ゴルフ会員権の売買・購入・売却|TKゴルフサービス > ブログ > 預託金充当制度とは?!

預託金充当制度とは?!


ゴルフ会員権を購入する際に必要になるのは会員権代金のほかに、名義書換料、入会預託金(コースによって)、仲介手数料、入会推薦人(紹介人)への謝礼などのイニシャルコストおよび年会費(ランニングコスト)が必要になります。

バブル期にはゴルフ会員権相場が関東600コースで3,500万円と高かったため、気にならなかった名義書換料(多くのコースで30万円~200万円を徴収)ですが、バブル崩壊後に下落した会員権相場(関東600コース平均110万円前後)では、『名義書換料の高さが会員権購入のボトルネックになってる』と言われた時期がありました。中には名義書換料を無料にしたゴルフ場(埼玉県の『さいたま梨花カントリークラブ』)などもありますが、100万円の名義書換料を徴収するコースではその価格を据置きにするところも多く、会員権業界からはゴルフ場に対して名義書換料を下げる要望もあり、一部のコースでは期間限定でキャンペーン的に名義書換料の価格を下げるコースも出てくるようになりました。

 

そのような背景のもと、ゴルフ場経営会社、最大手のPGM(パシフィックゴルフマネージメント)が先陣を切って、預託金の一部(又は全部)を名義書換料に充当することで、譲渡人から譲受人への名義書換料を実質0円にするシステムを導入し、好評を博しています。

そのことが起因となり、一部のゴルフ場でも、預託金充当システムを導入するゴルフ場(千葉県の『本千葉カントリークラブ』など)も出て来るようになりました。

 

預託金充当システムについて図解すると以下のようになります(PGMのホームページから引用)。

【預託金】一部充当、【入会金】全額充当の場合【預託金】全宅充当、【入会金】一部充当の場合

 

CaseA、Bをご覧ください。預託金の券面(額面)は減額されますが、減額される分を名義書換料に充当することで名義書換料が大幅に減額(もしくは0円)になるシステムが預託金充当制度です。今のご時世、無額面のプレー券での募集も増えていますので額面が0円になっても特に問題ない訳です。ただ、額面が残っているほうが売却するときに高く売れるため、会員権マーケット(会員権市場)では、同一銘柄でも『額面あり』と『無額面(0円)』の2つ相場が存在するようになり、これが会員権相場を多少ややこしくしているという実情もありますが、預託金充制度はゴルフ会員権業界にとって画期的であり、着実に会員権購入の入会促進に繋がっています。

 

弊社ではPGM(パシフィックゴルフマネージメント)の会員権を一般名義書換(第三者からの譲受)、募集中コースに拘わらず、会員権購入希望者様へ強くおススメしております。今回は同社の預託金充当制度の概念を簡単にご説明しましたが、具体例につきましては、別途ご案内させて頂きますので、どうぞお気軽にご相談・お問合せください。

 

令和3年7月18日

株式会社TKゴルフサービス

小松 高明

 

 

 

 

 



コメントをどうぞ

CAPTCHA



Copyright(C) TKゴルフサービス.All Rights Reserved.