ゴルフ会員権の売買・購入・売却|TKゴルフサービス > ブログ > 真のメンバーライフとは?

真のメンバーライフとは?


実際の体験談をお話させていただきます。それはバブル期の東都栃木カントリー倶楽部での話になります。

 

『9時~10時半までメンバータイムのため予約不要』という事が魅力で同ゴルフ場の会員権を購入しメンバーとして毎週末プレーを楽しみました。

「ゴルフ=早起き」という言葉は東都栃木CCには不要でした。朝8時過ぎに家(世田谷区深沢)を出発し到着するのは10時前後。常磐自動車道の土浦北インターから下道をテクテク43キロ(約50分)。

いささか遠かったものの下道の渋滞はなく、遠足気分でドライブを楽しみました。また、高速料金が差程かからなかったのも魅力でした。片道2050円(首都高速700円+常磐自動車道1350円)と記憶しています。

(帰りは谷和原まで下道を走りましたのでもっと安かったです)。

 

10時前後にクラブハウスの玄関に堂々と愛車を止め、バッグを自分で卸し(さすがにこの時間帯になるとキャディさん等のお出迎えはありません)、駐車場に車を留めに行き受付を済ませると『小松様、10時35分のスタートになります』

といった具合。

 

少し早めにスタートホールに行くと、私と同じように一人で来場しているメンバーの方々がストレッチしたり談笑していたり。自分(27歳)の他、30代、40代、60代の組み合わせの日もありましたが、いつも和気あいあいで、

年齢、社会的地位を超えて心からゴルフをエンジョイすることが出来ました。会員権を購入しゴルフ場のメンバーになると、【朝の天候を見て、気が向いた日】にゴルフプレーを楽しむ事が可能になり、オフィシャルHCを取得し、

月例会(競技)に参加することも楽しみのひとつになります。 競技で優勝すると大きなトロフィーが貰え、会報に顔写真が掲載されてコースの顔になれます。

 

メンバーズボードに自分の名前を刻み、研修会等に参加してトコトン腕を磨く事も!

 

究極はクラブチャンピン選手権(クラチャン)への出場(挑戦)ですが、これらはビジターでは味わえないものと思います。

当時の東都栃木CCの会員権は360万円(入会金60万円+預託金300万円)でしたが、昨今ではもっと安い値段でもっと近くのゴルフ場のメンバーになる事が可能です。

 

TKゴルフサービスはゴルフ場に関して色々と情報武装しています。無料相談はコチラ!

 

※ゴルフ会員権の相場一覧はこちら

※県別おススメコースはこちら

※ゴルフ会員権コラムはこちら

ゴルフ会員権の売買に関するお問合せはコチラ

弊社の顧問は公益財団法人日本生産性本部認定経営コンサルタントです。お問い合わせ頂いた後にしつこい営業行為はおこなっておりませんので、ご安心ください。

 



コメントをどうぞ

CAPTCHA



Copyright(C) TKゴルフサービス.All Rights Reserved.