創業者プロフィール

25歳の時に友人に誘われたことがきっかけでゴルフを始める。その後、シングルを目指してゴルフ会員権(360万円)を購入し、毎週末ホームコースへ。バブル経済下、ゴルフ会員権相場が騰がり始めたことをきっかけにゴルフ会員権の研究を重ね一時6つのゴルフ場のメンバーに。ゴルフ会員権の研究が命(趣味)になり、父の経営するコンサルティング会社を飛び出し大手会員権業者へ転職。35年以上に亘るゴルフ場および会員権の分析経験を活かして社会貢献したいとの思いから2017年9月にTKゴルフサービス(サイト)を開設。

ブログ

ゴルフ会員権相場が安価な名門コース7選

今回は会員権相場が割安な名門ゴルフ場の会員権をご紹介したいと思います。

会員権相場が割安な会員権の共通の特徴として入会預託金(退会時返還)を徴収しているところが多いです。

それぞれ説明します。

<神奈川県>

1)湘南シーサイドカントリー倶楽部(名義書換料77万円、 入会預託金100万円、年会費4万4000円)

・会員権相場120万円(バブル期4200万円)

 

2)長竹カントリークラブ(名義書換料110万円、入会預託金200万円、年会費6万6000円)

・会員権相場90万円(バブル期6400万円)

 

3)レインボーカントリー倶楽部(名義書換料88万円、 入会預託金120万円、4万9500円)

・会員権相場140万円(バブル期5400万円)

 

<埼玉県>

4)高坂カントリークラブ(名義書換料132万円、入会預託金100万円、8万8000円)

・会員権相場110万円(バブル期8000万円)

 

<千葉県>

5)鎌ヶ谷カントリークラブ(名義書換料110万円、入会預託金200万円、5万5000円)

・会員権相場50万円(バブル期4000万円)

 

6)船橋カントリークラブ(名義書換料132万円、入会預託金100万円、年会費5万5000円)

・会員権相場50万円(バブル期5700万円)

 

<茨城県>

7)取手国際ゴルフ倶楽部(名義書換料110万円、入会預託金200万円、6万6000円)

・会員権相場60万円(バブル期5200万円)

 

ここに紹介したゴルフ場はいずれも名門コースばかりです。そのゴルフ場の会員権は30~55万円で取得可能となっています。相場低迷の主な理由は長引く不況もありますが、名義書換料がやや高めなことに加えて、入会預託金を100~200万円徴収するからだと考えられます。しかしながら入会預託金は次に入会する方からも徴収するため退会時(ゴルフ会員権売却時)には必ず戻ってきますので、実質的な持ち出しは名義書換料のみと割り切って考えることも可能です。

もちろん年会費がありますのでその分は考慮する必要がありますが、上記のゴルフ場の会員権相場はバブル期のそれと比べてかなり安く、会員権相場(価格)は底打ちしていると考えられますので、今後の景気の動向次第では将来、不要(使わなくなって)になって売却(退会)する時には現在よりも会員権相場が高くなっている可能性もあります。

入会預託金に関しては、日銀の施策によるマイナス金利導入により、銀行に預けておいても金利はほとんどつきませんので、『名門ゴルフ場へお金を預けておく』と割りきって考えてみては如何でしょうか。

土日祝日のビジターフィは安いところで2万円前後、高いところは3万4000円前後かかりますので、メンバーフィー(1万円前後)で月に1~2回、土日祝日主体にプレーすれば2~3年で元が取れる計算になります。

会員権業者間では、名義書換料の値下げや、入会預託金の撤廃を求める声も多いですが、今回ご紹介した7コースは、入会預託金が存在するからこそ、会員権相場が安いと考えられるため、手元資金に余裕のある方で名門コースのメンバーになることを真剣に考えているゴルファーの方は購入(入会)を前向きにご検討されても良いと思います。

各コースの詳細情報につきましては別途資料をお送りさせて頂きます。お気軽にご相談ください!

 

 

-ブログ

© 2022 TKゴルフサービス