ゴルフ会員権の売却・購入・売買・相場・情報|TKゴルフサービス > 県別お薦めコース > 清川カントリークラブ(神奈川県)

清川カントリークラブ(神奈川県)

購入総額200万円前後〖会員権価格80万円前後、名義書換料120万円、年会費5万円(購入時は月割精算)、仲介手数料3万円〗

 

清川カントリークラブは神奈川県愛甲郡清川村にある昭和60年9月開場の神奈川県最後のゴルフ場です。条例によりゴルフ場建設が抑制されている神奈川県内で宮ヶ瀬ダムの建設に伴う地元振興策の一環で認可された”県内で一番最後”のコースで、平成12年に外資系企業のローンスターグループが清川カントリークラブの債権を買い取って競売が起こりました。ゴルフ場を守りたいという会員の熱い思いから、平成13年に会員総会で間接株主会員制清川カントリークラブを設立、更生計画案を作成。平成15年12月に会社更生手続きが決定となり、間接株主会員制に移行し「新生・清川カントリークラブ」として生まれ変わりました。再建時にメンバー様が追加金を出資した経緯があり、メンバー様のコースへの思い入れは強く、なかなか安い売物が出ないコースです。

交通アクセスは車でお越しの場合、東名高速道路「厚木IC」から8km。または圏央道「圏央厚木IC」から14km。清川カントリークラブの駐車スペースには屋根が付いており、天気を気にすることなく移動ができます。電車をご利用の場合、小田急電鉄小田原線「本厚木駅」で下車し、車で約20分。本厚木駅からはタクシーのご利用またはクラブバスでお越し頂けます。クラブバスは駅の北口に専用の乗り場がございます。東京都心をはじめとした関東近郊にお住まいのゴルファーが気軽に足を運べる便の良い立地にあるゴルフ場です。

清川カントリークラブは豊かな自然が美しい全長6,297ヤードの丘陵コースです。北西部に望むは丹沢連山の雄大な山並みと宮ヶ瀬ダム、コース内には豊富な樹木が配されていて、林間の趣があります。秋になると針葉樹の鮮やかな紅葉がコースを彩り、茜色に染まったコースでのラウンドもまた一興。総面積93万平方メートルの丘陵地に配された個性的なデザインをもつ戦略性の高い18ホールズ。コースの設計は史上最高のゴルファーとして名高いジャック・ニクラス氏。ゴルフ界の帝王の哲学「ミスショットを見逃さない」を基に造られた計算し尽されたコースデザイン。グリーンはベント芝1グリーン。グリーンにはデリケートなアンジュレーションが施されています。ニューベント芝「007」をグリーンに全面に採用し、平成21年7月に張り替えが完了しました。


OUTコースは林間風の落ち着いた雰囲気が楽しめます。コースは池越え、グリーン前に大きく広がるバンカーが印象的な6番ホール、池越え、3連のバンカーがボールの行く手を阻む8番ホールなど、池が絡むデザイン。
INコースは豪快なショットが打てる打ちおろし、グラスバンカー、ドッグレッグなど丘陵コースならではのデザイン。16番ホールはバーディーが狙える反面、油断すると多叩きとなってしまうため気を引き締めてチャレンジしたいところ。プレーヤーのショット技術、正確性、飛距離、メンタル面に至るまで総合的な技量を要するエキサイティングなゴルフ場です。

プレースタイルは全組キャディ付、乗用カートでのラウンド。土日祝日8分間隔でのスタートとなりますが、「後ろを待たせない」メンバー同士の配慮が感じられるコースのため進行が非常にスムーズです。その他、練習設備は230ヤード、23打席ドライビングレンジの他に、アプローチ・バンカーの練習場も完備しています。

ゴルファー憩いの地、クラブハウスには露天風呂、サウナ付きの浴室、レストラン、各種コンペルーム、ショップがあります。ショップでは厚木名物の「とん漬け」をはじめとした地域の名産品からゴルフ用品まで幅広く取り揃えています。清川カントリークラブのレストランではスタミナ満点をはじめ品数豊富なメニューをご用意。レストランの人気のメニューは「倶楽部ラーメンセット」!ラーメン店に引けを取らないクオリティの高いラーメンのお味。美味しさに惚れ込み、足繁く通うメンバー様も多数いらっしゃいます。

清川カントリークラブはゴルフをこよなく愛する会員による運営が開かれたゴルフ場です。どこか一つゴルフ会員権の購入をご希望の方は是非この機会にご検討ください。まずは視察プレーをどうぞ!


◆交通機関
・自動車でお越しの場合
東名高速道路「厚木IC」から8.0km。
圏央道「圏央厚木IC」から14.0km。

・電車をご利用の場合
小田急電鉄小田原線「本厚木駅」下車し、クラブバスまたはタクシーのご利用で約20分。
本厚木駅の北口に清川カントリークラブのバス乗り場があります。



Copyright(C) TKゴルフサービス.All Rights Reserved.