創業者プロフィール

25歳の時に友人に誘われたことがきっかけでゴルフを始める。その後、シングルを目指してゴルフ会員権(360万円)を購入し、毎週末ホームコースへ。バブル経済下、ゴルフ会員権相場が騰がり始めたことをきっかけにゴルフ会員権の研究を重ね一時6つのゴルフ場のメンバーに。ゴルフ会員権の研究が命(趣味)になり、父の経営するコンサルティング会社を飛び出し大手会員権業者へ転職。35年以上に亘るゴルフ場および会員権の分析経験を活かして社会貢献したいとの思いから2017年9月にTKゴルフサービス(サイト)を開設。

県別お薦めコース

東松山カントリークラブ(埼玉県)

総額390万円前後(税込)【会員権価格225万円から交渉、名義書換料110万円、入会預託金50万円、仲介手数料55,000円】(年会費79,200円、購入時は月割精算)

※入会預託金50万円は退会時(売却時)に返還されます。

※無料お見積り・お問い合わせはこちら

東松山カントリークラブは埼玉県東松山市にある昭和38年開場のゴルフ場です。コース設計は数々の名門コースで設計を手がけた藤田欽哉氏。過去にフジサンケイクラシックやマルマンオープンなどのトーナメント開催実績をもつ丘陵コースで倉本昌治選手が4日間で24アンダー(当時)のトーナメントレコードを叩き出したコースで有名。ホールとの間は風格ある松林や大きく育った樹木がセパレートしているので、林間の趣きも感じられます。フェアウエイは広くフラットですが、ティグラウンドから見える「うねり」には距離感・ボールの落としどころを計算したいところです。何度プレイしても飽きない全27ホールズ。全体的にグリーンが見える東コース、中コースは本格派な玄人に特におすすめのコースです。また、西コースはドックレックなど変化に富んだ造りとなっています。バンカーや大小様々な池の攻略もスコアアップのカギを握っています。

創業会社が倒産した為、会員が出資し自力再建、個人株主の倶楽部になったという歴史がありますが、メンバーの横の繋がりは強固です。コースレイアウトも一流ですが、アットホームさも魅力の一つです。また、クラブハウス内のレストランの食事が安くて美味しいとの定評があります。気軽にゴルフが楽しめる…これこそがメンバーシップのゴルフ場!

交通ルートは電車場合、クラブバスの運行がある東武東上線 森林公園駅が最寄駅です。車をご利用の場合は関越自動車道 東松山ICより8km。アクセス良さから首都圏にお住まいの方に大変おすすめのコースです。

◆交通機関
関越自動車道「東松山IC」より8.0km 
東武東上線「森林公園駅」下車、北口よりクラブバスあり。

 

※ゴルフ会員権の相場一覧はこちら

※県別おススメコースはこちら

※ゴルフ会員権コラムはこちら

\会員権売買初心者の方へ親切・丁寧にアドバイスいたします/

ゴルフ会員権の売買に関する無料相談フォームはこちら!

☆豊富な取引実績・ゴルフ会員業界トップクラスのスキルを提供☆

 

 

-県別お薦めコース

© 2022 TKゴルフサービス