神様のバチは当たらないと思います。

 

▼東京都の名門コース

▼神奈川の名門コース

▼埼玉県の名門コース

▼千葉県の名門コース

▼茨城県の名門コース

▼栃木県の名門コース

▼静岡県の名門コース

▼山梨県の名門コース

▼長野県の名門コース

 

東京

小金井カントリー倶楽部

1937年(約85年前)に開場した日本で一番歴史があり、ゴルフ会員権相場が高いプライスリーダー的ゴルフ場。金井の市内に位置するゴルフをやらない人でも知っている門コース。メンバーは財界・政界や一部上場企業の経営者などが多く、法人での入会は不可。入会条件がかなり厳しいため、会員権の購入には慎重を期する。バブル期には5億円の相場をつけたコースで、現在でも3,800万円前後で推移しており、バブル期からの相場の下落は約1/10程度に止まっている。コースは外国人設計家(W・ヘーゲン)の設計で、高低差がなく、真っ平で公園を散歩しているかのような錯覚に陥る。名義書換料だけでも1,650万円、その他、年会費も33万円と高く、一般ゴルファーには高値の花的な超名門ゴルフ場。

 

東京よみうりカントリークラブ

男子プロゴルフトーナメント(日本シリーズJTカップ;前年度の覇者、その年の賞金上位15名、トーナメント優勝者だけが参加し、その年の日本一の男子プロを決定するメジャー大会の最終戦)の舞台となるゴルフ場で17番ホールのパー5はどのプロも2オン(イーグル)を果敢に狙っていくホール、最終18番は224ヤードでグリーンを外すと難しいアプローチが残りパーをセーブするのは容易ではないホールで毎年TV中継されているので知る人の多いゴルフ場で法人接待にも使える。経営母体は(株)よみうりランド。会員権相場は1,000万円前後だが、名義書換料330万円と入会預託金500万円(退会時返還)が入会時には必要。入会条件に年齢制限35歳以上があるため、メンバーの齢層が高く、落ち着きのある雰囲気のある超名門コース。年会費7.7万円はコースグレードの割には安価。

 

桜ケ丘カントリークラブ

経営母体は京王電鉄系。1960年開場以来、堅実な経営がおこなわれている。名匠、赤星四郎設計の都心から近い多摩丘陵に展開する18ホールズのゴルフ場で名門コースながら堅苦しい雰囲気がなく、会員権相場800万円前後の他に名義書換料330万円と入会預託金300万円(退会時返還)を入れても総額1,500万円でおさまるので予算に余裕のあるゴルファーは会員権の購入を検討されたい。ビジターフィーは土日・祝日は4万円以上ご高額なため、会員権購入のメリットは大きいが、入会条件が法人入会の場合には東証一部上場企業もしくは準ずる企業があり、メンバーの質が高い名門コース。年会費も5.5万円と比較的リーズナブルなため、会員権のニーズは常に高い傾向にある。

 

府中カントリークラブ

多摩丘陵の地形を出来るだけ残した名匠、富沢誠造設計の戦略性の高いゴルフ場で、茨城GC(茨城県の名門コース)、札幌国際CC(北海道)と提携している。1959年開場の名門コースで、会員名簿を2年に1回発行してきた。都心から近く、会員形態は株主会員制。以前は他倶楽部在籍が必須条件であったが、数年前に他倶楽部在籍がない場合には理事との同伴プレーで入会審査をしてもらえるようになり、さらに平成31年1月より入会預託金を300万円から200万円に減額したこともあり、一時250万円前後まで下がっていたゴルフ会員権相場は、現在560万円前後と低迷時の倍になっている。年会費も8.8万円とコースグレードの割にリーズナブルで、富裕層を主体に人気の高い東京に位置する名門コース。

 

八王子カントリークラブ

1990年には約1億円の相場をつけていた名門コース。2013年頃には55万円前後まで会員権相場は低迷していたがが、ここのところ急激に相場を戻しており、2021年7月現在、売り買いの中心相場は240万円となっている。名義書換料220万円と入会預託金200万円(退会時返還)がかかるが、総額700万円で入会が可能なため、東京の名門コースのメンバーになりたいゴルファーにはおススメ。運営形態は株主制で透明性の高い運営がなされている。入会条件も年齢制限25歳以上と比較的緩めで、年会費8.8万円は許容範囲。

 

多摩カントリークラブ

1962年開場の安田幸吉設計による戦略的レイアウトの丘陵コース(18ホールズ)。名義書換料が330万円かかるが入会預託金がない貴重な名門コースで会員数は正会員1,000名と少なめなため、予約が取り易い。また、入会条件は在籍3年以上の会員1名の紹介(実印捺印)、30歳以上と緩め。年会費5.5万円とリーズナブルで都心からのアクセスも良いため、ゴルフ会員権の人気が高く、会員権マーケットはここのところ品薄状態で売り希望が少なく、買いが多くなっている。

神奈川県

磯子カンツリークラブ

横浜横須賀道路・港南台ICから僅か1キロに位置する都心からのアクセスの良いゴルフ場。コースは1960年開場のやや距離の短めの丘陵コースだが、会員数が1,150名と少なめ、入会条件も会員2名の紹介(うち1名は理事)で認印でOKと条件が緩いことに加え、年会費が13,200円と名門コースとしては破格に安いことなどから、横浜方面や東京の城南エリアの富裕層ゴルファーに人気が高いコースで会員権相場は2,000万円前後と高値で堅調に推移しており、バブル期こそ9,300億円と億カンに届かなかったものの、2002年の大底でも会員権相場は1,000万円以上をキープしていた。名義書換料220万円のほかに入会預託金500万円(退会時返還)が必要なため、総予算は2,700万円前後が必要。同コースは平日会員権(土曜日プレー可)も人気だが会員数が168名しかいないため、滅多に市場に売りモノが出てこない。

 

戸塚カントリ―倶楽部

神奈川県の名門中の名門コースでコースグレードは高い。バブル期には1億7,200万円の相場をつけていた。2013年には1,150万円前後まで落ち込んだ時期もあったが、現在、売り買いの中心相場は1,500万円前後で推移している。入会金330万円のほかに入会預託金500万円(退会時返還)が必要なため会員権購入に際しては総額2,400万円前後が必要になる。36ホールズの大型ゴルフ場で、18ホールズは名匠、井上誠一の設計で、男子プロ(メジャー大会の日本オープン、日本プロマッチプレー、関東プロ)や女子プロトーナメント(資生堂レディスオープン)も開催されており、難易度の高さは日本でも有数でコースレーとイトは西コース(井上誠一設計)は74.5を誇る。アクセスも横浜新道・川上ICから3キロ(約5分)と優れており、法人接待コースとしても利用されている。経営形態は預託金制ながら理事会がすべての権限をもち運営されている。入会条件が正会員3名(在籍5年以上、年間2回限り)、理事又は監事1名の紹介が必要であり、他倶楽部在籍(2年以上、JGA加盟クラブ)、年齢制限35歳以上と非常にステータスの高い超名門コース。

 

相模原ゴルフクラブ

1957年開場でバブル期には2億1,500万円の会員権相場をつけていた神奈川県を代表する株主会員制の名門コースで、よみうり巨人軍の原辰徳監督のホームコースとして有名。2019年には220万円まで会員権相場が低迷していたが、入会条件から他倶楽部在籍を撤廃したことや新型コロナ禍のゴルフブームにより会員権相場が急騰し、2021年7月現在、会員権の売り買いの中心相場は900万円となっている。36ホールズの本格的林間コースで、2021年は男子ゴルフトーナメントのアジアパシフィックダイヤモンドカップが開催された。品格を重んじているゴルフ場で、入会にあたっては会員1名(在籍3年以上の連帯保証人)と年齢制限35歳以上があるが国籍制限はない。名義書換料330万円のほかに入会預託金600万円(退会時返還)が必要なため、総額1,900万円前後が必要になる超名門コース。

 

横浜カントリークラブ

1960年開場の36ホールズの大型ゴルフ場でコース形態は丘陵コース。西コースでは日本オープン、関東オープンなどの男子メジャートーナメントや日本女子オープン(女子メジャー大会)が開催された実績を誇る。横浜新道・今井ICから僅か1キロとアクセスが良いが、入会金440万円の他に入会預託金600万円(退会時返還)が重石となり、バブル期に9,000万円していた会員権相場は2018~19年には45万円前後まで低迷していた。2021年7月現在は売り希望160万円に対して買い希望90万円で推移している。会員権相場は低いものの、年会費13.2万円が効いており、横浜や東京の城南エリアの富裕層ゴルファー中心の会員構成となっている。名義書換料と入会預託金で1,000万円以上かかるコースのため、名門コースながら会員権相場は冴えない。

 

厚木国際カントリー倶楽部

1959年開場の36ホールズの大型ゴルフ場。厚木市郊外の丘陵南斜面にあり大山や丹沢連峰をバックにした眺望は素晴らしい。西コースは距離もありフラットでダイナミックがゴルフが楽しめる。36ホールズで会員数が1,230名しかいないため、市場に売りモノが出難く、相場が常に強含みで展開しており、ゴルフ場のホスピタリティが高くメンバーの満足度

は高い。年会費5.5万円はリーズナブルで名義書換料も110万円に抑えている。バブル期には1億2,000万円つけていた名門コースで、平成26年から5年半かけて東コースをクローズドして大幅リニューアルに着手、令和2年にインコースの改修が完工し、27ホールズ営業を開始した。また、アウトコースも2019年にリニューアルを終えて現在は36ホールズで営業を再開している。法人接待にも使えるコースとして利用価値の高い名門コース。

 

箱根カントリー倶楽部

1954年開場の歴史を誇る株主会員制ゴルフ場。東名高速・御殿場ICから16キロと静岡よりの神奈川に展開する名匠、赤星四郎設計のフラットな林間コースで箱根の別荘族に人気がある。平成14年に女子メジャー大会の日本女子オープンゴルフ選手権、平成15年には日本シニアゴルフ選手権が開催された。バブル期には1億5,000万円の会員権相場をつけていたが、昨今は売り買いの中心相場100万円前後と低迷している。その要因としては名義書換料275万円のほかに600万円の入会預託金(退会時返還)が必要なことに加え、年会費が17.6万円と高額な点や入会条件にJGA加盟倶楽部の正会員(ハンディキャップ取得者)が買い意欲を損ねている。従って入会出来るゴルファーは同コースをセカンドコースとして利用する富裕層ゴルファーに限定されてくるが、名門コースであることに変わりはない。

 

本厚木カントリークラブ

1962年に開場した三菱電機、安川電機など重電気業界の財界人が集まり発足した株主制ゴルフクラブ。名匠、赤星四郎設計の丘陵コースで戦略的なコースレイアウトになっている。会員数が正会員1,000名と少なく、予約が取り易いため、法人接待にも利用可能。

名義書換料220万円はそこそこの価格だが、年会費が2.2万円とリーズナブルなため、会員権は底堅い需要がある。バブル期には8,600万円していたゴルフ場で2013年の600万円から相場は横ばいで推移しており、昨今の新型コロナによりゴルフブームの影響はあまり受けていない。総額830万円前後で会員権の購入が可能な名門コースのため、幅広い層に根強い人気がある。

 

平塚富士見カントリークラブ

神奈川県の法人接待コースとして有名な『レイクウッドゴルフクラブ』の姉妹コースで経営は(株)レイクウッドコーポレーション。その他の姉妹コースとして、『レイクウッドゴルフクラブ サンパーク明野コース(山梨県)』がある。1962年開場の36ホールズの丘陵コースは老若男女を問わず人気が高い。アクセスは東名高速・秦野中井ICから5キロとインターから近く、神奈川や東京の城南エリア在住のゴルファーに高い支持を得ている。入会条件は年齢制限30歳以上、正会員2名(認印)だけで初めて会員権を購入する方で名門コースのメンバーになりたいゴルファーにおススメ。ゴルフ会員権相場はバブル期に9,400万円をつけた後、右肩下がりになり2017年には360万円に下がっていたが、ここのところの会員権ブームにより、昨今は中心相場600万円に回復している、名義書換料187万円はコースグレードからは致し方なし、年会費5.5万円も妥当。

 

埼玉県

武蔵カントリークラブ

1959年開場で名匠、井上誠一設計の超名門コース。36ホールズの大型ゴルフ場で豊岡コース(18ホールズ)と笹井コース(18ホールズ)はクラブハウス別建てで全く違う場所に展開している。バブル期には1億5,000万円していたいわゆる億カンであり、コースレートも

豊岡コース73.9、笹井コースは74.2を誇る。2009年に豊岡コースで開催された男子メジャー大会の日本オープンゴルフ選手権では、当時人気の頂点だった石川遼選手がバンカーショットを打とうとした際、ギャラリーのカメラのシャッター音により、バックスイングしたところでショットを止めたシーンが印象的。この年の日本オープンは石川遼、今野康晴、

小田龍一の3人のプレーオフとなり小田龍一が初日2オーバー45位からの大逆転劇を演じ、話題となった。会員権相場は2019年には463万円まで低迷したが、現在、売り買いの中心相場は580万円前後で堅調に推移している。同コースはかつては目に見えない入会条件が厳しかったが、最近では会員の高齢化もあり新旧の入れ替えに積極的で会員権を購入する前に事前審査制を取り入れるようになっている。名義書換料275万円のほかに入会預託金600万円(退会時返還)があるため、総額1,350万円が必要になる超名門コース。

 

東都飯能カントリー倶楽部

東都自動車グループが経営する第3番目のコース(同グループは他に4コースを運営)。

バブル期の1991年7月に開場した比較的新しいコース。当時の募集価格は特別縁故1,800万円に始まり最終募集3,000万円で1,200名をあっという間に完売した。コースそのものは山岳に近い丘陵地に展開しており、場内高低差が結構あるが各ホールは比較的フラットに造られている。同グループは預託金の償還に応じたため、現在の会員数は100名に満たない。入会条件35歳以上、正会員2名の紹介、日本国籍と緩く、名義書換料55万円、年会費3.3万円とリーズナブルなため、初めて会員権を購入される方で埼玉方面の名門コース志向のゴルファーにはおススメだが、市場に滅多に売りモノは出てこない。

 

狭山ゴルフ・クラブ

1959年開場の株主制名門コース。武蔵野の面影を残した雑木林に囲まれ関東屈指の長距離を誇る27ホールズのゴルフ場で真っ平で美しい林間コース。男子プロゴルフトーナメントのダイヤモンドカップ(2010年)、日本シニアオープン(2008年)や最近では2016年に日本オープンが開催され、後(2021年)にマスターズチャンピオンに輝いた松山英樹プロが、賞金王に輝いた実績のある池田勇太プロや片山普吾プロ(5度の賞金王、マスターズ4位の実力者)を抑えて圧勝したシーンが記憶に新しい。会員権相場はバブル期1億円(億カン)から2019年には70万円を割ったことがあるが、ここ最近は売り買いの中心相場150万円で堅調に推移している。名義書換料330万円、入会預託金100万円(退会時返還)は名門コースとしては割安。年会費10.45万円もコース内容を考えれば決して高いとはいえない。かつては目に見えない入会条件が厳しいコースで有名だったが、現在は事前審査制を取り入れており、入会審査に受かってから会員権を購入すればよい。

 

日高カントリークラブ

1961年開場の株主会員制倶楽部。27ホールズの美しい林間コースでクラブハウスはレーモンド設計。松などの高い樹木で各ホールがセパレートされており、各ホールはフラットでフェアウエイも広いため、思い切りティーショットを打っていける。会員権相場はバブル期8,400万円から2017年には190万円まで下落したがそこで下げ止まり、現在、売り買いの中心相場275万円で堅調に推移している。名門コースながら名義書換料110万円、入会預託金110万円とリーズナブルなため会員権マーケットでは常に買い希望が多く、安い売りモノはあまり出てこない。年会費11万円はコースのグレードを考えれば妥当。入会条件も緩いので、初めてゴルフ会員権を購入する方で名門コースのメンバーになりたい人におススメ。

千葉県

我孫子ゴルフ倶楽部

1930年開場の社団法人制で運営されている名門コース。昭和55年にクラブハウスを新築。名匠、赤星四郎設計のフラットな林間コースはバンカーが多ことでも有名。青木功プロがバンカーの青木といわれるようになったのは我孫子ゴルフ倶楽部で育ったためといわれている。2012年から10ヶ月間クローズして2グリーンから1グリーンに大幅改造した。

会員権相場はバブル期1億7,000万円をつけており、超名門の名を欲しいままにしていたが、バブル崩壊後には2018年には460万円まで相場を下げている。2020年末から2021年にかけては買いよりも売りが多く、一時売り一色になったこともあるが、現在は売り買いの数はバランスしている。しかしながら昨今のゴルフブームによる会員権相場の上昇は見られない。名義書換料330万円、入会預託金100万円(退会時返還)は名門コースとしては普通だが、年会費19.8万円が重石となっている可能性があること、入会条件に正会員2名の推薦(在籍5年以上、年間12回以上の来場者。推薦者の事前面接あり)があり、これをクリア出来るビジターが少ない。また、従業員が古参のメンバーを優遇し過ぎる嫌いがあるとの話を耳にしたことがある。なお法人入会は不可、個人中心の運営がなされている。

 

鷹之台カンツリー倶楽部

1954年開場の伝統ある社団法人制の名門倶楽部。名匠、井上誠一設計の18ホールズはフラットな林間コースながら戦略性に富んでおり、コースレートは74を誇る。メンバーの質が高く、法人接待コースとしても利用されている。会員権相場はバブル期には1億9,000万円をつけており2018年頃には1260万円まで下げていたが、現在は1,300万円前後で横ばいで推移している。入会条件は正会員2名(在籍5年以上、認印)、年齢制限30歳以上、日本国籍と表向きは差ほど厳しくはないが、入会審査ではそれなりの社会的地位を求められている。同倶楽部は超名門コースではあるが、名義書換料440万円で入会預託金の徴収はない。年会費19.8万円はコースグレードを考えれば致し方ない。ドレスコードやマナー厳しいコースで、メンバーの質も高く、敷居の高い超名門コース。

 

千葉カントリークラブ

1960年開場の63ホールズの大型ゴルフ場。野田コース(OUT IN)、川間コース(西、東、南)、梅郷コース(OUT IN)で各々のコースは別の場所にあり、クラブハウスも別建て。

2017年には梅里―スで男子レギュラーツアー(パナソニックオープンゴルフチャンピンシップ)が開催された。バブル期の会員権相場は9,000万円をつけた名門コースだが、ここ10年は売り買いの中心相場420万円前後で推移している。入会条件は日本国籍、年齢制限18歳以上、紹介者(正会員、在籍5年以上1名、在籍5年未満は2名要)と緩め。名義書換料165万円、入会預託金300万円(退会時返還)があるため、総額900万円が必要になるが、都心からのアクセス良いため林間コースが好きな方におススメ。会員数も63ホールズで3,186名と適正で予約も比較的取り易い。

 

袖ヶ浦カンツリー倶楽部

1960年開場の名門コースでコース形態は林間丘陵コース。毎年、秋の男子レギュラーツアー(ビッグトーナメント)のブリヂストンオープンゴルフ選手権開催で有名な本格的トーナメントコース。旧袖ヶ浦コースと新袖ヶ浦コースで場所が異なり、クラブハウスも別建。ブリヂストンオープンは旧袖コースで開催されており、新袖コースでは女子ツアーのニチレイレディースが開催されている。会員権相場はバブル期には8,700万円を記録していたが、バブル崩壊後は右肩下がりになり2019年の会員権相場は270万円まで低迷していた。しかしながら、2021年に入ってから入会条件が、正会員1名の紹介(認印)、理事又は分科委員1名の紹介、年齢制限20歳以上と緩いこともあり、会員権相場は2021年7月現在、売り買いの中心相場480万円まで上昇している。同倶楽部は36ホールズで会員数は正会員2,200名と適正でスタート予約も取り易い部類に入る。名義書換料220万円とコースグレードを考えると妥当な価格で入会預託金の徴収がない。アクセスも千葉東金道路・大宮ICから4キロと都心から近く、クラブバスも出ている。年会費9.9万円は36ホールズ使えることを思えば高いとはいえず、ゴルフの上手い会員権購入初心者や法人接待コースとしてもおススメ。

 

カメリアヒルズカントリークラブ

1990年のバブル期に東証一部上場の藤田観光が英知を降り注いで造った法人接待ゴルフ場ながら女子プロレギュラーツアー(4日間開催)のアースモンダミンカップの開催コースになっている。相場は名義書換を開始した1993年頃より2,000万円前後で安定して推移しており、コースが預託金の償還にきちんと対応しているため会員権マーケットに安い売りモノが出てこない。この相場は同じ千葉県の鷹之台カンツリー倶楽部を上回るものであり、カメリアヒルズが名門コースであることを如実に物語っている。現在、2,500万円【入会金275万円、預託金2,250万円(据置期間5年間)】で補充募集中。コース素材や施設(クラブハウス等)の美しさ、予約の取り易さなどから弊社では当ゴルフ場の会員権を特別推薦コース(法人向け)として推奨している。預託金2,250万円は5年据置いた後に必ず返還されるため、実質的な持ち出しは入会金の275万円となり、年会費11万円ながらビジター優待券やメンバー誕生日無料券などを多数発行しており、資金に余裕のある法人や個人にはおススメ。

茨城県

潮来カントリー俱楽部

1987年11月(バブル期)にオープンした新設ゴルフ場で経営母体は新日本観光グループ

。同社が高級接待ゴルフ場として建設した。千葉新日本GCや浦和GCを始め、開催でも5コースを経営しているが、ゴルフ場専門会社ながら預託金の償還にはきちんと応じており、グレードが高いことから名門コースとしても紹介させて頂いただきたい。コースは林間風丘陵コースで27ホールズあり、従業員の接客ホスピタリティが高いゴルフ場である。

各ホールの両サイドに樹林が多く、いずれもフェアウエイ幅をたっぷりとっていてのびのび打っていける。池を多く配置した美しいコースだが、ハザードはすべて視覚に収まるフェアな設計で4面あるティーグラウンドの各々で攻略ルートが変わってくるなど、意欲的な工夫が凝らされている。会員権相場は1987年の募集終了後に7,000万円を記録。その後も預託金の償還に応じているため、会員権マーケットに安い売りモノが出てこない。名義書換料110万円はグレードを考えるととリーズナブルで年会費も3.3万円と安い。会員数は正会員300名と少ないため、予約は取り易いので売りモノが出てくればおススメ。

 

大利根カントリークラブ

1960年開場の茨城県を代表する株主会員制の超名門コース。設計は名匠、井上誠一でWESTコースとEASTコースの36ホールズで両コースともコースレート74と手強い。豊富な松林に囲まれており、真っ平な林間コースだが、ティーショットを曲げるとその松林がスタイミーになり、一般アマチュアがゴルファーには手痛い仕打ちが待ち受けている。

36ホールズで会員数は正会員1,489名と少なく予約が取り易いため法人接待コースとしても使える。会員権相場はバブル期1億4,500万円を記録したが、その後、右肩下がりで下降し、2019年には中心相場400万円にまで落ち込んでいた。しかし、以下のような入会条件の大幅な緩和があり、相場は現在、売り買いの中心相場590万円まで持ち直している。

1)令和2年9月1日、「正会員2名の推薦」→ 「正会員1名」に改訂

2)面接・と同伴プレーが有→ 「原則として紹介者1名が同席」 を令和2年3月15日より廃止

※「正会員が紹介できる申込者の紹介人数は年間2名までとする」 → 平成27年1月28日に廃止

入会条件が緩和されたためと新型コロナによるゴルフブームのためここのところ売り希望よりも買い希望が多いが、都心からのアクセスも常磐自動車道・谷和原ICから12キロと近いため、超名門コースのメンバーになりたいゴルファーにおススメ。

 

茨城ゴルフ倶楽部

1962年開場の都心からのアクセスの良い茨城県屈指のトーナメントコース。コースは真っ平な36ホールズの林間コースで東コースはコースレート75.1、西コースもコースレート73.4と本格的な造り。会員数は18ホール換算1,100名と適正。同倶楽部の周辺は土壌が良く、アイアンの抜けが良いと評判。東コース、西コースとも男女プロトーナメントの開場の実績がある。会員権相場はバブル期には6,800万円をつけていたが、ここ10年ほどは

中心相場530万円前後で堅調に推移していた。2021年になり新型コロナによるゴルフブームもあり、会員権相場が急上昇し、2021年7月現在、売り買いの中心相場は740万円となっている。入会条件は在籍5年以上の正会員2名の紹介(印鑑証明書添付)と一見厳しいが紹介者がいれば入会審査で落とされる心配はまずない。名義書換料110万円、年会費4.4万円はグレードを考えるとリーズナブル。総額850万円の予算が組めるゴルファーにはおススメ。

 

筑波カントリークラブ

1959年開場の株主会員制の名門コースで大和証券をはじめ証券会社や生保会社の会員が多いクラブ。18ホールズの落ち着いた雰囲気のある林間コースはコースレート72.8。

平成10年のニチレイインターナショナルを最後にその後はトーナメントの開催はないが、トーナメントコースとして十分に耐えうる素材を有している。会員権相場はバブル期に9,200万円を記録し、茨城ゴルフ倶楽部の6,700万円の上を行っていた時期がある。筑波カントリークラブは18ホールズの落ち着いた雰囲気のある名門コースだが、最近の会員権相場は茨城GCが高騰しているのとは対照的に中心相場440万円とさほど騰がっていない。名義書換料110万円、年会費8.14万円も妥当な価格。入会条件も正会員1名(印鑑証明書添付、在籍5年以上)、年齢制限20歳以上、日本国籍と差ほど厳しくないため、相場的に初めて会員権を購入されるゴルファーで名門コースに憧れている方に超おススメ。

 

龍ヶ崎カントリー倶楽部

1958年開場の株主会員制の名門コースで日本鋼管色が強い。設計は名匠、井上誠一。18ホールズの林間コースのコースレートは73.4と手強い。自然の地形を活かし、枝の見事な松が天然のハザードを成している。会員権相場はバブル期には7,300万円を記録。

その後、2019年には190万円まで下がったが、2021年からのゴルフブームにより、2021年7月現在は売り買いの中心相場240万円前後で堅調に推移している。名義書換料220万円のほかに入会預託金30万円(退会時返還)が必要。年会費11万円と決して安くはないが、コースのグレードを考えれば妥当な価格設定と考えてよい。入会条件は25歳以上、日本国籍、正会員2名(在籍5年以上、認印)、その他(多クラブ在籍証明書やHDCP証明書が必要だが、他クラブがない場合には紹介者の同伴面接とテストプレーで入会することが可能。ただ、紹介者の同伴面接が相場上昇の足かせになっていると可能性は高い。

栃木県

小山ゴルフクラブ

1960年開場の株主会員制ゴルフ場。日立グループが中心となって建設されたクラブ。

栃木県を代表する名門コースでバブル期の相場は8,000万円を記録していた。18ホールズ(コースレート71.9)の落ち着いた雰囲気のある林間コースは桜の木も多く春の万開時は見事な景観で、フラットな造りながら戦略的な要素を持ち合わせている。相場に関しては、2018年の底値(中心相場130万円前後)から横ばいで推移しており、新型コロナ禍によるゴルフブーム下でも相場の際立った上昇は見られない。入会条件は正会員2名の紹介(認印)、年齢制限30歳以上、日本国籍で面接もないため名門コースとはいえ条件はかなり緩め。アクセスは東北自動車道・佐野藤岡ICから20キロのため栃木方面のゴルファーにおススメ。

 

山梨県

メイプルポイントゴルフクラブ

1994年開場の株主会員制のゴルフ場。会員制リゾートクラブのリゾートトラスト(株)が経営母体で平成18年7月に株主会員制へ移行した。山梨県ながら中央高速道路・上野原ICから3.6キロと都心に近く、新宿から1時間でティーアップできる。開場が比較的新しいゴルフ場で高級会員制リゾートクラブ・エクシブを運営するいかにもリゾートトラストらしいコース。鬼才ピートダイ設計の美しくも池やバンカーのハザードが効いた戦略的コースレイアウトとゴージャスなクラブハウスは来場者を魅了しする山梨県を代表する名門コース。会員数が正会員864名と少なく、予約が取り易くメンバーもVIP層が多いため、売りモノが出難く会員権相場は高値圏(300~350万円)でのもみあいとなっている。ゴージャスなメンバーライフを堪能したいゴルファーにおススメ。

 

静岡

富嶽カントリークラブ

1986年のバブル真っ只中に開場した新設ゴルフ場で経営母体はカバヤ食品グループのオハヨー乳業。系列コースに茨城県のカバヤGC、高級接待ゴルフ場のザ・ロイヤルGC、関西エリアでは伊勢中川CCや紀南CCも運営しており、堅実経営でどこのゴルフ場も預託金の償還に対応している。この富嶽CCではトーナメントティーでは8,000ヤードを超えコースレート74.1を誇る。フェアウエイが広く飛ばし屋にはたまらないコースレイアウトでティからグリーンまで見渡せるように設計されている。会員権相場は1991年に3,800万円を記録していたが、バブル崩壊の波には逆らえず、2014年には420万円前後で取引された経緯がある。最近の会員権相場は売り希望1,200万円に対して買い希望880万円と値開きがあり、中心相場は1,050万円となっている。名義書換料110万円、年会費3.96万円とリーズナブルで会員数は正会員600名しかいないため、会員権マーケットに売り希望が出てこないが、入会条件も正会員1名(在籍2年以上、印鑑証明書添付)、年齢制限20歳以上、日本国籍と緩いため、1,000万円以上予算のある静岡方面のゴルファーにはおススメ。

 

葛城ゴルフ倶楽部

1976年開場の井上誠一設計による36ホールズの大型丘陵コース。経営は東証一部上場のヤマハ(株)。相場はバブル期には7,000万円を記録したが、その後右肩下がりで2013年には360万円にまで相場を下げている。しかしながらゴルフ場が預託金の償還にきちんと対応していることから市場に出回ってくる売りモノは額面の低いもの(400万円)が殆どである。買い希望者は名義書換料165万円も考慮し380万円の指値をしているが、そのような金額ではなかなか売り手が出てこない状況。年会費4.4万円とリーズナブルで入会条件は国籍や年齢制限がなく、会員の紹介1名(印鑑証明書添付)と比較的緩めなので、初めて会員権を購入する方で静岡方面のゴルファーにはおススメ。

 

群馬

下仁田ゴルフクラブ

1990年に開場されたクラブで経営は東武興行グループ。オープンと同時に名義書換を開始した。最終募集は2,200万円だったが、相場は1991年には2,400万円と上場の滑り出しであった。会員数が350名と少なく、名義書換料88万円、年会費1.98万円とリーズナブルな名門コース。預託金をきちんと償還しているため市場に売りモノが出難く、入会条件は年齢30歳以上、日本国籍、会員2名(正会員1名、印鑑証明書添付と理事各1名)と緩めなため、群馬方面在住で、総額700万円前後まで可能な方におススメ。

長野県

旧軽井沢ゴルフ倶楽部

1919年に開場された高原コースで古い歴史を持つ名門ゴルフ場。コースレイアウトは12ホールズ(アウト6ホールズ、イン6ホールズ)を1.5ラウンドする方式でJGA.KGAにも加盟しており、コースレートは69.6。設計はJ・M・ポーレットとT・ニコルで15ヤードながら練習場も6打席ある。会員権相場はリーマンショック前の2008年に約4,000万円を記録しており、現在も買いが多い状況が続いている。会員数は正会員570名だが軽井沢の別荘族(VIP)や財界・政界のゴルファーがセカンドコースとして会員権を保有しているケースが多いため、滅多に会員権マーケットに売りモノが出ない状況で相場は東京の小金井CCに次ぐものとなっている。入会条件は年齢30歳以上、会員2名(認印)の紹介でOKだがゴルフ会員権業者ではなかなか紹介者が見つけられない名門コース。年会費は14.3万円とリゾートコースとしては高めに設定されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まったり温泉・宿泊施設付きコース

2021年6月12日 土曜日

日頃のストレスを癒すためにゴルフをされる方も多いかと思います。しかしながら、関東圏においてはゴルフは超名門コースを除いては丸一日拘束となるケースが多いのも事実です。とくに週末ともなるとゴルフ場が混雑したり、道路の渋滞に巻き込まれたりとかで、ストレスを癒すどころか疲労困憊になる方も多いかと思います。ゴルフ場もビジター料金は一般的に日曜日・祝日よりも土曜日のほうが高めに設定されていることが多いです。その理由は、土曜日にゴルフをして、日曜日は家でまったりしてゴルフの疲れを癒す人が多いからだといわれています。

 

確かに日曜日にゴルフに行ってクタクタになって帰って、その疲れが取れないうちに仕事始めを迎えるのは嫌ですよね。従ってゴルフ場は一般的に土曜日よりも日曜日のほうが空いて予約が取り易いケースが多い訳です。ただ、日帰りするから疲れるという事実もあり、たまには泊りがけでゆったりとしたゴルフウイークを過ごしたいと考える人も多いのではないでしょうか。かといってゴルフ場の周辺の宿に泊まったり、外食したりすると相当な費用が必要になってきます。特に温泉地として有名な那須、塩原、草津、熱海などは高級旅館やホテルも多く

ゴルフのついでに泊って食べるのは金銭的に難しい方のほうが多いかと思います。

 

そのうえで、考えてみたいのが温泉・宿泊施設付きのゴルフ場です。ゴルフ場併設のホテルやレストランは温泉街のホテルや旅館に比べて宿泊費や食事代がリーズナブルです。中には宿泊プランなどを用意しているゴルフ場も存在します。そこで今回は、温泉・宿泊付きのゴルフ場の中から会員権を購入してもバチは当たらないであろう会員権をご紹介します。ゴルフといえば泊りがけという方や富裕層のセカンドコースとして、ぜひともご検討いただければと思います。

 

▼静岡県の『まったり温泉・宿泊施設付コース』

▼茨城県の『まったり温泉・宿泊施設付コース』

▼栃木県の『まったり温泉・宿泊施設付コース』

▼群馬県の『まったり温泉・宿泊施設付コース』

▼山梨県の『まったり温泉・宿泊施設付コース』

▼福島県の『まったり温泉・宿泊施設付コース』

 

静岡県

グランディ浜名湖ゴルフクラブ(正会員) 18ホールズ/シーサイドコース

会員権価格相場150万円、名義書換料55万円、年会費2.64万円

<特徴>

リゾートトラストが経営。グランドエクシブ浜名湖と同じ場所にゴルフ場があり、とにかくゴージャス・豪華絢爛。

 

サザンクロスカントリークラブ(正会員) 18ホールズ/丘陵コース

会員権相場15万円、名義書換料16.5万円、年会費3.3万円

<特徴>

歴史ある『伊東温泉』を心ゆくまで堪能できる。宿泊施設や食事も豪華でいかにもリゾートコースという雰囲気

茨城県

静ヒルズカントリークラブ(正会員) 18ホールズ/林間丘陵コース

55万円(入会金100%、年会費5.5万円)で絶賛募集中

<特徴>

森ビルの直営コース。併設の静ホテルにて食事と温泉・岩盤浴あり

栃木県

大日向カントリー倶楽部(正会員) 27ホールズ/丘陵コース

会員権相場38万円、名義書換料13.75万円、年会費3.3万円

<特徴>

PGMグループ。富澤誠造設計の丘陵コースはホールレイアウトは素直なものが多いが距離がたっぷりある。

かつては男子ツアーの三菱ギャラントーナメントも行われた。小奇麗なロッジと温泉で疲れた体を癒したい。

 

烏山城カントリークラブ(正会員) 27ホールズ/丘陵コース

会員権相場10万円、名義書換料33万円、年会費5.5万円

<特徴>

名匠、井上誠一設計の本格的トーナメントコースはコースレートが高く、距離もたっぷりある。

日本女子オープン開催コース。烏山城カントリークラブホテル(全142室)に泊り、温泉で疲れを癒せる。

 

喜連川カントリー倶楽部(正会員) 27ホールズ/丘陵コース

会員権相場5万円、名義書換料27.5万円、年会費3.3万円

<特徴>

アコーディアの経営。富澤廣親設計のフラットながらフェアウエイにうねるようなアンジュレーションを配して

ティーショットの方向を眩惑させるような一面がある戦略性豊かな27ホールズ。1987年のバブル期に開場

したコースで併設のホテルは豪華で食事も美味しいと評判。温泉にはサウナもあり、疲れた身体を癒せる。

 

サンヒルズカントリークラブ(正会員) 36ホールズ/丘陵コース

会員権相場35万円、名義書換料33万円、年会費4.4万円

<特徴>

PGMグループ。その中でもステータス性の高い『GRAND PGM』に位置付けられている。オーソドックスな

イーストコースとアメリカンスタイルのウエストコースの36ホールが楽しめ、温泉・サウナ・豪華ホテルで

非日常を満喫できる。

 

那須国際カントリー倶楽部(正会員) 18ホールズ/林間コース

会員権相場50万円、名義書換料66万円、年会費2.2万円

<特徴>

1962年に三井物産が母体となってパブリック制でオープン。その後、平成3年に会員制移行のために会員

を募集。平成13年に東急不動産に経営交代した。浅見緑蔵と富澤誠造が共作した戦略性の高いコース。

那須国際ゴルファーズロッジが併設されており、温泉はゴルフ場の敷地内から湧き出る温泉かけ流し『五

葉の湯』がゴルファーの心身を癒してくれる。

 

西那須野カントリー倶楽部(正会員) 18ホールズ/林間コース

会員権相場100万円、名義書換料55万円、年会費5.5万円

<特徴>

1993年にロバート・ボン・ヘギーの設計で開場した比較的新しいコースで、地形はフラットだがフェアウエイ

にはリンクスを彷彿させるようなアンジュレーションがつけられている。の芝のラフ以外はオールベントで

美しい林間コース。那須温泉と綺麗なロッジで至福の一時を過ごせば心も身体もリフレッシュ間違いなし。

 

ホウライカントリー倶楽部(正会員) 18ホールズ/林間コース

会員権相場100万円、名義書換料55万円、年会費5.5万円。

<特徴>

1990年にロバート・ボン・ヘギーの設計で開場した比較的新しいゴルフ場で男子プロゴルフトーナメントの

開催コースでコースレイト73.5と難易度の高いゴルフ場。ラウンド後は那須温泉と綺麗なロッジで至福の

一時を過ごせる。

群馬県

草津カントリークラブ(正会員) 18ホールズ/丘陵コース

会員権相場20万円、名義書換料22万円、年会費4.4万円

<特徴>

草津町、東京ガス等の協力で建設されたリゾートクラブ。設計は小林光昭氏。標高1050メートルの高原

にあるリゾートコースで白樺や落葉松でセパレートされ夏は涼風の中でプレーを楽しめる。ラウンド後は

温泉とロッジで疲れた身体を癒せる。11月下旬~4月中旬迄クローズの為、セカンドコースとしてお薦め。

 

妙義カントリークラブ(正会員) 18ホールズ/丘陵コース

会員権相場6万円、名義書換料22万円、年会費3.85万円(2021月現在、181,500円で募集中)

<特徴>

アコーディア系。1986年のバブル期に開場された。緑の豊かな丘陵コースで池の絡んだホールも多く

球趣は尽きない。フェアウエイはエバーグリーンで妙義山を見ながらのプレーは心が和む。プレイ後

妙義グリーンホテル&テラスの温泉で疲れた心身を癒せる。会員権価格が安いので夫婦や親子で

メンバーになる手も。

山梨県

甲斐ヒルズカントリー倶楽部(正会員) 18ホールズ/丘陵コース

会員権相場35万円、名義書換料110万円、年会費3.3万円

<特徴>

シャトレーゼグループの経営。1990年開場の比較的新しいゴルフ場で設計は名匠、梅沢弘。フェアウエイ

が広く各ホールは殆どフラット緩やかな打ち下ろしホールがあっても打ち上げホールは見当たらない。

ラウンド後は、天然温泉と小奇麗なロッジが疲れた体をリフレッシュしてくれること間違いなし。

シャトレーゼの経営なので、レストランではシャトレーゼ製のケーキバイキングが楽しめる。

福島県

小名浜オーシャンホテル&ゴルフクラブ(正会員) 18ホールズ/シーサイドコース

会員権相場15万円、名義書換料38.5万円、年会費5.5万円

<特徴>

アコーディアの経営。太平洋に面した国定公園内にそびえ立つバルコニー付きのリゾートホテルはオーシャンフロント。

ゴルフ場もシーサイドコースで楽しめるレイアウト。海越えの16番パー3や右サイドすべてが海の18番パー4が印象的。

 

グランディ那須白河ゴルフクラブ(正会員) 36ホールズ/丘陵コース

会員権相場60万円、名義書換料22万円、年会費2.64万円

<特徴>

リゾートトラスト経営。グランドエクシブ那須白河と同じ場所にゴルフ場があり、とにかくゴージャス・豪華絢爛

R・T・ジョーンズJr設計のゴルフ場はコースレイトが高く攻めごたえあり。練習場も300ヤード(30打席)

 

白河高原カントリークラブ(正会員) 18ホールズ/丘陵コース

会員権相場40万円、名義書換料55万円、年会費2.64万円

<特徴>

東京建物リゾートが経営母体。富澤誠造設計の18ホールズは高原らしい樹木がふんだんに残されており、フェアウエイには大きな

うねりがある。宿泊はお洒落なコテージ。温泉は1384年に州案和尚によって発見された松平楽翁(定信)が好んで湯治された名湯。

 

スパリゾートハワイアンズ・ゴルフコース(正会員) 27ホールズ/丘陵コース

会員権相場 80万円 名義書換料11万円、年会費2.2万円

<特徴>

名匠、富澤誠造設計の27ホールズはコース敷地を広くゆったりとレイアアウトしている為にメンタルなホールは少ない。

宿泊施設はゴルフ場から車で5分のところに位置するスパリゾートハワイアンズ。ゴルフだけでなく夜のショー&宴会も。

 

棚倉田舎倶楽部(正会員) 27ホールズ/丘陵コース

会員権相場(名義書換停止中)

<特徴>

新日鉄をはじめ鉄鋼関係企業が中核になって発足したが、平成16年に経営会社の棚倉開発が民事再生法申請。平成30年に

同社の株式をプロゴルファーの石川遼選手のマネジメント会社で両親が役員を務めるケーアイ企画(株)が取得。2020年には

ゴルフ場業界初となるクラウドファンディングで1億5,000万円を募り、1億93万5,000円を集め、『誰もが楽しめるゴルフ場』を目標

に現在リニューアル中。

 

会員権募集中コース

2021年6月11日 金曜日

昨今、預託金の償還や退会による欠員(補充)募集をおこなうゴルフ場が増えています。関東圏では2021年6月現在、約130コースが募集を行っていますが、中には募集期間を当初予定よりも延期し、募集価格を周辺ゴルフ場会員権相場の上昇に合わせて段階的に値上げするなどしているコースも一部ありますが、それでも募集で会員権を購入する方も多く、募集会員権の人気は高いものがあります。

 

募集価格の平均は、高額銘柄を除くと正会員が200万円台前半(100~300万円台中心)、平日(土曜日使える)、週日(土曜日使えない)が30~100万円台となっています。他方、預託金のない無額面のプレー券では50万円台(7~310万円)と預託金制の会員権に比べて低い募集価格設定となっています。

 

募集中の人気ゴルフ会員権には、以下の共通点があります。

 

1)比較的都心からのアクセスが良い

2)市場で買うよりも割安感がある【募集中コースの会員権相場が騰がってしまった(名義書換を停止していないコースの場合)】

3)入会審査が売買で購入するよりも緩い(紹介者がいなくても入れるなど)

4)友人がメンバーになっているため、ビジターとして頻繁にプレイしている

 

最近では、開場45年の歴史を持つ埼玉県の入間カントリー倶楽部(107万円で募集中)、開場50年の長竹カントリークラブ(280万円で募集中)、山梨県ながら東京に隣接する上野原カントリークラブ(108万円で募集中)やPGM(パシフィックゴルフマネージメント)のコースが無額面のプレー券ながらコストパフォーマンスの高さから募集が好調です。

 

募集中のゴルフ場は得てして、ゴルフ場から直接買いたいと思われる方が多いようですが、我々会員権業者から購入しても条件や価格は同じで、募集中の会員権を斡旋する場合には仲介手数料は頂いておりません。また、昨今では会員の補充募集をする際にかつてのように名義書換を停止せず、一般市場をオープンにしたままで募集をおこなうゴルフ場が増えています。したがいまして一般市場で第三者から購入したほうが安く会員権を買えるケースもありますし

、その逆(募集で購入したほうが有利)もあり、ケースバイケースでの判断が必要になります。弊社ではあくまで会員権コンサルタントという客観的な視点に立ち、お客様にとってベストな会員権入手方法をアドバイスさせて頂いておりますので、どうぞお気軽にご相談ください!

 

▼共通

▼東京都

▼神奈川

▼埼玉県

▼千葉県

▼茨城県

▼栃木県

▼山梨県

▼静岡県

▼新潟県

 

共通

太平洋クラブ(共通正会員)351ホールズ

募集価格696万円(入会金696万円、預託金0円、年会費7.3万円)

<特徴>

経営会社はマルハン(本業はパチンコ)。国内18コースの共通会員権。人気の静岡県の御殿場コース(三井住友VISAマスターズ開催)、埼玉の江南コース、茨城の美野里コース、リゾート型の軽井沢コースや都心から近い相模コース、市原コース、成田コースなどが利用できる。2020年からは都心近郊の八千代コース(元高級パブリック)が18番目のコースに。2021年からは茨城の金乃台も利用できる方向。

696万円のすべてが入会金(無額面のプレー券)という点を考慮しても、それだけの価値のあるゴルフ会員権と考えられる。

太平洋アソシエイツ(共通正会員)189ホールズ

募集価格418万円(入会金418万円、預託金0円、年会費6万円)

<特徴>

太平洋クラブのカジュアル版。人気の江南コース、美野里コース、大洗シャーウッドなど10コースが利用できる共通会員権。御殿場コースと軽井沢リゾートを利用しない人はアソシエイツがおススメ。年会費も10コース仕えて6万円はリーズナブル。

SGMクラブ(共通週日会員;土曜日プレー不可)108ホールズ

募集価格198万円(入会金198万円、預託金0円、年会費4.4万円)

<特徴>

PGMグループ。総武CC、中山CC、武蔵野GC、川越CC、スプリングフィルズの5コースが使える共通週日会員権(土日・祝日は不可)

相場の高い総武カントリクラブや中山カントリークラブが使えるため、平日休みのゴルファーは購入に踏み切っても損はない。

 

東京都

東京バーディクラブ(正会員)丘陵18ホールズ

募集価格936万円(入会金621万円、預託金315万円、年会費13.2万円)

<特徴>

ユニマットホールディングスの経営。武蔵野の自然林の中に展開するフラットなコースで杉を中心とした樹木が多く、丘陵コースではあるが林間コース風の佇まいを見せる。ダイナミックで戦略的なアウトと池を巧みに配置し、変化に富んだインの18ホールズ。豪華なクラブハウスはVIP層をもてなすには十分な造り。

 

<アクセス>

圏央道・青梅ICから7キロ(約15分)

電車の場合:青梅線・東青梅駅下車 クラブバスあり タクシー15分 

 

神奈川県

伊勢原カントリークラブ(正会員)山岳丘陵18ホールズ

募集価格35万円(入会金35万円、預託金0円、年会費4万円)

<特徴>

PGMの経営。山岳コースながら湘南海岸を望む丘陵地に展開する18ホールズはアップダウンと戦略性に富み、距離は全体的に短めなことから高齢ゴルファーにも人気。都心からのアクセスも良く、会員権のコストパフォーマンスの高い会員権。

 

<アクセス>

東名高速・厚木ICから11キロ(約20分)

電車の場合:小田急線・伊勢原駅下車 クラブバスあり タクシー10分

大秦野カントリークラブ(正会員)丘陵18ホールズ

募集価格27万円(入会金27万円、預託金0円、年会費4万円)

<特徴>

PGMの経営。冨士山や丹沢山も望める標高600~780メートルの山間に展開する山岳丘陵コース。アップダウンはあるものの、各ホールの景色と味のあるホールが高齢ゴルファーや女性ゴルファーにも人気。募集価格の27万円(税込)はかつての相場を思えば破格。

 

<アクセス>

東名高速・秦野中井ICから10キロ(約12分)

電車の場合:小田急線・秦野駅下車 クラブバスあり タクシー15分

神奈川カントリークラブ(正会員)丘陵27ホールズ

募集価格27万円(入会金27万円、預託金0円、年会費4.4万円)

<特徴>

奥多摩と丹沢山地の丘陵地に展開する27ホールズ。全体的に高低差はあるものの、自然の地形を活かし、各ホールは比較的フラットに造られており、各ホール個性と戦略性があり飽きが来ない。

 

<アクセス>

中央自動車道・相模湖ICから7キロ(約10分)

電車の場合:中央本線・藤野駅下車 クラブバスあり タクシー10分

相模湖カントリークラブ(正会員)丘陵27ホールズ

募集価格190万円(入会金110万円、預託金80万円、年会費5万円)

<特徴>

大手酒類販売の国分が発起。丹沢山を背にした緑豊かな丘陵コースは打ち下ろしホールが多く、豪快なティーショットが堪能できラウンドが楽。各ホール豊かな自然理でセパレートされ、絶妙な池の配置など戦略性に富んでいる。

 

<アクセス>

中央自動車道・相模湖ICから8キロ(約10分)

 

埼玉県

入間カントリー倶楽部(正会員)丘陵18ホールズ

募集価格107万円(入会金77万円、預託金30万円、年会費5.5万円)

<特徴>

経営母体は東証一部上場(製薬会社)のクラレで都心からのアクセスが良い。梅の名所生越梅林に近く、多摩・秩父・の山並みが望める丘陵コースは多少のアップダウンはあるもののフェアウエイは広々している。メンバー同士の交流が盛んで、従業員の顧客対応に定評がある。107万円という価格は一般市場で購入する場合の名義書換料(110万円)よりも安いため、また、周辺コースとの比較においても非常にコストパフォーマンスの高い会員権である。

 

<アクセス>

関越自動車道・鶴ヶ島ICから11キロ(約15分)

電車の場合:東武東上線・坂戸駅からクラブバスあり タクシー20分

飯能くすの樹カントリー倶楽部(正会員)丘陵18ホールズ

募集価格77万円(入会金77万円、預託金0円、年会費4万円)

<特徴>

PGMグループ。都心からわずか1時間ほどの好アクセス。奥武蔵の大自然の中でゆったりとしたプレイを楽しめる。フラットで林間風の重きのあるアウト、地形を巧みに活かし正確なショットが求められるインと趣の大きく異なるコースで1995年に開場した比較的新しいコースで施設が綺麗。

 

<アクセス>

圏央道・狭山日高ICから10キロ(約15分)

電車の場合:西武池袋線・飯能駅下車 クラブバスあり タクシー7分

 

千葉県

千葉バーディクラブ(正会員)林間丘陵18ホールズ

募集価格936万円(入会金621万円、預託金315万円、年会費13.2万円)

<特徴>

ユニマットホールディングスが経営母体。平成20年開場の新しいゴルフ場でオーナーがこだわりぬき、四季の花木を多く取り入れた美しい丘陵コースで高低差は僅か8メートルとフラットな仕上がり。池が多く景観と戦略性を高めている。クラブハウスは開放感溢れるオープンテラス型。会員権価格936万円は高額の部類に入り、どちらかというと法人接待向コースで会員数は約300人だが上限も500人に制限し、ステータス性を重視している。土日・祝日の予約の取り易さに定評あり。

 

<アクセス>

東関道・新空港自動車道・佐倉ICから12キロ(約15分)

電車の場合:総武本線・佐倉駅下車 クラブバスなし タクシー15分

アバイディングクラブゴルフソサエティ(正会員)林間丘陵18ホールズ

募集価格44万円(入会金44万円、預託金0円、年会費3.3万円)

<特徴>

PGMグループ。名匠、D・ミュアヘッドの設計する18ホールズ。クラブハウスは1Fが石造り、2Fがチューダ様式の英国オールドハウスが移築し復元したもので重厚な雰囲気。コースは自然林を上手に活かした林間丘陵コースで各ホールともフェアウエイはマウンドなどうねりがあるが概ねフラットな造りとなっている。

 

<アクセス>

圏央道・鶴舞ICから5キロ(約8分)

電車の場合:外房線・茂原駅下車 クラブバスあり タクシー15分

久能カントリー俱楽部(正会員)林間18ホールズ

募集価格2,780万円(入会金330万円、預託金2,450万円、年会費8.8万円)

<特徴>

高級法人接待ゴルフ場。名匠、加藤俊輔の設計の林間コースで北総台地に杉、樫、椎の大木がいたるところに残した重厚でいかにも法人接待コースという雰囲気がある。1989年のバブルの最盛期にオープンしたゴルフ場で、開場から今まで一度も名義書換したことがない。

 

<アクセス>

東関東・新空港自動車道から3キロ(約5分)

電車の場合:総武本線成田線・成田駅下車 クラブバスなし タクシー6分

カメリアヒルズカントリークラブ(正会員)丘陵18ホールズ

募集価格2,525万円(入会金275万円、預託金2,250万円、年会費11万円)

<特徴>

東証一部上場の藤田観光が経営母体。女子プロレギュラーツアーのアースモンダミンカップ(4日間開催)の舞台となるコース。法人接待志向で従業員やキャディのホスピタリティが高く、施設も高級感に溢れている。緩やかなうねりを伴う丘陵コースはフェアウエイも広く

ティーショットは思い切り飛ばしていける。弊社の特別推薦コース(法人向け)としてYouTube動画をアップしている。

 

<アクセス>

館山自動車道・木更津北ICから5キロ(約5分)

電車の場合:内房線・木更津駅下車 クラブバスあり タクシー20分

季美の森ゴルフ倶楽部(正会員)丘陵18ホールズ

募集価格705万円(入会金110万円、預託金595万円、年会費3.3万円)

<特徴>

東急不動産が経営母体。ゴルフ場と宅地が一体開発された日本唯一の複合ゴルフ場。なだらかな丘陵台地に展開し、フェアウエイの彼方に家並みが広がるアメリカンリゾート風の趣。ゴルフ好きにはたまらないムードがあり、リタイア層が都心から移り住む人が多く、地元の不動産会社によると物件は常に品薄状態で住宅も別荘化しているという。

 

<アクセス>

千葉東金道路・山田ICから2キロ(約3分)

電車の場合:外房線・大網駅下車 クラブバスなし タクシー10分

芝山ゴルフ倶楽部(正会員)丘陵18ホールズ

募集価格188万円(入会金88万円、預託金100万円、年会費2.64万円)

<特徴>

東急不動産が経営母体。鬼才D・ミュアヘッドの設計。フラットな地形に池が巧みに配された美しい丘陵コースで年会費が2.7万円と安く、経営母体が東急グループであることから預託金(100万円)は将来償還される可能性が高いため、実質88万円でメンバーになれる。

 

<アクセス>

東関道・新空港自動車道・冨里ICから14キロ(約30分)

電車の場合:成田空港線・空港第2ビル下車 グラブバスなし タクシー20分

小見川東急ゴルフクラブ(正会員)丘陵18ホールズ

募集価格310万円(入会金110万円、預託金200万円、年会費2.2万円)

<特徴>

東急不動産が経営母体。コースのすぐ隣に利根川を一望できる水郷筑波国定公園を控えている。緑と水に囲まれ、自然の環境を最大限に活かし、戦略性に富んだレイアウトは来場するゴルファーを魅了する。年会費2.2万円は魅力。

 

<アクセス>

東関道/新空港自動車道・佐原香取ICから6キロ(約10分)

電車の場合:東海道新幹線・佐原駅下車 クラブバスなし タクシー20分

 

茨城県

内原カントリー俱楽部(正会員)林間18ホールズ

募集価格44万円(入会金44万円、預託金0円、3.3万円)

<特徴>

PGMグループ。高低差3メートルとフラットな地形で土壌が良いためアイアンの抜けがいい。豊かな自然林に囲まれた林間コースは自然と調和した風情を漂わせている。1990年のバブル期開場したコースで会員権は当時5,000万円で募集されていた。その後、名義書換開始した1995年には市場でも2,100万円をつけていた。レストランの料理は寿司が高級で旨い。

 

<アクセス>

常磐自動車道・岩間ICから12キロ(約15分)

電車の場合:常磐道・友部駅下車 クラブバスなし タクシー10分

霞ヶ浦カントリー倶楽部(正会員)林間18ホールズ

募集価格49万円(入会金49万円、預託金0円、年会費4万円)

<特徴>

PGMグループ。霞ヶ浦のすぐ隣に位置したフラットな地形に展開する林間コース。満々と水を貯えた池のほか、バンカーなどのハザードが戦略性を高めている。グリーンはベントの1グリーンで浮島に造られたものもある。会員権はバブル期には8,000万円で募集され完売している。また2007年には165万円で補充募集されており、現在の49万円はお買い得といえる。

 

<アクセス>

常磐自動車道・千代田石岡ICから20キロ(約20分)

電車の場合:常磐線・石岡駅下車 クラブバスなし タクシー25分

鹿島の杜カントリー倶楽部(正会員)林間丘陵18ホールズ

募集価格44万円(入会金44万円、預託金0円、年会費4.4万円)

<特徴>

PGMグループ。北浦の湖畔に近く自然林を生かした美しさと戦略性を調和させた林間風丘陵コース。すべてのホールはグリーンとハザードが見えるので計算したプレイを楽しめる。

 

<アクセス>

東関東・新空港自動車道・潮来ICから17キロ(約20分)

電車の場合:鹿島線・鹿島神宮駅下車 クラブバスなし タクシー20分

スプリングフィルズゴルフクラブ(正会員)林間丘陵18ホールズ

募集価格33万円(入会金33万円、預託金0円、年会費2.2万円)

<特徴>

PGMグループ。オーガスタナショナルを彷彿させる林間丘陵コース。樹木が豊富に残されており美しいホールが続く。池の湖面に対岸の杉の木が映りこむパー3などもあり、都心からのアクセスにやや難があるものの、それをカバーするだけのコースレイアウトを誇る。1986年のバブル期にオープンしたコースで相場も1992年には3,200万円をつけており、正直、募集価格の33万円は安い印象。

 

<アクセス>

北関東自動車道・桜筑波西ICから10キロ(約15分)

電車の場合:東北新幹線・小山駅下車 クラブバスあり タクシー8分

千代田カントリークラブ(正会員)林間27ホールズ

募集価格132万円(入会金132万円、預託金0円、年会費2.2万円)

<特徴>

PGMグループ。その中でもハイグレードな位置付けの『GRAND PGM』コース。バブル期には5,000万円で募集されていた少数会員制の法人接待コースだったが現在はどちらかというと個人中心に移行しつつある。男子プロゴルフ界に一時代を築いた杉本英世プロの設計による高低差わずか3メートルのフラットな林間コースは距離が短めで好スコアを出しやすい。

 

<アクセス>

常磐自動車道・千代田石岡ICから5キロ(約5分)

電車の場合:常磐線・石岡駅下車 クラブバスなし タクシー20分

筑波東急ゴルフクラブ(正会員)丘陵18ホールズ

募集価格272万円(入会金82万円、預託金190万円、年会費4万円)

<特徴>

東急不動産が経営母体。筑波学園都市に隣接。雄大な筑波山を望みコースはほぼフラットながら戦略性の高いコース。東急グループらしく会員の質が良いもの特徴のひとつで女性のメンバーも多い。つくばEX利用で都心(秋葉原)から電車でも行ける。

 

<アクセス>

常磐自動車道・桜土浦ICから19キロ(約30分)

電車の場合:つくばEX・つくば駅下車 クラブバスあり タクシー25分

美浦ゴルフ倶楽部(正会員)丘陵18ホールズ

募集価格215万円(入会金165万円、入会金50万円、年会費5.5万円)

<特徴>

PGMグループ。その中でもハイグレードな位置付けの『GRAND PGM』コース。過去に幾多のトーナメントを開催し、2021年も秋に男子レギュラーツアーを開催予定。筑波山を望む林間の趣のある丘陵コースで設計は名匠、R.T.ジョーンズ,Jr。池を効果的に配置し、景観美と戦略性を兼ね備えた上品なコース。練習場も目の前がフェアウエイで300ヤードと充実している。

 

<アクセス>

圏央道・稲敷ICから10キロ(約10分)

電車の場合:常磐線・土浦駅下車 クラブバスなし タクシー25分

静ヒルズカントリークラブ(正会員)林間丘陵18ホールズ

募集価格55万円(入会金55万円、預託金0円、年会費5.5万円)

<特徴>

森ビルの直営で日本ゴルフ選手権を開催(毎年)している宍戸ヒルズの姉妹コース。1987年のバブル期に会員数600名の少数精鋭で募集された法人接待向けコースで当時は日本初となる2ウエイ方式(グレープコースとアップルコース)のアメリカンスタイルの美しいゴルフ場だった。2005年に中島常幸プロの設計監修により18ホールズのアメリカンスタイルのトーナメントコースに生まれ変わり、女子のステップアップツアーの大会会場となっていたが、2021年9月には女子のメジャートーナメント(日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯)を開催。練習施設も充実しており、茨城方面のゴルファーには見逃せない会員権といえる。

 

<アクセス>

常磐自動車道・那珂ICから10キロ(約10分)

電車の場合:JR常磐線・水戸駅下車 クラブバスあり タクシー20分

アスレチックガーデンゴルフ倶楽部(週日会員;土曜日不可)林間18ホールズ

募集価格38万円(入会金38万円、預託金0円、年会費2.7万円)

<特徴>

精密プラスチック加工の(株)エンプラス(東証一部上場)が経営母体。名匠、小林光昭設計の高低差7メートルのフラットで自然林を多く残しつつ、池やバンカーなどのハザードを上手く配置した戦略的コース。1990年のバブル期に開場し、当時の募集価格は4,000~7,000万円でゴルフ場の名称はガーデンゴルフ倶楽部だった。法人接待コースとして募集したが現在は個人の競技志向のコースとなっており、会員満足度の高きゴルフ場。会員権は第三者譲渡が出来ず土日・祝日も使えないが、高速インターからも近く、平日休みのゴルファーにとってはの価値は高い会員権といえる。

 

<アクセス>

圏央道・稲敷ICから4キロ(約5分)

電車の場合:常磐線・佐貫駅下車 クラブバスあり(前々日の17時迄に予約が必要)

 

栃木県

あさひケ丘カントリークラブ(正会員)丘陵27ホールズ

募集価格33万円(入会金33万円、預託金0円、年会費3.9万円)

<特徴>

PGMグループ。唐沢山県立自然公園から近いなだらかな丘陵地に展開する27ホールズ。筑波コースと日光コースは割とフラットなホールが多いが富士コースは谷越えやアップダウンがあり戦略性に富んでいる。栃木ICの周辺のゴルフ場はどこも起伏が多いが同コースも例外ではない。

 

<アクセス>

東北自動車道・栃木ICから5キロ(約10分)

電車の場合:両毛線・栃木駅下車 クラブバスあり タクシー15分

サンヒルズカントリークラブ(正会員)丘陵36ホールズ

募集価格88万円(入会金88万円、預託金0円、年会費4.4万円)

<特徴>

PGMグループ。その中でもハイグレードな位置付けの『GRAND PGM』コース。宇都宮郊外の豊かな樹木と自然の起伏を活かした設計。

イーストコースはオーソドックスな丘陵コース。ウエストコースは開放的なアメリカンスタイルで池などのハザードが効いている。併設のゴージャスなホテルと温泉が自慢のリゾートコースで、夫婦でメンバーになれば至福の週末を過ごすことが出来る。

 

<アクセス>

東北自動車道・宇都宮ICから5キロ(約7分)

電車の場合:東北新幹線・宇都宮駅下車 クラブバスあり タクシー30分 ※東北新幹線は上野駅から宇都宮駅まで約40分と至便

那須国際カントリークラブ(正会員)丘陵18ホールズ

募集価格136万円(入会金66万円、預託金70万円、2.2万円)

<特徴>

東急不動産が経営母体。雄大な那須高原の自然林でセパレートされた18ホールズ。昭和37年(1962年)に三井物産が経営母体でオープンした約50年の歴史を誇るゴルフ場で、平成平成3年にパブリックから会員制に移行し、平成17年に三井物産から東急不動産に経営交代(売却)された経緯がある。

 

<アクセス>

東北自動車道・那須ICから10キロ(約15分)

電車の場合:東北新幹線・那須塩原駅下車 クラブバスあり タクシー30分

プレステージカントリークラブ(正会員)林間36ホールズ

募集価格132万円(入会金132万円、預託金0円、年会費5.5万円)

<特徴>

PGMグループ。その中でもハイグレードな位置付けの『GRAND PGM』コース。名設計家、ベンツアンドポーレット設計の林間コース。

フラットなレイアウトにもかかわらず飛距離はもちろん高い戦略性が求められる本格的トーナメントコース。過去、日本プロゴルフ選手権

、日本プロマッチ選手権、関東プロなどのメジャー大会を開催。栃木インター周辺は起伏があるがこのコースは各ホール殆どフラットに仕上げられている。1988年開場で相場は1991年には一時3,800万円を付けている。クラブハウスもゴージャスで法人接待にも使えるため、募集価格はリーズナブルと考えて差し支えない。

 

<アクセス>

東北自動車道・栃木ICから5キロ(約5分)

東武日光線・新栃木駅下車、クラブバスなし タクシー20分

小山ゴルフクラブ(週日;土曜日不可)林間18ホールズ

募集価格65万円(入会金55万円、預託金10万円、年会費3万円)

<特徴>

栃木県の名門、小山ゴルフクラブの土曜日使えない週日会員権。昭和35年(1960年)に日立・日産グループを中心に設立され2021年10月で開場61周年を迎える。栃木県とはいえ東北新幹線を利用すれば東京から40分、小山駅からクラブバスで10分と利便性が高い。名門の割に募集価格が安いため、リタイア層やセカンドコースとして、ぜひとも購入を検討されたい。

 

<アクセス>

東北自動車道・佐野藤岡ICから28キロ(約30分)

電車の場合:東北新幹線・小山駅下車 クラブバスあり タクシー10分

 

山梨県

上野原カントリークラブ(正会員)丘陵18ホールズ

募集価格108万円(入会金88万円、預託金20万円、年会費3.3万円)

<特徴>

『新宿から約1時間でティーアップ』がキャッチフレーズ。コースは標高450メートルの山岳地にありながらもホール間のインターバルで高低差を吸収し、風情のある自然美を生かした丘陵コースで緩い打ち下ろしホールが多いため、ラウンドが楽。都心から近い割には予約が取り易く、従業員・キャディ教育にも力を入れておりソフト、ハード面ともゴルファー満足度の高いゴルフ場。弊社の特別推薦コース(個人向け)としてYouTube動画をアップしている。

 

<アクセス>

中央自動車道・上野原ICから6キロ(約10分)

電車の場合:中央本線・藤野駅下車 クラブバスあり タクシー15分

都留カントリー倶楽部(正会員)丘陵27ホールズ

募集価格130万円(入会金110万円、預託金20万円、年会費3.9万円)

<特徴>

洋菓子のシャトレーゼ・グループが経営母体。日債銀を母体として発足するも同行の破綻(民事再生)により平成13年に現経会社(シャトレーゼ)の参加に。赤松や自然林など高原を思わせるフェアウエイは平均50メートルの幅をもつリゾート風の丘陵コース。西コース(18ホールズ)と東コース(9ホールズ)があり、西コースはストレートなホールが多く思い切って打って行ける。レストランのデザートが女性ゴルファーに人気。

 

<アクセス>

中央自動車道・都留ICから5キロ(約10分)

電車の場合:中央本線・大月駅下車 クラブバスあり タクシー25分

 

静岡県

天城高原ゴルフコース(正会員)丘陵18ホールズ

募集価格104万円(入会金44万円、預託金60万円、年会費2万円)

<特徴>

経営母体は東急不動産グループ。設計は名匠井上誠一。標高1,000メートルの原生林に囲まれた伊豆天城高原に位置し、全体的にフラットながら打ち下ろしや谷越えなど戦略性に富んでいる。会員権はバブル期に2,500万円前後で伊豆の別荘族達を主に取引されていた。

<アクセス>

小田原厚木道路・小田原西ICから72キロ(約90分)

電話の場合:御殿場線・御殿場駅下車 クラブバスなし タクシー40分

三木の里カントリークラブ(正会員)丘陵18ホールズ

募集価格88万円(入会金88万円、預託金0円、年会費2.2万円)

<特徴>

PGMグループ。戦略性が高くスコアメイクが難しいレイアウトだが自然が満喫できる。アクセスは新東名・遠州森町スマートインター開通でゴルフ場まで約5分と良好。

<アクセス>

東名高速・袋井ICから10キロ(約20分)、新東名・遠州森町スマートインターから約5分。

電車の場合:東海道新幹線・掛川駅下車 クラブバスなし タクシー30分

 

新潟県

中峰ゴルフ倶楽部(正会員)丘陵18ホールズ

募集価格55万円(入会金55万円、預託金0円、年会費2.8万円)

<特徴>

PGMグループ。標高40メートルから80メートルの丘陵地で越後平野や日本海、佐渡島が見渡せる絶好のロケーションに展開するアメリカンスタイルの丘陵コース。新潟とはいえ東京からも日帰り可能なリゾートコース。

 

<アクセス>

上越自動車道・薄井軽井沢ICから15キロ(約20分)

電車の場合:上越新幹線・新潟駅下車 クラブバスなし タクシー40分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

経営会社別ゴルフ場一覧

2021年6月10日 木曜日
ゴルフ場は大きく分けて、ゴルフ場経営会社が経営しているコース、上場企業がグループの福利厚生の一貫として建設したコースの2つに分かれます。PGM(パシフィックゴルフマネージメント)とアコーディアは大手ゴルフ場経営専門会社で、この2社が現在の日本のゴルフ場業界を牛耳っていると言っても過言ではありません。以下に挙げた以外にもゴルフ場を経営する会社はたくさんありますが、ゴルフ会員権の購入を検討中の皆さんの参考になればと思い、2コース以上のゴルフ場を経営している会社をピックアップし、その傘下のゴルフ場をグルーピングしてみました。

 

 

<埼玉県>

飯能くすの樹カントリー俱楽部

富貴ゴルフ俱楽部

岡部チサンカントリークラブ

川越グリーンクロス

KOSHIGAYA GOLF CLUB

 

<茨城県>

阿見ゴルフクラブ

笠間カントリークラブ

霞ヶ浦カントリー俱楽部

カントリークラブ・ザ・レイクス

ザ・インペリアルカントリークラブ

ザ・ゴルフクラブ竜ヶ崎

セゴビアゴルフクラブ・イン・チヨダ

玉造ゴルフ倶楽部(捻木コース・若海コース)

千代田カントリークラブ

扶桑カントリー俱楽部

グランドスラムカントリークラブ

美浦ゴルフ倶楽部

勝ゴルフ俱楽部

スプリングフィルズゴルフクラブ

内原カントリー俱楽部

 

<栃木県>

皐月ゴルフ俱楽部 鹿沼コース

皐月ゴルフ俱楽部 佐野コース

プレステージカントリークラブ

千成ゴルフクラブ

ピートダイゴルフクラブ(VIPコース・ロイヤルコース)

大日向カントリークラブ

ハーモニーヒルズゴルフクラブ

あさひケ丘カントリークラブ

サンヒルズカントリークラブ

 

<群馬県>

PGM富岡カントリークラブ ノース

PGM富岡カントリークラブ サウス

シルクカントリー俱楽部

 

<山梨県>

中央都留カントリー俱楽部

 

<静岡県>

富士チサンカントリークラブ

三木の里カントリークラブ

相良カントリークラブ

三島ゴルフ俱楽部

 

<福島県>

パーシモンカントリークラブ

ローレルバレイカントリークラブ

 

<長野県>

中央道春ケ峰カントリー俱楽部

 

<新潟県>

中峰ゴルフ俱楽部

アコーディア・ゴルフ

<東京都>

相武カントリー俱楽部

 

<神奈川県>

大厚木カントリークラブ

小田原ゴルフ俱楽部 松田コース

 

<千葉県>

アコーディア習志野カントリークラブ

花王カントリー倶楽部

房州カントリークラブ

鴨川カントリークラブ

グレンオークスカントリークラブ

成田ゴルフ俱楽部

千葉桜の里カントリークラブ

佐原カントリークラブ

東京湾カントリークラブ

オーク・ヒルズカントリークラブ

アクアラインゴルフクラブ

ニュー南総ゴルフ俱楽部

市原ゴルフクラブ

かずさカントリークラブ

ラ・ヴィスタゴルフリゾート

 

<埼玉県>

ノーザンカントリークラブ錦ヶ原ゴルフ場

彩の森カントリークラブ

こだま神奈川カントリークラブ

玉川カントリークラブ

寄居カントリークラブ

秩父国際カントリークラブ

さいたまゴルフクラブ

おおむらさきゴルフ俱楽部

 

<茨城県>

水戸・ゴルフ・クラブ

土浦カントリー俱楽部

石岡ゴルフ倶楽部 

セントラルゴルフクラブ

霞台カントリークラブ

ワイルドダッグカントリークラブ

取手桜が丘ゴルフクラブ

 

<栃木県>

大平台カントリークラブ

関東国際カントリークラブ

皆川城カントリークラブ

広陵カントリークラブ

喜連川カントリー倶楽部

 

<群馬県>

ノーザンカントリークラブ 赤城ゴルフ場

ノーザンカントリークラブ 上毛ゴルフ場

緑野カントリークラブ

ツインレイクスカントリー俱楽部

妙義カントリークラブ

ヴィレッジ東軽井沢ゴルフクラブ

甘楽カントリークラブ

藤岡ゴルフクラブ

関越ハイランドゴルフクラブ

 

<山梨県>

大月ガーデンゴルフクラブ

 

<静岡県>

伊豆国際カントリークラブ

三島カントリークラブ

愛鷹シックスハンドレッドクラブ

十里木カントリークラブ

 

<福島県>

小名浜オーシャンホテル&ゴルフクラブ

リベラルヒルズゴルフクラブ

 

<新潟県>

大新潟カントリークラブ

東急リゾートサービス

<神奈川県>

川崎国際生田緑地ゴルフ場

 

<千葉県>

大多喜城ゴルフ倶楽部

季美の森ゴルフ倶楽部

小見川東急ゴルフクラブ

芝山ゴルフクラブ

勝浦東急ゴルフコース

鶴舞カントリー俱楽部

麻倉ゴルフ倶楽部

 

<茨城県>

猿島カントリー倶楽部

筑波東急ゴルフクラブ

サミットゴルフクラブ(提携コース)

 

<栃木県>

那須国際カントリークラブ

 

<群馬県>

板倉ゴルフ場

 

<静岡県>

天城高原ゴルフコース

 

<長野県>

斑尾東急ゴルフクラブ

蓼科東急ゴルフコース

望月東急ゴルフクラブ

ネクスト・ゴルフ・マネジメント

<千葉県>

東千葉カントリークラブ

富士市原ゴルフクラブ

 

<埼玉県>

アドニス小川カントリー俱楽部

 

<茨城県>

出島ゴルフクラブ

かすみがうらゴルフクラブ

おかだいらゴルフリンクス

 

<栃木県>

ディアレイク・カントリー倶楽部

アゼリアヒルズカントリークラブ

ひととのやカントリー俱楽部

 

<福島県>

小名浜カントリー俱楽部

市川造園グループ

<神奈川県>

チェックメイトカントリークラブ

東京カントリー倶楽部

 

<埼玉県>

美里ゴルフ倶楽部・美里ロイヤルゴルフクラブ

児玉カントリー倶楽部

 

<栃木県>

八洲カントリークラブ

佐野クラシックゴルフ倶楽部

思い川東急ゴルフ倶楽部

きぬがわ高原カントリークラブ

 

<群馬県>

大間々ゴルフ倶楽部

霞山カントリー倶楽部

 

<山梨県>

花咲ゴルフ倶楽部

富士川カントリークラブ

甲府国際カントリークラブ

 

<長野県>

根羽カントリークラブ

平谷カントリークラブ

 

<新潟>

イーストヒルゴルフクラブ

太平洋クラブ

<神奈川県>

太平洋クラブ 相模コース

 

<千葉県>

太平洋クラブ 成田コース

太平洋クラブ 市原コース

太平洋クラブ 八千代コース

 

<埼玉県>

太平洋クラブ 江南コース

 

<茨城県>

太平洋クラブ 美野里コース

太平洋クラブ 大洗シャーウッドコース

太平洋クラブ 金乃台

 

<栃木県>

太平洋クラブ 佐野ヒルクレストコース

太平洋クラブ 益子PGAコース

 

<群馬県>

太平洋クラブ 高崎コース

太平洋クラブ 軽井沢リゾート

 

<静岡県>

太平洋クラブ 御殿場コース

太平洋クラブ 御殿場WEST

 

<福島県>

太平洋クラブ 白河リゾート

シャトレーゼ

<東京都>

東京国際ゴルフ倶楽部

 

<栃木県>

城山カントリー俱楽部

東雲ゴルフクラブ

 

<山梨県>

都留カントリー倶楽部

勝沼ゴルフコース

春日居ゴルフ倶楽部

甲斐ヒルズカントリー俱楽部

 

<静岡県>

富士見ヶ丘カントリー俱楽部

 

<長野県>

小海リエックス・カントリークラブ

シャトレーゼカントリークラブ野辺山

リゾートソリューション

<千葉県>

真名カントリークラブ

 

<埼玉県>

北武蔵カントリークラブ

 

<茨城県>

スパ&ゴルフリゾート久慈

 

<栃木県>

益子カントリー俱楽部

南栃木ゴルフ倶楽部

 

<山梨県>

西東京ゴルフ倶楽部

 

<静岡県>

大熱海国際ゴルフクラブ

裾野カンツリー倶楽部

 

<福島県>

福島石川カントリークラブ

ジャパンゴルフマネージメント

<埼玉県>

埼玉ロイヤルゴルフ倶楽部おごせコース

 

<茨城県>

JGMやさと石岡ゴルフクラブ

JGM笠間ゴルフクラブ

JGMセベ・バレステロスゴルフクラブ

JGM霞丘ゴルフクラブ

 

<栃木県>

JGMゴルフクラブ 宇都宮コース

 

<群馬県>
JGMロイヤルオークゴルフクラブ

JGMベルエアゴルフクラブ

東京建物リゾート

<千葉県>

東庄ゴルフ倶楽部

 

<埼玉県>

Jゴルフ鶴ヶ島

 

<ジェイゴルフ霞ヶ浦>

河口湖カントリークラブ

都ゴルフ倶楽部

 

<静岡県>

ホロンゴルフ倶楽部

リバー富士カントリークラブ

 

<福島県>

バイロンネルソンカントリークラブ

白河高原カントリークラブ

ユニマットグループ

<東京都>

東京バーディクラブ

 

<千葉県>

白鳳カントリー倶楽部

レインボーヒルズカントリークラブ

多古カントリークラブ

千葉バーディクラブ

 

<群馬県>

富岡倶楽部

 

<長野県>

中軽井沢カントリークラブ

レイクウッドコーポレーション

<神奈川県>

レイクウッドゴルフクラブ

平塚富士見カントリークラブ

 

<山梨県>

レイクウッドゴルフクラブ サンパーク明野コース

西山ホールディングス

<千葉県>

館山カントリークラブ

 

<埼玉県>

大宮国際カントリークラブ

大宮カントリークラブ

 

<福島県>

棚倉ステークスカントリークラブ

サラブレッドカントリークラブ

東都自動車グループ

<埼玉県>

東都秩父カントリー俱楽部

東都埼玉カントリー俱楽部

東都飯能カントリー倶楽部

 

<栃木県>

東都栃木カントリー倶楽部

 

<福島県>

東都郡山カントリー倶楽部

リゾートトラスト

<山梨県>

メイプルポイントゴルフクラブ

 

<静岡県>

グランディ浜名湖ゴルフクラブ

 

<福島県>

グランディ那須白河ゴルフクラブ

 

<長野県>

グランディ軽井沢ゴルフクラブ

ゴールドクレスト

<千葉県>

ゴールド木更津カントリークラブ

 

<栃木県>

ゴールド佐野カントリークラブ

ゴールド栃木プレジデントカントリークラブ

 

<静岡県>

ゴールド川奈カントリークラブ

 

<新潟県>

ゴールド越後湯沢カントリークラブ

関東文化開発

<東京都>

GMG八王子ゴルフ場

 

<埼玉県>

長瀞カントリークラブ

鴻巣カントリークラブ

新日本観光

<千葉県>

千葉新日本ゴルフ倶楽部

 

<埼玉県>

浦和ゴルフ倶楽部

 

<茨城県>

潮来カントリー俱楽部

東京レジャー開発

<茨城県>

ザ・ロイヤルゴルフクラブ

カバヤゴルフクラブ

 

<静岡県>

富岳カントリークラブ

OGIホールディングス

<栃木県>

アイランドゴルフリゾート那須

アイランドゴルフパーク東那須

 

<福島県>

アイランドゴルフリゾート那須

福島カントリークラブ

東日本開発

<静岡県>

東富士カントリークラブ

富士国際ゴルフ倶楽部

東京グリーン

<千葉県>

カレドニアン・ゴルフクラブ

冨里ゴルフ倶楽部

平和農産工業

<千葉県>

姉ヶ崎カントリー倶楽部

立野クラッシック・ゴルフ倶楽部

森ビル

<茨城県>

宍戸ヒルズカントリークラブ

静ヒルズカントリークラブ

 


Copyright(C) TKゴルフサービス.All Rights Reserved.