2022-07-07145203
main_ban-2
スクリーンショット 2022-09-27 20.56.56
スクリーンショット 2022-09-27 21.44.51
previous arrow
next arrow

ブログ

総額100万円前後で買えるお薦めゴルフ会員権

今こそゴルフ会員権を購入し、真のメンバーライフ  を堪能すべし!

1)バブル期のゴルフ会員権相場について

バブル期には関東600コースのゴルフ会員権の平均相場は3500万円を超えていました。当時、特別縁故会員として400万円で募集していた宍戸ヒルズカントリークラブ(茨城県)の会員権相場は5000万円を超え、同じく特別縁故会員として東急グループが600万円で募集した白鳳カントリークラブ(千葉県)の会員権相場はピーク時3500万円になりました。その頃、東京の小金井カントリークラブの会員権相場は5億円を超え、桜ケ丘カントリークラブ(東京)1億3500万円、相模原ゴルフ倶楽部(神奈川県)2億3000万円、府中カントリークラブ(東京)も1億円を超えるなど、いわゆる億カンといわれるゴルフ場が続出しました。最も安い会員権は千葉レイクサイドカントリー倶楽部(元アルカディアゴルフクラブ)でしたが、それでも会員権相場は500万円、大衆大型ゴルフ場で有名な新千葉カントリークラブの会員権相場は140万円と低迷していたものの、バブル経済の到来により、僅か半年もかからずに900万円になっていました。

自分が450万円で購入した皐月鹿沼・佐野(共通会員権)(栃木県)もピーク時1300万円、400万円で購入した富士御殿場ゴルフ倶楽部の会員権相場も1150万円になりました。会員権マーケットは総額1000万円以上のゴルフ場ばかりとなり、どこかのゴルフ場のメンバー(会員)になることは経済的負担から難しくなり、いくらバブル経済とはいえゴルフ会員権はサラリーマンには手の届かない高値の花になったものです。バブル最盛期に最も安かった会員権は小田原ゴルフ倶楽部日動御殿場コース(静岡県)で、それでも会員権価格170万円(名義書換料30万円)で総額200万円が必要でした。

以上は古くから存在した既設ゴルフ場の会員権相場の話ですが、新設のゴルフ場も売り出しが価格が800~1000万円台のところも多く、お飾りとはいえ最終募集金額を2億円に設定するゴルフ場(キングフィールズゴルフクラブ)も存在しました。

常磐自動車道・日立那珂ICから10分という今では考えられない遠方のザ・オーシャンゴルフクラブ(茨城県)はタレント(杉本彩さん)を起用してTVCMを打ち、特別縁故1000万円はあっという間に完売。最終募集金額は4000万円でしたが、それでも短期間の間に完売しました。埼玉銀行(当時の都市銀行)では『トッププレーヤーズカントリークラブ窓口』なるものが出来、特別縁故1000万円~最終募集4000万円で銀行が積極的にゴルフ場を販売するなど、ゴルフ会員権はバブルの申し子と言われました。

2)バブル崩壊後のゴルフ会員権相場について

しかし、1991年にバブルが崩壊すると状況は一変します。どのゴルフ場の会員権も坂道を転がるように下がり始め、一旦は持ち直したものの湾岸戦争の勃発により、再び下がり始め、その後右肩下がりで一度も騰がることなく2019年まで推移し、どこのゴルフ場の会員権も相場は底なし沼になり、ゴルフ会員権の価格が大幅に下落したことから、ゴルフ会員権売買マーケットから撤退する会員権業者も多発しました。

3)新型コロナウイルスによるゴルフのプレースタイルの変化

図表は2015年までのものですが、2015年以降も騰がることなく、1989年~1991年をピークにその後は一進一退を繰り返しながら下げ続けていました。新型コロナ禍、2020年4月から5月にかけては瞬間風速で10%も下がっていますが、ゴルフは3蜜にならず、新型コロナの影響を受けにくいスポーツのため、人気ゴルフ場は平日からどこも満杯の状況になっています。レストランやお風呂は使えないゴルフ場もありますが、18ホールスループレーも導入され始めました。18ホールスループレーとは米国や欧州のラウンドスタイルです。9ホール終了時に昼休み(ランチ)を挟むのはゴルフ場が収益を上げるためで、日本独自のラウンドスタイルのため、Withコロナ時代の昨今は18ホールスループレーのゴルフ場が増える傾向にあります。

そうなると、メンバー1人でホームコースにプレーに行った際にはプレーにのみ集中していればよく、ランチ時に他のプレーヤー(メンバーやビジター)に気を遣うこともなくなるため、今までとは違ったかたちでのメンバーライフが創出される可能性があります。最近では予約代行業者や会員制ゴルフ場でもメンバーシップの薄いコースではビジター1人予約を普及させつつあります。新たなビジターライフの到来とは思いますが、やはり、会員権を購入してマイコースを持つことは、ゴルファーにとっては夢や憧れであることに変わりはありません。

4)総額100万円前後で購入できるおススメゴルフ会員権

そこで、皆さんにおススメしたいのが総額100万円前後で購入できるゴルフ会員権です。100万円であれば家計に負担のない範囲でメンバーライフ(ビジターでは味わえない)を満喫することが出来ます。

この場合、用途(目的)によってゴルフ会員権の選び方が異なってきます。

ゴルフ会員権を購入する用途(目的)は様々ですが、大方は以下に示すパターンに分かれます。

◎パターンA

・競技会(月例コンペなど)に参加したい。

・土日祝日にプレーしたい(平日が休めない会社員など)。

⇒この場合、正会員権を購入する必要があります。

◎パターンB

・競技会に参加する気はないが、平日は仕事のため出来れば土曜日にプレーしたい。

⇒この場合には土曜日使える平日会員権を購入することをおススメします。

☆理由はパターンAよりも1ランク上のゴルフ場のメンバーになれるからです。

◎パターンC

・平日にプレーできるので、わざわざ混んでいる土日・祝日にはプレーする気はない。

⇒この場合には、月曜~金曜日まで使える週日会員権を購入することをおススメします。

☆理由はパターンAよりも2ランク上のゴルフ場のメンバーになれるからです。

 

今回のコラムでは、パターンA(正会員権)の中から100万円前後で購入できる会員権を抜粋しました。

それでは具体例を見ていきましょう。

 

・入間カントリー倶楽部(埼玉県) 関越自動車道・鶴ヶ島ICから11キロ

総額107万円(入会金77万円、預託金30万円)にて補充募集中。

相場推移;過去最高3,700万円、最安値24万円

☆お薦めポイント☆

・50歳未満の方、2口同時入会の方、女性は96万円(入会金66万円、預託金30万円)で入会可能。

・経営は東証一部上場の(株)クラレで堅実な経営がなされている。

・土日・祝日はメンバータイムが8~10組とタップリ確保されており、前日11時から1人予約可能。

・都心からのアクセスも良好でクラブバス(東武東上線、坂戸駅発)の本数も多く電車でも行ける。

<難点>

・コースに起伏があるため(ティーショット打ち下ろし、セカンド打ち上げのホールが多い)、

 好みが別れるが、視察プレーした方の9割は入会している。

 

・上野原カントリークラブ(山梨県) 中央自動車道・上野原ICから約6キロ

総額108万円(入会金88万円、預託金20万円)にて補充募集中。

相場推移;過去最高値120万円、最安値10万円

☆お薦めポイント☆

・都心(新宿)から57キロ(約1時間)の好アクセス。
 (中央自動車道、上野原ICから6キロ)

・コースが戦略的で風光明媚(打ち下ろしホールが多くフェアウエーが広い)。

・メンバー重視の経営で競技会も盛ん。

・クラブライフが充実しておりアットホームな雰囲気。

・ハウスキャディー(40名在籍)の教育が行き届いている。

・年会費が3.3万円とリーズナブル。

・メンバー数が1,100名前後と適正で予約が取り易い。

<難点>

・メンバーフリータイムがない。

 

・宍戸ヒルズカントリークラブ(茨城県) 常磐自動車道・岩間ICから9キロ(約10分)

会員権相場85万円、名義書換料55万円、年会費7.15万円

相場推移;過去最高値4,600万円、最安値20万円

☆お薦めポイント☆

・日本ゴルフツアー選手権(メジャートーナメント)の大会会場となるゴルフ場でアメリカンスタイルに西コース、オーソドックスな東コースでコースレイアウトやメンテナンスが素晴らしい

・メンバータイムが豊富で土日・祝日もメンバー1人なら予約不要。

・全組オールキャディ付(乗用カート)でのプレーのため、キャディが潤滑油になるため、一人でも苦楽にプレーに専念できる。

・土日祝日のビジターフィーは25,000円以上のため、メンバーフィー9,000円前後との差益が大きい。

・経営会社は森ビルで堅実経営がなされている。

・北関東自動車道・友部ICから約2.8キロ、常磐自動車道・岩間ICから9キロとインターから近い。

<難点>

・都心から距離がある(ただ、三郷ICから岩間ICまで69キロなので差ほど苦痛な距離ではない)

・新型コロナ禍によるゴルフブームで相場が騰がってしまった。

 

・岡部チサンカントリークラブ(埼玉県) 関越自動車道・花園ICから12キロ(約15分)

会員権相場15万円、名義書換料33万円、年会費3.96万円

相場推移;過去最高値1,770万円、最安値7万円

☆お薦めポイント☆

・フラットな美里コース(18ホールズ)と戦略的な岡部コース(18ホールズ)が楽しめる。

 (美里コースは関東オープンも開催された本格的レイアウト)

・インターからの道路がスムーズで(逆方向が混んでいる)、予約が比較的取り易い。

・運営がゴルフ場経営最大手のPGMで、系列コースが準メンバーフィーでプレー可能。

・年会費3.96万円はリーズナブル。

<難点>

・アクセスとコースレイアウトは抜群だが、正会員数4,200名のため若干混みあう時あり。

(但し、予約は比較的取り易い)

 

・川越グリーンクロス(埼玉県)

会員権相場40万円、名義書換料22万円、年会費3.3万円

相場推移;過去最高値820万円、最安値30万円

☆おススメポイント☆

・河川敷ではあるがコースがアメリカンスタイルで美しい。

・アクセスが良い(首都高速・埼玉大宮線/与野ICから10キロ、関越自動車道/川越ICから10キロ)。

・PGMが運営するゴルフ場で、系列コースが準メンバーフィーでプレー可能。

・早朝プレーあり(状況によっては一人でのプレーも可)。

<難点>

・クラブバスがない

 

・富貴ゴルフ俱楽部(埼玉県)

会員権相場55万円、名義書換料27.5万円、年会費2.64万円

相場推移;過去最高値730万円、最安値40万円

☆おススメポイント☆

・河川敷のゴルフ場ではあるが、水絡みのホールが多く、フェアウエイにはマウンドもあり、本格的なプレーが楽しめる。

・PGMの系列コースが準メンバーフィーでプレー可能。

・早朝プレーあり(状況によっては一人でのプレーも可能)。

・ビジターフィーが比較的高いためメンバーメリットが大きい。

<難点>

ビジターを割と詰め込むため、プレーに時間がかかる日がある(裏を返せばそれだけ人気が高いゴルフ場)。

 

・大多喜城ゴルフ俱楽部(千葉県)

会員権相場60万円、名義書換料55万円、年会費3.85万円

※相場推移;過去最高値2,750万円、最安値38万円

☆おススメポイント☆

・東急不動産が経営母体で堅実経営。

・フラットな大地にゆったりと息づく27ホールズで、戦略性が高く攻めのゴルフの醍醐味も満喫できる。

・クラブハウスの造りが非常に大きく綺麗で素晴らしい(朝はバイキングがある)。

・会員権相場が安定しており、売却の際に購入した金額と同等以上で売れる可能性あり。

・予約が取りやすい。

<難点>

館山自動車道・市原ICから35キロと距離がある(そのため、セカンドコースとして利用しているメンバーも多い)。

 

・本千葉カントリークラブ(千葉県)

会員権相場60万円、名義書換料66万円(預託金充当制度利用により46万円)、年会費4.18万円

※相場推移;過去最高値1,600万円、最安値1万円

☆おススメポイント☆

・27ホールズの丘陵コースはどのホールも戦略性に富み、美しく飽きが来ない。

・キャディ付プレーも選択可能なため、メンバー1名で行くときに気楽。

・都心からのアクセスが良い(京葉道路・蘇我ICから5キロ、JR千葉駅からクラブバスあり)。

・売り物が出にくく市場は常に買い優勢のため、不要になった場合、比較的好条件で売却できる。

・名義書換料が66万円とやや高めであったが、20万円まで預託金から充当できるようになった。

<難点>

・特になし

 

・赤羽カントリー俱楽部(東京都)

会員権相場65万円、名義書換料66万円、年会費2.64万円

※相場推移;過去最高値2,000万円、最安値20万円

☆おススメポイント☆

・昭和32年開場の歴史のあるゴルフ場で株主会員制。

・河川敷コースではあるが、練習コースやセカンドコースとして最適。

・とにかくアクセスが良い

⇒首都高速道路・板橋本町駅ICから5キロ(JR埼京線・浮間舟渡駅下車、徒歩8分。クラブバスもあり)

・早朝プレーあり

・河川敷コースながら希望によりキャディ付プレーも可能。

<難点>

・河川敷コースのため豪雨や台風で冠水する可能性あり。

 

今回ご紹介した会員権はバブル期に3,700~5,000万円の相場を形成していたコースもあり、100万円前後とはいえメンバーシップの色合いの濃いゴルフ場です。

又、昨今は低金利のゴルファーズローン【無担保・無保証人、金利(4%前後)で名義書換料や仲介手数料込のフルローン】もご活用いただけます。

弊社(TKゴルフサービス)では、常にお客様の視点に立ち、最適なゴルフ会員権の売買やご購入をお手伝いさせて頂いております。

どんな些細なことでも、どうぞお気軽にご相談ください。相談は無料です!  無料相談・お問い合わせフォームはコチラ

お急ぎの方は0805549950までご連絡ください!

 

 

\各スクールでゴルフ力診断/

RIZAP GOLFの体験取材はこちら!

-ブログ

© 2022 TKゴルフサービス