ゴルフ会員権の売買・購入・売却|TKゴルフサービス > ブログ > 「女子プロのように」と言ってスイングしてみよう!

「女子プロのように」と言ってスイングしてみよう!


「女子プロのように」と言ってスイングしてみよう!

 

菅野徳雄

 

 ゴルフが大好きな作曲家の平尾昌晃さんは、長い間、「プロアマチャリティーゴルフ」を主催していた。週刊誌の取材でラウンドしながらお話を伺ったことがあるのだが、ショットをするとき、必ず何か独りごとのようなことを言ってからアドレスしていた。何を言っているのか聞いてみると、ショットをするたびに、「女子プロのように」と唱えてから打つようにしているというのだ。

 「力を入れないようにゆっくり振ろうと思っているのだけど、ボールに向かうと思わずスイングが早くなってミスすることがある。男子プロと一緒にゴルフをする機会が多いので、彼らのスイングを見ているとだんだん力が入りタイミングも早くなっていることが多い」

 だからプロのスイングは見ないようにして、ゆったりとしたテンポで振り切っている女子プロのスイングをイメージして振るようにしていたのだという。「女子プロのように」と言って自分に言い聞かせてからスイングするようにしたら力が入らなくなり、ショットが良くなって飛距離も出るようになったと言っていたのを思い出す。

 

  ツアーで活躍している日本の女子プロは身長が155センチ前後の小柄な選手が多い。それでヘッドスピードは平均4043m/sぐらいというから、男子の一般アマチュアのほうがヘッドスピードは少し速いかもしれない。

 

 では、ドライバーの平均飛距離はどうかというと、200~220ヤードの一般男子に対し、230~260ヤードと女子プロのほうが30ヤードも飛んでいるのである。ヘッドスピードは速くないのにどうしてこんなに飛距離が出るのかというと、女子プロはヘッドスピードではなく、遠心力で飛ばしているからだとよく言われる。

 

 一般の男子より女子プロのほうがフェースの芯(スイートスポット)でスクエアにボールをとらえる確率(ジャストミート率)もだいぶ高いということももちろんあると思う。飛距離はヘッドスピードだけでなく、「初速」「打ち出し角」「スピン量」によっても違ってくるといわれている。

 ヒモの先に付けた重りを手でクルクル回すと外に飛び出そうとする。遠心力によって重り引っ張られているわけだ。同じようにクラブを振ったときにも遠心力によってヘッドは引っ張られて外に飛び出そうとする。

 

 体を捻ってクラブを右肩の上にバックスイングしたら、トップからダウンスイングに切り返すときは左半身で引っ張るようにして振り下ろしてくる。そして軸を後ろに残したまま、体を回転し続けて腕を振り切っていくと遠心力によってクラブヘッドは外に飛び出そうとして大きな円を描いて振り抜けていく。

 女子プロのフィニッシュを見ていると体が回り切って右肩が目標方向を指している。インパクトの後、クラブ(シャフト)が首に巻きついてクラブヘッドが一回転している。「女子プロのように」と言って、ゆったりとしたテンポでクラブヘッドを回し切るスイングを心掛けて欲しい。

また、ツアーで活躍している女子プロのスイングを見るだけでなく、たまには日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)のティーチングプロ会員やプロフェッショナル会員のレッスンを受けてみるとよい。

 

(日本ゴルフジャーナリスト協会顧問)



コメントをどうぞ

CAPTCHA



Copyright(C) TKゴルフサービス.All Rights Reserved.