ゴルフ会員権の売買・相場・情報|TKゴルフサービス > コラム > ゴルフ会員権相場のメカニズム

ゴルフ会員権相場のメカニズム

ゴルフ会員権の取引相場は、ゴルフ会員権の売買仲介取引をサポートする業者がホームページなどの媒体に掲載している相場表から調べることができます。

『TKゴルフサービス』では、日本全国のゴルフ会員権の売買仲介取引経験が豊富なコンサルタントが丁寧・的確に取引をサポートいたします。ホームページにゴルフ会員権情報や相場表を随時掲載しております。ゴルフ会員権の相場・売買(売却・購入)についてご不明な点などございましたら、いつでもお気軽にご相談ください!

 

ゴルフ会員権相場のメカニズムについて

ゴルフ会員権の取引相場価格は、売主と買主とのあいだで個人的に決められるわけではありません。株式のように、ゴルフ会員権の売主・買主それぞれ、ゴルフ会員権売買を専門にする業者に依頼して、その依頼を受けた業者は依頼された価格をゴルフ会員権市場に登録して表示します。

 

例えば、

売主から200万円で依頼された業者は、200万円とゴルフ会員権市場に登録します。

買主から170万円で依頼された業者は、170万円とゴルフ会員権市場に登録します。

 

ゴルフ会員権市場では、登録された注文の価格を売り値と買い値に分けて表示し、それを確認した業者同士が交渉して、話がまとまれば成約となりますし、希望価格が一致しなければ他の業者と再度交渉して成約につなげていきます。

 

ゴルフ会員権市場へ登録された売り値と買い値は、土日祝日を除き毎日更新されます。

売主や買主同士は直接交渉し合うのではなく、ゴルフ会員権売買専門の業者に契約や取引を任せます。売主や買主はゴルフ会員権市場に直接参加できないため、業者に依頼した上で間接的に市場に参加することになります。

 

ゴルフ会員権相場が変動する要因とは?

ゴルフ会員権相場が変動する要因には、

・需要と供給

・景気

・季節的な変動

・地域格差

・ゴルフ会員権の種別

といったことが影響していると考えられています。

 

1.需要と供給が影響している

ゴルフ会員権相場は、「需要と供給」のバランスによって価格が決まるとされていて、買いが多いときは相場が上昇し、売りが多いときは相場が下落しやすい傾向にあります。

もともと登録数が少ないゴルフ会員権市場は、登録数が多いゴルフ会員権市場に比べ、交渉・成約価格にばらつきが生じやすいことからゴルフ会員権相場の変動も比較的大きくなるのが特徴です。

 

2.ゴルフ会員権は「景気」に左右されやすい

ゴルフ会員権は「景気」に左右されやすいことから、株価の騰落に連動してゴルフ会員権相場も騰落することもあります。経済情勢の悪化による影響がもっとも顕著に表れたのが、バブル崩壊後です。

バブル全盛期は、富裕層を中心に投資を目的としたゴルフ会員権の購入需要が大きく伸びていましたが、バブル崩壊後は景気が悪化して売りが増え、買い手がつかない会員制ゴルフ場が急増しました。

 

3.ゴルフシーズンイン・オフには相場変動しやすい

季節的な要素でいうと、ゴルフシーズンに突入する春先から購入意欲が高まり需要が増えるため相場が上がり、反対にオフシーズンに入る季節には売りが多くなり相場は下がる傾向があります。

 

4.大都市圏は相場変動が起きやすい

ゴルフ会員権相場は株価と連動性があるといわれますが、とくに株価の変動に影響を受けやすいのが関東圏や近畿圏などにある立地のいいゴルフ場です。売買の動きが少ない地方のゴルフ場に比べ、大都市圏にあるゴルフ場は売買が活発に行われていることから相場変動が躊躇に表れます。

 

5.希少会員権の価格相場は割高

女性正会員(婦人会員)のゴルフ会員権の相場は、通常会員権の相場に対し割高になります。女性の会員が少ないゴルフ情報は、通常会員のゴルフ会員権相場の2倍以上の値がつくこともあることから希少会員権と呼ばれています。

女性正会員のゴルフ会員権の中でも、とくに希少価値が高く、相場が割高になりやすいのが女性正会員から男性・女性に譲渡できる会員権です。

 


ゴルフ会員権の相場・売買(売却・購入)の『TKゴルフサービス』では、ゴルフ会員権売買に関するご相談を無料で承っております。

全国各地の会員権業者様と提携・相互リンクしているので、関東以外の会員権相場全国ゴルフ会員権も弊社が窓口となり、責任をもって売買をエスコートさせていただきます。
ゴルフ会員権の売却や相続に関するお悩みなどがございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

 



Copyright(C) TKゴルフサービス.All Rights Reserved.