創業者プロフィール

25歳の時に友人に誘われたことがきっかけでゴルフを始める。その後、シングルを目指してゴルフ会員権(360万円)を購入し、毎週末ホームコースへ。バブル経済下、ゴルフ会員権相場が騰がり始めたことをきっかけにゴルフ会員権の研究を重ね一時6つのゴルフ場のメンバーに。ゴルフ会員権の研究が命(趣味)になり、父の経営するコンサルティング会社を飛び出し大手会員権業者へ転職。35年以上に亘るゴルフ場および会員権の分析経験を活かして社会貢献したいとの思いから2017年9月にTKゴルフサービス(サイト)を開設。

ブログ

ゴルフと他の球技(スポーツ)との違いとは?!

・止まってる球を打つこと。

・年齢を問わず楽しめるスポーツ。
・ゴルフ場に行かなくても部屋で素振りするなど、いつでも触れることが可能。
・パットの練習などは絨毯や畳の上でも可能。
・頭脳スポーツであり、運動神経だけでなく色々な事(技術、道具、コースマネジメント)を考える楽しみがあるスポーツ。
・一人でも楽しめる(他のスポーツは相手が最低1名は必要)
・女性が男性を負かす事が可能。
・体力より技術が問われるスポーツ。
・季節により変わった楽しみ方が可能なスポーツ(春夏秋冬)
・ドライバーなど当たると240~300ヤード飛ぶ。
(これはプロ野球のホームランの倍に相当)
・夫婦、カップルで気軽に楽しめるスポーツ。
・ゴルフ場までの間の移動距離を利用して友人や家族の会話が楽しめる。
・ゴルフ場においては腕前次第では会社の上下関係が逆転することもある。
・道具を研究し取捨選択する奥深さがある(他のスポーツでは道具は殆ど関係がない)。
・歩くスポーツのため健康に良い。
・全国に2300ものゴルフ場が存在し、(林間、丘陵、山岳、シーサイド、和風、洋風)その研究だけでもかなり楽しむ事ができる。英国ではリンクス、米国ではアメリカンスタイルの人口池など、自然と触れ合う(戦う)のはゴルフならではである。
・ゴルフ場が社交場になりビジネスの話がスムーズにいくケースもあり(お客様と一緒にお風呂に入ることで裸の付き合いに・・・)
・ゴルフをする事で人間が謙虚になる(思い通りにならない事が多く、人生と似ている側面が多い)
・頭を使って日々努力すれば報われるスポーツ(他のプロスポーツとの比較において)
・メンタルなスポーツ(60センチのパットが痺れて入らなくなるケースあり)
・何年かかっても完成する事がないスポーツ
・プロになっても稼ぐ(食べる)のが大変なスポーツだが優勝賞金はかなり高い(他のスポーツとの比較)
・マナーやエチケットにうるさいスポーツ
(プロ野球の外人投手などはチューイングガムを噛みながらなどもあるが、ゴルフの場合、それはあり得ない)
・ルールが細かくややこしいスポーツ(それ故、失格になるケースが他の球技に比べて多い)。     
・プロと一般人の距離(物理的、心理的)が近いスポーツ etc.

 

ざっと考えただけでもこれくらいはあると思います。

-ブログ

© 2022 TKゴルフサービス